MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. インプレッション

ホンダN-VANが軽商用車の在り方を変える!?【試乗インプレッション】[2/3]

  • 2019/04/04
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

N-BOXから乗り換えても違和感のない走り味

 そんなN-VANに「乗員1〜2名+手荷物」といった乗用車的な乗り方をする限り、その味わいは良くも悪くもまったく普通。乗用ハイトワゴンと比較すれば路面からの突き上げが強めなのは事実だし、12インチ貨物タイヤが起因と思しき路面不整への敏感さも感じ取れた。さらに細かくいえば、手やお尻から伝わってくる接地感も、N-BOXと比較すると少しだけ希薄である。

 ただ、それもあくまで最新ハイトワゴン(の優秀な部類)との比較論であり、N-VANの走りに特筆すべき不作法は皆無といっていい。軽荷重でも意外なほどしなやかで、前後左右の上下動もしっかりとチェックされている。限界はN-BOXより明らかに低いが、実際にはロールが過大になる前にタイヤが滑り出すので、不安な挙動にはならない。

 このクルマをNシリーズの新型軽と考えれば、それも当たり前と思われるかもしれない。しかし、従来型の軽バンはそのワゴン登録モデルも含めて、驚くべき積載性能に敬意を払われつつも、乗り心地や操縦性、高速安定性は乗用車に明確にゆずる部分は多い。つまり、従来型の軽バンには良くも悪くも「そういうものだから」という割り切りが必要だ。そう考えると、N-VANはそれこそN-BOXから乗り替えても違和感がない時点で、もう軽バンとしては画期的な事件といっていい。

「+STYLE COOL」のみロールーフ(左)。ハイルーフ(右)との全高の違いは95㎜で、リヤウインドウの高さも異なるため、リヤワイパー取り付け位置も変わる。荷室高では全高を上回る105㎜の違いとなる。
エンジンはN-BOX譲り。電動ウェイストゲートを装備したターボ(手前)はレスポンスと燃費を両立。NA(奥)はN-BOXにあったVTECは備わらないが、低速から高いトルクを発揮し、積載時でもスムーズに加速する。
MTは軽バン初の6速!ミッションのベースはS660用だ。N-VAN用はややローギヤードとなり、ファイナルギヤも強化される。低速側で高い駆動力を発揮しつつ、高速では回転数を抑えてノイズ低減と省燃費に貢献。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ