MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/24
  • MotorFan編集部

【新型スバル・アウトバック】モーターショー発表時のデータで新旧サイズ比較

ボディサイズ、ホイールベース、タイヤサイズなど、新型アウトバックと現行アウトバックの違いを写真や数値で比べてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

全高と全幅はサイズアップしたが、そのほかはサイズ変更なし

 新型と現行をサイズ比較してみると、全長と全幅は長くなっているが、全高やタイヤサイズは同じとなっている。特に全長は40mm強長くなっているが、ホイールベースは変わらずといった結果も。室内の寸法がどうなっているのか気になるところでもある。

 なお、現行五代目販売車のサイズを調べてみると、全長は誤差程度の違い(4820mm)、全幅とホイールベースは変わらず。ただ、全高は1605mmとショー発表時と比べ100mm近く低くなっていた。なお、最低地上高は200mm。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る