MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

いよいよバイクシーズン到来! 今こそ撥水性+αを徹底チェック! 【雨の日に試してみた/自腹購入】巷で話題、ワークマンのバイク用レインスーツ&グローブはホントに凄いのかPart 2

  • 2019/04/07
  • 佐藤恭央
このエントリーをはてなブックマークに追加
シーム処理がしっかりしているため長時間の雨でもない限り、縫い目から浸水することはなさそうだ。
パンツの後ろ側(腰)からの浸水を防ぐバックガードは、慌てて着ると中に折りこまれてしまうことが多いので注意!
アームホールに至るまで全面メッシュのジャケット。ランドリーネットのようなざっくり素材だけど、サラっとした着心地が得られるのは嬉しいところ。
パンツの裏地メッシュはヒザ上までしかない……。下側が止まっておらず、ヒラヒラしているから脱いだ時にメッシュ生地だけ飛び出ることもしばしば。

アジャスターやシルエットなど、ライダー向けの設計!

 レインスーツとしての性能は及第点だったのでもはや語ることはナシ! ただこれで終わってはせっかく自腹で買ったのになんかもったいない気がするので、フィッティングや他の機能はどうか、これらもチェックしてみることにした。

 まずジャケットの腕と脇にある面ファスナー仕様のアジャスターについて。バイクに乗車した姿勢でスピードを出すと、とくに二の腕周りがバタつきやすいんだけどビッチリ絞れるから調子が良い! 
 また裾もドローコードで絞れるようになっている。ファスナーが裾まで伸びておらず、とくにバイクにまたがった時に裾がたくし上げられて下側の面ファスナーが外れてしまうことが多々あるので、程よく裾の絞りを調整しなければならない。

アジャスターは腕と腰のほかに首と腕裾の4か所に配置されている。首元も絞れるし、ネックガードが付属するので首元から浸水する心配はない。
面ファスナーとこのドローコードできっちりと絞って腰周りの浸水を減らす必要がある。

ポケットがないのが弱点か

 上着について難をあげるなら、まずポケットがないことだ。自販機のお釣りなんかをとりあえず入れておける小さめのものでもいいから欲しかった。ズボン……じゃなくてパンツにもポケットがないから、レインパンツに手を突っ込んで下に履いているパンツのポケットをまさぐる姿は他から見たらどう映るか気が気じゃない。

 もう一つはリフレクターが少ないこと。襟の後ろに一つと、背面のロゴマークがそれなんだけど、あまり目立たないし襟裏はフードを付けたままだと隠れてしまう可能性が高い(パンツは裾の面ファスナーのカバーにあり)。夜はもちろん、雨の日の朝夕や霧状だと視界が悪くなるから大胆にリフレクターがあってもよかったと思うが、バイク用ジャケットらしくなくてスタイリッシュである、とポジティブに捉えておこう。

 パンツは裾が大きく開くから靴を履いたままでも脱ぎ履きでき、3点留めの面ファスナーによってブーツにビシッと沿わせてフィットさせることができる。
 またパンツの裾を長めに設計しているようで、身長178cm(股下79cm位)の私が着てもたっぷりと余裕がある。バイクにまたがると裾がツンツルテンになりがちだけど、足が長い私(!)でも大丈夫だったので、どこぞの足長おじさんでもない限りまず問題ないだろう。

 ヒザにはライディングパンツさながらの脱着式パッドを採用しているのだが、これが私にとってはクセモノだった。パッド自体に馴れていないせいもあるけれど、今まで着用してきた雨具にはこういったものがなかったのでヒザ周りの“据わり”が落ち着かず、違和感がつきまとう。まぁ、着ているうちに馴れてきたけど。

 この脱着式のヒザパッドは、ややラウンドしたスポンジで厚さは約1.3cm。メーカーによると50人のデータを参考に位置(高さ)を決めたそうだ。
 バイクに乗るならこういった配慮はありがたいし、万が一を考えれば付けていた方が良いに決まってるんだけど、運転しづらいと感じたなら外すのは簡単だ。

収納サイズに物申す!

 ここまでチェックしてみて「これで5800円ならお得じゃん!」と一人ほくそ笑みながら収納袋に入れようとしたら……なんかデカくねぇ!?
いやホントは薄々気づいていた。いつ雨が降ってきてもいいように外出する際はリュックに入れて持ち運んでいたんだけど、容量30ℓのリュックの半分ほどを占めて常にパンパンだったから。

他のアイテムと比較してみた。左からラフ&ロード(コンパクトレインスーツ)、ザ・ノース・フェイス(ハイベントレインテックス)、ホンダ(3レイヤーレインスーツ)、バイカーズBR-001、そして参考用として3シーズン用化織シュラフの順。並べてみるとバイカーズが大きいことがお分かりいただけるだろう。
 収納時のサイズは大体φ17cm×27cm。厚手の生地とトレードオフなので仕方がないにしても、これだけ大きいとシート下収納があるスクーターやリヤボックスがないと携行するのに苦労しそう(収納スペースが狭いと他の物が入らない可能性も……)。
 道中に雨が降ってくることなんてままあるし、そのタイミングで持ち合わせていないと意味がない。ともあれ、ツーリング時には積載するのに躊躇してしまいそうだ。

個人的な総合評価発表!

撥水性 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
携帯性 ★☆☆☆☆
コスパ ★★★★★
満足度 ★★★★☆

 撥水性については、高価なレインスーツを所有したことがない私が“標準”同等以上であると感じたためこの評価。デザインは好みが分かれるところだが、結構スタイリッシュだし、私的に赤色の面ファスナーが気に入った! 収納サイズや他のウィークポイントを差し引いても5800円なら買う価値ありと判断し、安物買いの銭失いにはならなかったことから概ね満足している。私のように、少ないおこづかいの範疇でバイクを楽しんでいる人にはうってつけのアイテムだ!

着こむならワンサイズ大きめでもヨシ!

 最後にサイズについて。私は試着して、メーカーのサイズチャートより少し小さめのLサイズを購入した。窮屈さはなくジャストフィットだと思っているが、中に着込むならチャート通りか、ワンサイズ大きいものを買った方が無難だ。

 参考までにLサイズの実寸(平置き)を記載しておこう。ジャケットが身幅59.5cm、前着丈70cm、後ろ着丈78cm、裄丈85.5cm。パンツのウエストが35cm(ゴムを最大まで伸ばした状態だと48cm)、股下80cm、渡り幅26.5cm。左のサイズチャートの適応身長/胸囲/胴囲と照らし合わせて検討してみてほしい。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ