MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. CX−5

Mazda CX-5 SKYACTIV-D2.2 CX-5で初導入 ディーゼル不毛の地、アメリカでマツダのSKYACTIV-Dは成功するか?

  • 2019/04/27
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

 日欧でディーゼルが人気があるのは、燃費性能が高いから、ということもある。北米CX-5ディーゼルの燃費はどうだろう?

CX-5 D2.2:EPA city 11.5km/ℓ highway 12.8km/ℓ Combined 11.9km/ℓ
CX-5 G2.5T:EPA city 9.4km/ℓ highway 11.5km/ℓ Combined 10.2km/ℓ

 もちろん、ディーゼルの方が燃費がいい。
 しかし、北米では燃料が安いのだ。

 最もガソリン価格が高いカリフォルニアでは1ガロン3.6ドル程度。最も安い中西部では1ガロン2ドル程度である。

北米で平均すると

レギュラーガソリンが1ガロン2.85ドル
プレミアムガソリンが1ガロン3.47ドル
軽油が1ガロン3.15ドル

1ガロンは3.785412リットルだから

レギュラーガソリンが0.753ドル=82.8円
プレミアムが0.917ドル=100.9円
軽油が0.832ドル=91.5円

 なのだ。つまり、レギュラーガソリンより軽油の方が高いのである。もともとガソリンが安くて燃費を気にしないお国柄ゆえ、燃費性能でディーゼルをアピールするのは難しい。大トルクで売るには、アメリカには大排気量V8、V6がゴロゴロしている。

 アメリカでマツダのSKYACTIV-D ディーゼルが受け入れられるか? 約束通り北米にディーゼルを導入した心意気は買うが、価格、パワースペック、燃料費的メリットを考えたとき、合理的なアメリカ人がディーゼルを好んで選ぶというのは難しいだろう。45万円の価格差は燃料代では取り戻せないのだから。

 北米でのSKYACTIV-Dの売れ行きに、今後も注目していきたい。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ