MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/22
  • MotorFan編集部

〈スズキ・アルト〉軽量&低価格を追求したスタンダードモデル【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加

うれしい装備

キーを携帯しておけばフロントドアの施錠/解錠が行なえるキーレスプッシュスタートシステムを一部に標準装備。エンジンの始動もスイッチで行なえる。
アルトワークスを除いて、助手席シートバックにショッピングフックを標準装備。運転席からも手が届きやすく、買い物袋などを引っ掛けておくのに便利だ。
販売店オプションの7インチワイドナビは設定項目も豊富。渋滞を考慮したルート案内やドラレコ連動機能も装備。
予防安全装備がデュアルセンサーに進化し、機能が充実。左上に見えるのは販売店オプションのドライブレコーダー。
リヤに超音波センサーを備える後退時ブレーキサポート後方誤発進抑制機能も新設定。「X」と「S」は標準装備。
運転席シートヒーターを「F」のFF車とアルトワークスを除くグレードに標準装備。一部4WD車には助手席用も設定。
コンソールドリンクホルダーを全車に標準装備。角型になっているので紙パック飲料にも対応する。
スマホがすっぽり収まる大きさのインパネセンタートレーを標準装備。純正ナビはスマホの音楽再生にも対応する。

一体可倒式リヤシート

アルトに用意されているシートアレンジは後席の前倒し機能のみ。全車に一体可倒式が採用され、左右分割での格納には対応していない。スライドやリクライニングなど、あれこれできるハイトワゴン系などと比べると、ある程度の割り切りが必要だ。

「アルトワークス」は新ボディカラーを追加

「アルトワークス」には、新たなボディカラーのブリスクブルーメタリックを追加設定。5速AGS車はアルトと同様に、歩行者にも対応するデュアルセンサーブレーキサポートを装着して安全装備を強化させた。

バイヤーズガイド

L
X
アルトワークス

経済性を求めるなら、「F」という選択も面白い。後席の窓が手回しに式になるあたり、初代アルトの哲学が垣間見える。女性の通勤用ならば、ドアガラスがUVカットになる「L」以上から。運転席シートヒーターの付く「S」がイチオシだ。走りにこだわるなら、「X」は飛ばして「アルトワークス」まで行った方が幸せになれる。

アルトは4グレード展開で、「F」のみトランスミッションが5速MTか5速AGSから選択することができる。その他はCVTだ。ターボエンジンを搭載する「アルトワークス」も5速AGSから選択することができる。

ニューモデル速報 統括シリーズ 2019年 軽自動車のすべて
最新33車種徹底ガイド!!
SUVチックな軽ワゴンで行こう!!
軽スポーツに注目!
激戦のスーパーハイトにSUV風味満点のスペーシアGEARが登場!
東京オートサロン2019で見つけたスペシャル軽、一挙紹介!

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る