Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデス・ベンツ|MERCEDES BENZ
  4. Cクラス

Mercedes-Benz C200 & C220d GrandTouringTest from Editor's room 1000km走ってわかった最新メルセデス・ベンツCクラスの本当の燃費〈1.5Lガソリン「C200」&2.0Lディーゼル「C220d」〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
東海道五十三次の江戸から数えて47番目の関宿は、現在の三重県亀山市に位置する。同じく江戸と京都を結ぶ中山道と違って東海道の沿線は戦後の変貌が著しく、往時の風情を残す宿場町としては関宿が唯一の存在と言っていい。全長約2kmに及ぶ長い目抜き通りは国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

一般道での落ち込みが最小限の新世代ガソリンエンジン

 亀山インターチェンジから東海道屈指の宿場町である関宿へ向かい、しばし町中で撮影する。ドライバーとカメラマンの配車に変更はない。

 自動車専門誌の撮影は燃費に厳しい。ちょっと動かしては停め、また動かしては停めの繰り返しで、燃費計の数字はみるみる悪化していく。走行シーンの撮影でも、カメラマンの指示に迅速に反応できるよう、低めのギヤに固定することが多い。

 町中での撮影を終えると、今度は鈴鹿峠でワインディングロードを堪能する。今回のツーリング企画は、とくに燃費を意識した走りをせずに流れをリードする走りを続けているが、とりわけここ鈴鹿峠ではアクセルをしっかり踏み込んで新型エンジンのパフォーマンスを味わった。

 その結果、C200は16.1km/Lと、なぜか高速道路とほぼ同じ燃費をマーク。一方のC220dステーションワゴンは12.3km/Lとなった。C200の好結果は謎だが、おそらく市街地とはいえ平日ゆえに交通量が少なく、低い速度で淡々と走ることが出来たからではないか? 一方のディーゼルは、やはり定説通り高速巡航の方が得意ということだろう。

忍者の郷として知られる伊賀上野。その中心地に建つ上野城は昭和10年に再建された模擬天守で、正式名称を「伊賀文化産業城」という。復興天守の多くがコンクリートを用いているのに対し、上野城は木造と白漆喰塗りにこだわった本格的なものだ。

 鈴鹿峠からはそのまま一般道で伊賀上野へ。そこで投宿し、翌朝は上野城の周辺で撮影した後、名阪国道、東名阪、伊勢湾岸、新東名、東名を経て東京を目指す。配車は往路の組み合わせの逆で、C200にドライバーBひとり、C220dステーションワゴンにドライバーAとカメラマンが乗車した。

 帰りの415kmの高速走行で、C200は往路とほぼ変わらない16.2km/hをマーク。一方のC220dステーションワゴンは、2名乗車にもかかわらず21.1km/Lを叩き出した。

 全行程975km/hを走り終えての総合燃費は、C200が16.1km/L、C220dステーションワゴンが17.9km/Lとなった。

 カタログ燃費の達成率は、C200が118%と見事に100%を超え、C220dステーションワゴンが97%と、ほぼ公表値通りの結果を記録した。

 マイルドハイブリッドBSGを搭載するC200はステージを問わず良好な燃費をマークし、とりわけ一般道での落ち込みの少なさが顕著だった。一方のC220dステーションワゴンはディーゼルらしく高速道での伸びが印象的である。

 購入後のクルマの使い方、頻繁に走るステージを念頭に置いて、ご自分に合ったパワートレインを選んでいただきたい。

東京新宿区の編集部をスタートし、首都高速、東名、新東名、伊勢湾岸、東名阪を経て関宿へ。、その後、鈴鹿峠をしばし堪能した後、名阪国道で伊賀上野へ。復路は関宿や鈴鹿峠には立ち寄らずも、それ以外は往路を折り返す形で東京を目指した。総走行距離は975kmとなった。

メルセデス・ベンツC200 アバンギャルド
全長×全幅×全高:4690×1810×1425mm ホイールベース:2840mm 車両重量:1550kg エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ 総排気量:1496cc ボア×ストローク:80.4×73.7mm 最高出力:135kW(184ps)/5800-6100rpm 最大トルク:280Nm/3000-4000rpm トランスミッション:9速AT フロントサスペンション形式:4リンク リヤサスペンション形式:マルチリンク 乗車定員:5名 タイヤサイズ:225/50R17 車両価格:560万円

メルセデス・ベンツC220d アバンギャルド AMGライン
全長×全幅×全高:4720×1810×1440mm ホイールベース:2840mm 車両重量:1750kg エンジン形式:直列4気筒DOHCディーゼルターボ 総排気量:1949cc ボア×ストローク:82.0×92.3mm 最高出力:143kW(194ps)/3800rpm 最大トルク:400Nm/1600-2800rpm トランスミッション:9速AT フロントサスペンション形式:4リンク リヤサスペンション形式:マルチリンク 乗車定員:5名 フロントタイヤサイズ:225/45R18 リヤタイヤサイズ:245/40R18 車両価格:611万円(AMGラインは+37万7000円)

モーターファン別冊「メルセデス・ベンツCクラスのすべて」3月26日発売

全方位的進化
  =王者が王者であり続けるために=

▷POWERTRAIN
 ガソリンとディーゼル
     ふたつの次世代エンジン
▷SAFETY
 積み重ねてきた安全神話
     そして進化し続ける最先端技術
▷LIFESTYLE
 ダイナミックなデザインと
     高いユーティリティの両立

※スマホやパソコンで読めるデジタル版付き!

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ