MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニューモデル

スーパーカブProのスクーター版!? 手頃な移動道具としての万能ぶりが魅力! 【試乗レポ】細身のタイヤが超軽快!だからDio110は万人にオススメ/ホンダ

  • 2019/06/11
  • MotorFan編集部 近田 茂
このエントリーをはてなブックマークに追加

◼️ディテール解説◼️

全体のマットブラックの中でしっかり目立っているのは、NISSIN製のシングルピストン油圧キャリパー。ピンスライド方式が採用されている。
ピリンオン(後席用)ステップを出したところ。タンデムランでもゆったりした乗車姿勢がとれる。
エンジン右側は冷却ファンとマフラーが見える。後輪はドラムブレーキ式。ユニットスイング+モノショック方式だ。
フロントポケットは左側にペットボトル飲料が入れられる。センターにはおなじみのコンビニフックが設けられている。
ほぼフラットなロングシート。シート長は670mm。前席分は400mmある。クッションは硬めだが座り心地は良い。
走行中はこのスペースが自由に使える。通勤利用等には十分なスペースだ。
ジェットヘルメットが余裕で入れられる。
中央に位置する大きなメーターデザインが印象的。メーター周辺のパネルデザインもスッキリと綺麗だ。
フロントパネル左端にレイアウトされた各種スイッチ。中央がホーンボタンだ。
右側のスイッチは二つ。セルスターター用スイッチと、上に位置するのは、アイドルストップのオンオフスイッチ。
左ブレーキレバーの前方には細いロッドが出ている。これはサイドブレーキ用。ブレーキロックをきかせられる仕組みだ。
イグニッションキーはいたずら抑止用のシャッター付き。右側のスイッチはシートロックを解除するものだ。
大きくよく目立つ文字盤のスピードメーター。燃料計と共にとても見やすい。
リヤスポ状のテール周りは荷掛けフックもあり、グラブバーがわりにもなる。赤い色のアクセントがお洒落。

⚫️足つきチェック(ライダー身長170cm)

両足はベッタリと楽に地面を捉えることができる。シート高は750mm。跨った感触としてはバイクに近い雰囲気がある。ステップスルーなので、シートへのアクセスも容易だ。

◼️主要諸元◼️

Dio110
車名・型式 ホンダ・2BJ-JF58
全長(mm) 1,870
全幅(mm) 690
全高(mm) 1,085
軸距(mm) 1,255
最低地上高(mm)★ 130
シート高(mm)★ 750
車両重量(kg) 100
乗車定員(人) 2
燃料消費率*1(km/L) 国土交通省届出値:
定地燃費値*2(km/h) 57.9(60)〈2名乗車時〉
WMTCモード値★(クラス)*3 54.0(クラス 1)〈1名乗車時〉
最小回転半径(m) 2.0
エンジン型式 JF58E
エンジン種類 空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm3) 108
内径×行程(mm) 50.0×55.1
圧縮比★ 9.5
最高出力(kW[PS]/rpm) 6.6[9.0]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 9.3[0.95]/5,500
始動方式★ セルフ式(キック式併設)
燃料供給装置形式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI) 〉
点火装置形式★ フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量(L) 5.2
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
タイヤ
 前 80/90-14M/C 40P
 後 90/90-14M/C 46P
ブレーキ形式
 前 油圧式ディスク
 後 機械式リーディング・トレーリング
懸架方式
 前 テレスコピック式
 後 ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/Honda Vietnam Co.,Ltd.
■製造国/ベトナム ■ 輸入事業者/本田技研工業株式会社

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ