MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > AMG > Gクラス > “2速”増ながら1kg減の「9G-TRONIC」も低燃費化に寄与! メルセデス・ベンツGクラスに最新クリーンディーゼル搭載「G350d」を追加
  • 2019/04/04
  • MotorFan編集部

“2速”増ながら1kg減の「9G-TRONIC」も低燃費化に寄与! メルセデス・ベンツGクラスに最新クリーンディーゼル搭載「G350d」を追加

最高出力286ps、最大トルク600Nmの3.0ℓ 直6ユニットを搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加
“究極のオフローダー”との異名をとる新型Gクラスに、静粛性に優れたクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「G350d」が追加された。

0-100km/hを7.4秒で駆け抜ける瞬発力

 新たにGクラスのラインナップに加わったG350d に搭載される「OM656」エンジンは、最高出力286ps、最大トルク600Nmを発生する3.0ℓ 直6ユニット。S400dなどに搭載されている最新のクリーンディーゼルで、直6ガソリンエンジン「M256」と基本設計を共有するモジュラーコンセプトを採用している。
 

 0-100km/hを7.4秒で駆け抜ける瞬発力とともに、最大トルクの発生回転数は1200〜3200rpmと広範囲におよび、扱いやすいスペックも大きな魅力だ。

 また、可変エンジンマウントの採用によって、低振動で高い静粛性を持ちながら、スムーズな加速を実現。ロングドライブでも大きなアドバンテージとなるだろう。

 こうした性能を実現したのは、2ステージターボチャージャーの採用である。小さいタービンには“可変タービンジオメトリー”というテクノロジーが盛り込まれ、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を可能にしたのだ。

 また、排気側にのみ可変バルブリフトシステム“カムトロニック”を採用することで、排出ガス浄化システムを効率的な温度まで早期に暖めることが可能となり、排出ガスの浄化に寄与するという。

 トランスミッションは、トルクコンバーターハウジングをアルミニウム製、ギアハウジングをマグネシウム製とした9G-TRONICを採用。従来の7G-TRONICと比較して1kg軽量化されたうえ、多段化によって低燃費化に寄与する。

 すでに全国のメルセデス・ベンツ正規販売店で予約注文の受付が開始され、納車は2019年7月頃を予定している。

車両本体価格
G350d (右) 1170万円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る