Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事

30年間の国産車進化の足跡 平成最初のクルマと平成最後のクルマは何だ!? トヨタ・スバル・ダイハツ編

  • 2019/04/27
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成最初のスバル車:レガシィ

ボクシーなスタイルが印象的な初代レガシィ。

 平成最初のスバル車は、平成元年1月23日に発表された初代レガシィ。スバル起死回生のための渾身の1台として、すべてを新設計して生まれた。後に「レガシィと言えばツーリングワゴン」というイメージが強くなったが、発表当時の広報資料に「世界に通用する存在感のある”ドライバーズセダン”として、レガシィを開発しました」という一文があるように、セダンが主でワゴンは従という位置づけであった。

 そんなスバル期待のレガシィは、むしろステーションワゴンが人気となり、他メーカーもこぞってステーションワゴンを発売するなど、日本車の新しいスタンダードを作ったとも言えるメガヒットとなる。それまでの「ちょっと野暮ったい」スバル車のイメージを、大きく変えた一台であった。

10万km世界最高速度記録の達成も、レガシィの高性能アピールに大きく貢献した。
レガシィの人気を不動のモノにしたワゴンモデル。

平成最後のスバル車:フォレスター

より安全快適に進化した五代目フォレスター。

 平成最後のスバル車は、平成30年6月20日発表の五代目フォレスター。スバル車の中で最もSUVらしさを持つクルマとして、北米を中心に大ヒットを飛ばすモデルである。先代の人気を元に、新プラットフォームの採用、ガソリンエンジンの全車2.5L化、一層使いやすくなったユーティリティと正常進化を果たした。後に2.0Lハイブリッドモデルが加わるなど、盤石の姿勢で着実に販売台数を伸ばしている。

視界の良さはスバル車に共通した美点のひとつだ。
ゴルフバッグを横にしたまま積める開口部の広さは新型フォレスターのポイント。

令和最初のスバル車は……?

すでにシカゴとニューヨークショーで2020年の発売が予想される新型のレガシィ/アウトバックが令和最初のスバル車となるのでは? とすると、平成最初と令和最初のスバル車がともにレガシィになるということに。

シカゴオートショーで発表された新型レガシィ。
ニューヨークショーで発表された新型アウトバック。

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ