MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMW|BMW
  4. 8シリーズ

BMW M850i xドライブ クーペ 文武両道のスペシャリティクーペ、BMW M850i xドライブ クーペ

  • 2019/05/05
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW M850i xドライブ クーペ

およそ10年の歳月を経て、8シリーズが帰ってきた。その心臓には530㎰、750NmのV8を搭載し、xDriveで4輪を駆動。個性と美しさを両立したクーペスタイルは先代に負けないくらいの存在感を放っている。

REPORT◉吉田拓生(Takuo Yoshida)PHOTO◉市 健治(Kenji Ichi)

※本記事は『GENROQ』2019年5月号の記事を再編集・再構成したものです。

 8という数字は世界的にも縁起が良いことで知られているが、はたしてBMWにとってはどうなのか?

 彼らは1970年代のCSシリーズを起源とする大型クーペの可能性を信じており、実際に6シリーズでは大成功を収めている。だが90年代にデビューした初代8シリーズは、メルセデスSLの対抗馬として市場に送り出されたが、最後まで芳しい記憶を残すことができなかった。

 BMWの8といえば2000年デビューのZ8も忘れてはならない。だが技術の粋を集めたオールアルミニウムのボンドカーも、商業的には「ワールド・イズ・ノット・イナフ」であり、近年はむしろクラシックとして注目を浴びているのである。

 あとはi8という現在進行形のものまであるが、とはいえ昨今のBMWのラインナップ拡充を考えれば、次なる一手が8シリーズ再興であったとしても何ら不思議ではない。

530㎰、750Nmを発揮する4.4ℓのV8ツインターボは、パワフルだがその性格はあくまでジェントルだ。サウンドはV8特有のドロドロとしたもの。

 新しいBMW8シリーズの狼煙はサーキットで立ちのぼった。発売前の新型8シリーズのレーシングカーであるM8 GTEがGTレースに投入されたのである。しかもカブリオレやM8の存在も匂わせている。これは初代8シリーズが屋根も開けず、レースにも打って出なかったことを反省しているのではなく、スープラの例を見てもわかる通り、できるだけ情報の弾数を増やしてイメージを作り上げてしまうという昨今のやり方なのだろう。

 新型8シリーズに対して、いくぶん穿った見方をしていたのだけれど、実車を前にしてコロリと堕ちてしまった。まあ何ともカッコイイ。特に正面近くから見ると、リヤに向かって絞られたルーフラインと、ほどよく盛り上がったリヤフェンダーが広い車幅を上手く表現している。

 最近は背の高いSUVや前輪駆動車、万人受けするセダンといったBMWにばかり目につくので余計にそう思うのかもしれないけれど、久しぶりにカッコイイBMWを見た。

 M850i xドライブ・クーペという車名を紐解くと、標準モデル無しにいきなりのBMW Mであり、8シリーズである。50という数字は5ℓV12ではないけれど、4.4ℓのV8ターボは軽く500㎰をオーバーしているので(530㎰)フラッグシップの850を名乗る資格はある。一方xドライブはつまり4駆。さらに言えば電制のLSDや後輪操舵も備えた全部載せである。ここまで充実させてしまうと、じゃあM8はどうするのか? という予測は本稿とは関係ないからやめておこう。

BMWのインパネデザインは最近になって一気に新世代へと移行した。しかしメータークラスターとセンターコンソールを分離する伝統は継承されている。
タコメーターの動きが通常とは逆になるのが最新のBMWスタイル。広く空いた中央部分には様々なインフォメーションを表示。

 ファーストコンタクトで「カッコイイ!」と唸ってしまった新型ハチゴーマルだが、近づいていくと興奮の度合いも弱まってくる。少し距離を置いて見る伸びやかなクーペシルエットは美しいが、部分部分を見ていくと造形自体は昨今のBMWの流れを汲むものばかり。2個の穴がひとつのパーツで成形されているキドニーグリルが良い例である。

 遠く離れて眺めることができないインテリアも同様で、ステアリングやメーターパネル等は今回の撮影の数日前に乗った新型3シリーズの影がちらついて、どうもスペシャリティ感が伝わってこない。

“キラキラシフトノブ”がコクピット内ではよく目立つ。 iDriveのコントローラーも表面が鏡のようになっている。

 と思ったら、ありました。センターコンソールに巨大クリスタル製、インパクト大のシフトノブが。本誌ナガタ編集長は「水中花……」と呟いていたけれど、車格を考えればこれくらいの冒険、というか主張は必要だと思う。おなじみiドライブのセレクターもスワロフスキーのような輝きを放っていてハナマル。シフトの前方にはドリンクホルダーが備わっているのだが、そこに「おーいお茶」なんて立てたらせっかくのスペシャリティ感ダダ崩れなのでフタはしっかり閉めておく。

 スタートボタンでV8ターボを目覚めさせ、少し冷たいクリスタル製のレバーを操作して走り出す。渋滞にはまっていては3シリーズとの違いを見出すことは難しいが、少しでもスピードが出ていれば、車体が大きく重心が低く、そしてタイヤの太いスペシャリティ感はひしひしと伝わってくる。

おすすめのバックナンバー

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ