MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. エブリイ

定番形式のキャブオーバーにホンダがFFレイアウトで挑む理由 ホンダN-VANをスズキ・エブリイ、ダイハツ・ハイゼットカーゴと同時試乗!【ライバル比較インプレッション】

  • 2019/04/07
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

荷室長を稼ぐための助手席ダイブダウン機構

 とはいえ、N-VANは後席格納時の荷室長がキャブオーバーのライバルより短いのは事実。が、冒頭で触れた、それを補うN-VANの秘策が後席同様にダイブダウンする助手席だ。ヘッドレストを外し、助手席側のドアポケットに格納することで、後席を格納したフロアはダッシュボード直下までフルフラットに使える(荷物が運転席のペダルまわりに落ちないように小物進入防止板なる脱着可能ボードも用意)。その際の最大荷室長はなんと2635㎜(+STYLE系は2560㎜)。これはハイゼットカーゴの助手席前倒しスペース2630㎜を5㎜ながらしのぎ、助手席部分のフロア幅は600㎜を確保。また高さ方向のゆとりはハイゼットカーゴ以上。エブリイも助手席を前倒しできるものの、結構な段差ができてしまうのが惜しい。

 次にスライドドア側からの荷物の積載性。これはN-VANの圧勝だ。センターピラーレスによる助手席側スライドドアの開口幅は最大1580㎜、高さ1230㎜。ハイゼットカーゴは同770㎜、1190㎜。エブリイは同775㎜、1255㎜。しかも、後席を畳んだ状態でのフロア地上高はハイゼットカーゴ、エブリイともに660㎜でリヤの荷室開口部地上高以上の高さになってしまう。

 対してN-VANは同510㎜とごく低い。車体後方にスペースがなくテールゲートを開けられないシーンで、スライドドア側から大きな荷物(脚立やソファなど)を出し入れする場合に楽なのは、間違いなくN-VANなのである。

 荷室にネットやポールなどさまざまなアクセサリーが付けられるユーティリティナットは全車に標準装備。アクセサリーの充実度ではホンダアクセスが用意する、釣りや車中泊アイテム、オートキャンプ対応の外部電源入力キットなどが揃うN-VANが一歩リードしている印象だ。

 運転席まわりの収納力は仕事、ホビーユースに限らず見逃せないポイント。その点、ハイゼットカーゴは上級グレードに標準装備する前席頭上のオーバーヘッドシェルフが特に便利。底がメッシュ状で中身が見えるのも秀逸のアイデアだ。インパネトレーの面積が広く、運転席と助手席の間にスマホを置くのにぴったりの布敷きのトレーがあるのもいい。

 一方、ニューカマーのN-VANは仕事人の声を反映した収納をキメ細かく配置。ルーフコンソールもアクセサリーとして用意している。一方、エブリイの運転席まわりの収納は最小限。オーバーヘッドシェルフは「JOINターボ」「JOIN」「PC」グレードに装備される。

SUZUKI EVERY

PA(2WD・5AGS)

ダイハツ・ハイゼットカーゴと並んで軽商用車の中核を占めるモデルであり、日産、マツダ、三菱など多くのメーカーにもOEM供給されている。パワートレーンは前席下に縦置きされ、自然吸気エンジン車には5速MT、4速ATに加えて、クラッチ操作を自動化した2ペダルの5AGS車を用意するのも特徴だ。

SUZUKI EVERY PA(2WD・5AGS)
直列3気筒DOHC/658㏄
最高出力:49㎰/5700rpm
最大トルク:6.3㎏m/3500rpm
JC08モード燃費:20.2㎞/ℓ 
車両本体価格:103万1400円

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ