MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/14
  • MotorFan編集部

「ヨーロッパのクルマづくりの造形の巧さを感じる」アウディe-tronのQ4とGTをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

難波教授のデザインウォッチング ジュネーブ・モーターショー2019編⑤

このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディe-tron GT
スバルの前デザイン部長で現在は、首都大学東京で教鞭をとる難波治教授が、ジュネーブ・モーターショーを取材。デザインチェックと写真撮影をおこなった。第五弾は電動化を推し進めるアウディのe-tronの2台を取り上げる。e-tron GTとQ4 e-tronである。

COMMENT & PHOTO◎難波 治(NAMBA Osamu/首都大学東京教授) まとめ◎MotorFan.jp編集部

e-tron GT

 アウディのブースに来ています。e-tron GTというショーモデルがあります。

MF:これは、LAモーターショーでワールドプレミアされたアウディスポーツが手掛けたモデルで、2020年後半に発売予定だそうですよ。e-tronですから、もちろんEVです。

 これはセダン型のGTです。これ、すごくいいですね。
 スタンスをしっかり見せようという造形、その造形の組み立てを視覚的にも見せようとする有効なモチーフ、 もちろん全幅が相当あるので、スタンスはいいに決まってはいるのですが、その手法というかアーキテクチャーの作り方というか……これがすごいですね。とても強く見えるところが魅力ですし、AUDIとして新しく感じます。

 アウディが持つ、少しソフトで女性的な柔らかさみたいなものから最近は脱皮しようとしてきていますが、ここにきてイメージをグッと引き締めるクルマが出てきた感じがします。


アウディの新EVコンセプト、Q4 e-tronが登場【ジュネーブ・ショー2019】

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る