MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/03
  • 青木タカオ

【DUCATI MONSTER 797/+ 試乗】新世代にはもはやネオクラ!? 90年代、ドゥカティに新風を吹き込んだモンスター、その最新型の走りは…!?

初代モンスター900(1993年)の面影タップリの最新式は、スタイルも走りも原点回帰!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
持ち前のスポーティさのなかに扱いやすさも兼ね備える「スクランブラー」や「ディアベル」は現行ラインナップでは欠かせない存在ですが、かつてのドゥカティはスパルタンなスーパーバイク系ロードスポーツばかりで、走りを重視するライダーから圧倒的な支持を集める少しマニアックなブランドでした。高性能なことはいまも変わりませんが、フレンドリーさを世に知らしめたキッカケとなったのが「モンスター」です。最新モデルでは、原点回帰を感じずにはいられません。

REPORT●青木タカオ(AOKI Takao)

DUCATI MONSTER900(1993年)

 ドゥカティの新境地を開いた「モンスター」、その初代が初めて姿をあらわしたのは1992年のケルンショーのことでした。当時、フルカウルのスーパースポーツ系しかラインナップになかったため、ネイキッドスタイルであったことも衝撃的でしたが、翌93年に「MONSTER 900」として発売されると、その美しいスタイルと切れ味鋭い走りで瞬く間に大ヒット。600、750とバリエーションモデルを増やし、ドゥカティを代表する大人気シリーズになっていきます。日本の免許制度に合わせた「M400」も発売され、アンダー400ccの外国車として話題にもなりました。

DUCATI MONSTER 1000i.e(1993年)

 916系の水冷4バルブエンジンを搭載する「S4」シリーズがデビューしたのは2001年のこと。空冷2バルブエンジンのモンスターも併売され、03年には排気量を992ccに拡大した「MONSTER 1000i.e」がデビュー。45mmマレリ製フューエルインジェクション、デュアルスパークを採用しています。

DUCATI S4R (2004年)

 両持ちだったスイングアームを2004年の「S4R」で片持ちタイプに変更するなどスポーティさをさらに強めていきます。マフラーは右2本出しとなり、エンジンは排気量を996cc化。アグレッシブなスタイルとパワフルな水冷エンジンで人気を博していくのでした。

DUCATI MONSTER 797/+……1,119,000円〜1,139,000円/1,169,000円〜1,189,000円

 そして現行の「MONSTER797/+(プラス)」は、空冷2バルブエンジン「デスモデュエ」を積み、両持ちスイングアームを採用しています。丸いヘッドライトやニーグリップ部がシェイプされた燃料タンクを初代から受け継ぎ、これぞモンスターといったムードです。

 S4系のスタイリッシュさももちろん悪くありませんが、昔ながらのモンスターという雰囲気で、若い世代から見ればもはやこれもまた“ネオクラシック”なのかもしれません。今回乗った「+(プラス)」はモンスター797の基本コンポーネンツをそのままに、高速巡航力をアップするミニカウルとアグレシッブなスタイルをより強調するシングルシートカバーを追加装備した上位モデルとなっています。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る