MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/12
  • MotorFan編集部

自動運転はいつから?A6がフルモデルチェンジして8世代目となった。

アウディの主力ミディアムサルーン、新型アウディA6が日本に上陸

このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディの中核モデル、A6が8世代目となって日本に上陸した。今回登場したのは3.0ℓV6ターボを搭載するクワトロモデル。セダン、アバントともにいっきに発表された。

 最新のアウディデザインが採用され、エッジの効いたシャープなエクステリアはかつてラリーで活躍したアウディ・クワトロをイメージしたという。インテリアはシンプルでスマートながらアウディらしく、ドライバーオリエンテッドなデザイン。タッチパネルを多用し、物理スイッチはほとんど存在しない。

 当初導入グレードとなる55TFSIクワトロに搭載される3.0ℓV6ターボエンジンには7速DCTが組み合わされる。最高出力340ps、最大トルク500Nmを発揮し、0-100km/h加速はスポーツカー並みの5.1秒。最高速は250km/h(電子制御)となる。駆動方式はもちろんアウディの誇るクワトロ(AWD)だ。さらに48Vマイルドハイブリッドシステムを採用し、エネルギー回生による高い省燃費性能と後述するサスペンションシステムや後輪操舵システム(RWS)にも貢献している。

 S-LINEには標準でHDマトリクスLEDヘッドライトが装備され、街路灯の少ない郊外では対向車や先行車をセンサーが検知して、照射しないように自動で調整してくれる。
 
 世界初の自動運転実用化を目指すアウディなので、当然半自動運転となるアダプティブドライブアシストを備えているが、駐車場での無人自動運転となるパーキングパイロットやガレージパイロットも今後導入を予定している。


 RWSを備えており、60km/h以下では後輪が最大5度外側にステアして最小回転半径を小さくし、一方で60km/h以上では最大1.5度内側にステアして、高速走行での安定性を高める。
 
 今後2.0ℓ直4ターボ(252ps、370Nm)や2.0ℓ直4ディーゼルターボ(207ps、400Nm)もラインナップされるという。

車両本体価格(税込)
Audi A6 Sedan 55 TFSI quatro S line
3.0ℓV型6気筒DOHCターボ
1006万円

Audi A6 Sedan 55 TFSI quatro debut package
3.0ℓV型6気筒DOHCターボ
920万円

Audi A6 Avant 55 TFSI quatro S line
3.0ℓV型6気筒DOHCターボ
1041万円

Audi A6 Avant 55 TFSI quatro debut package
3.0ℓV型6気筒DOHCターボ
955万円

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る