MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニューモデル

650の投入で人気のCB-Rシリーズ完成! 【実走燃費23.5km/L】乗ってわかった並列4気筒の魅力。CB650Rの豪快さに惚れた/ホンダ[2/2]

  • 2019/05/03
  • MotorFan編集部 近田 茂
このエントリーをはてなブックマークに追加

⚫️ディテール解説

CB-Rシリーズ一連のヘッドランプデザイン。ネイキッドスポーツとして斬新なデザインはなかなか格好良い。普遍的な丸型ランプの中にLEDで独自デザインを構成する個性的なフロントマスクだ。
フロントフォークは倒立式、新開発された低フリクションオイルを使用。ステアリングのボトムブリッジはアルミ製だ。シングルディスクブレーキは10ピンフローティング支持されるφ310mmローターにNISSIN製油圧対向ピストンキャリパーをラジアルマウント。
水冷ツインカム(DOHC)16バルブの直(並)列4気筒エンジン。ボア・ストロークは67×46mmのショートストロークタイプだ。重量物であるエンジン関係部品を車体中心部に寄せることでマスの集中化にこだわったデザインも特徴の一つ。
ちょこんと右側に顔を出すショートマフラーがなかなか格好良い。スイングアームはアルミ製。リヤのシングルディスクブレーキはφ240mm。NISSIN製のピンスライド式油圧ブレーキキャリパーがマッチされている。
リンク機構を持たないモノショックサスペンションはフリクションの少ないピローボールが採用されて作動特性が高められている。
昔はコンチハンと呼ばれたタイプ。スマートに決まるハンドルポジションは若干低めでスポーティーな印象を覚える。
ハザードスイッチも左側にセットされたハンドルスイッチ。パッシングは黒いディマースイッチの下側を押す方式。人指し指で扱うスイッチはトルクコントロールの選択に使う。
右側のスイッチはごくシンプルに赤と黒のふたつ。赤はエンジンを停止するキルスイッチ、黒はセルモーターを回すスタータースイッチだ。
スッキリとシンプルにデザインされたフルデジタルメーター。フラットな液晶モニターが採用されて薄く軽量に作られている。表示内容はギアポジションやシフトアップインジケーター他、実に多彩である。
軽い段差をつけた前後セパレートシート。フロントの先端部は上面両サイドが大胆に面取りされて細身。足つき性をスポイルしないデザインが印象深い。
左脇のキー操作でロック解除すればリヤシートのみ脱着可能。車載工具や書類、ETC等を収納できるスペースがある。
シートエンド真下にデザインされたLED式テールランプ。ウインカーランプは後下方に伸びたナンバーステー兼リヤフェンダーに取り付けられ軽量化も果たしている。

■主要諸元■

車名・型式:ホンダ・2BL-RH03
全長(mm):2,130
全幅(mm):780
全高(mm):1,075
軸距(mm):1,450
最低地上高(mm):150
シート高(mm):810
車両重量(kg):202
乗車定員(人):2
燃料消費率(km/L):
国土交通省届出値
 定地燃費値(km/h)…31.5(60km/h、2名乗車時)
 WMTCモード値(クラス)…21.3(クラス3-2)1名乗車時
最小回転半径(m):2.8
エンジン型式:RH03E
エンジン種類水冷4:DOHC4バルブ直列4気筒
総排気量(㎤):648
内径×行程(mm):67.0×46.0
圧縮比:11.6
最高出力(kW[PS]/rpm):70[95]/12,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):64[6.5]/8,500
燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式:圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L):15
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式
変速機形式:常時噛合式6段リターン
変速比:
 1速…3.071 
 2速…2.352
 3速…1.888 
 4速…1.560
 5速…1.370
 6速…1.214
減速比(1次/2次):1.690/2.800
キャスター角(度):25゜30′
トレール量(mm):101
タイヤ:
 前…120/70ZR17 M/C(58W)
 後…80/55ZR17 M/C(73W)
ブレーキ形式:
 前…油圧式ダブルディスク
 後…油圧式ディスク
懸架方式:
 前…テレスコピック式
 後…スイングアーム式
フレーム形式:ダイヤモンド

■ライダープロフィール 

元モト・ライダー誌の創刊スタッフ。約36年の時を経てモーターファン.jpのライターへ。常にオーナー気分になって、十分使い込んだ上での記事執筆に努めている。

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ