MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. インプレッション

McLaren 600LT国内初試乗 本籍=サーキット。マクラーレン600LTはしかし一般道もこなせる意外な一面を持っていた

  • 2019/04/15
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェの独擅場に切り込める実力

 ドライバーとクルマが一体になれるスーパースポーツという点において、600LTは911GT3によく似ていると思った。優れたベースモデルの骨格を受け継ぎつつ可能な限りの軽量化を施し、コーナリング重視のエアロとハイパワーユニットで武装し、主戦場をサーキットに置く。公道でもある一定以上のペースに持ち込めれば、標準モデルとケタ違いの旨味を味わうことができる。

 ただ600LTの前輪と後輪の動きの統一感や、複数のパーツの集合体という感じのしない塊感を体験してしまうと、911GT3ですら曖昧さを含んだ乗り物に感じられる。コーナーの進入から脱出に至るまで全域で600LTの方が速いスピードを維持できるが、フルスロットルになるタイミングだけ911に分がある、そんな感じだろうか。

 そしてまる一日ワインディングを攻め抜いても、もしくはサーキットのスポーツ走行を連続で数本こなしても、まるでくたびれた表情を見せないという点においても、600LTは911GT3と肩を並べる唯一の存在といえるだろう。

マクラーレンの他のモデルと同様に「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の3種類のドライブモードを選択可能。メーターパネルはモード毎に変化する。
「ノーマル」モード
「トラック」モード
「スポーツ」モード

 400㎞ほどの旅の帰り道で少し混みあった高速道路と渋滞した一般道を走る機会もあったのだが、そこでも600LTは意外な表情を見せた。引き締まったアシとPゼロトロフェオRの組み合わせは文句なしに硬い乗り心地なのだけれど「当たりの柔らかいマクラーレン」という伝統はLTにも息づいており、腰が痛くなったり頻繁に休憩したくなったりということはなかった。ただ容赦なく室内に入り込むノイズに関してはパッセンジャー用の耳栓を用意しておく必要があるだろう。「スーパースポーツと一般道」というカテゴリーはずっとポルシェの独壇場だったが、その不可侵領域にもマクラーレンは確実に食い込みはじめているのである。

 911GT3がポルシェ・ファナティックの究極の選択肢であるように、600LTもすでにマクラーレンのポテンシャルを体感し、サーキットに的が絞れて来ているオーナーにこそお薦めしたい1台といえる。もし600LTでも満たされないドライバーがいたとしたら、倍ではきかない資金を用意する必要があるということもお忘れなく。


SPECIFICATIONS マクラーレン600LT
■ボディサイズ:全長4604×全幅1930×全高1194㎜ ホイールベース:2670㎜
■車両重量:1356㎏(DIN)
■エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ 総排気量:3799㏄ 最高出力:441kW(600㎰)/7500rpm 最大トルク:620Nm(63.2㎏m)/5500~6500rpm
■トランスミッション:7速DCT
■駆動方式:MR
■サスペンション形式:Ⓕ&Ⓡダブルウイッシュボーン
■ブレーキ:Ⓕ&Ⓡベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ(リム幅):Ⓕ225/35R19(8J) Ⓡ285/35ZR20(11J)
■パフォーマンス 最高速度:328㎞/h 0→100㎞/h:2.9秒 CO2排出量:266g/㎞ 燃料消費量:11.7ℓ/100㎞
■車両本体価格:2999万9000円

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ