MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニューモデル

初代モンスター900(1993年)の面影タップリの最新式は、スタイルも走りも原点回帰!! 【DUCATI MONSTER 797/+ 試乗】新世代にはもはやネオクラ!? 90年代、ドゥカティに新風を吹き込んだモンスター、その最新型の走りは…!?[2/3]

  • 2019/05/03
  • 青木タカオ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャストサイズと扱いやすく力強いエンジンで、キビキビ走る!!

 さて、走りは思うがままといった感じで、振り回せて乗れるのが好印象でした。写真を見てわかるとおり、サーキットで乗りましたが、あいにくの雨。レインの路面は、滑るのではないかと乗り手を緊張させて身体に余計な力が入りがちとなりますが、軽い車体とコントローラブルなエンジンのおかげで、リラックスしたまま気負わず自然体でライディングできるのでした。

 最高出力73PSは充分すぎるパワフルさで、スロットルレスポンスも鋭いのですが、スムーズで低回転域から粘り強くトルクを発揮してくれますし、デュアルインジェクターで制御を緻密化した吸気系が扱いやすさをもたらしています。実用回転域である4000〜8500rpmで最大出力の90%を発生し、どこからでも加速するピックアップの良さは、街乗りやワインディングでも大きな魅力となるでしょう。

 カヤバ製の倒立式フロントフォークとザックス製のリヤショックユニットがソフトによく動き、車体の挙動が把握しやすいのもマシンを操りやすいと感じさせる要因のひとつ。また、ヘッドパイプからシートレールまでを一体化した昔ながらのフレームは新開発されたもので、曲管を多用したトラスフレームはたしかな剛性の中にしなやかさが伴って、ライダーとの親和性を高めています。

 スリッパークラッチの標準装備によって、コーナー進入前のシフトダウンも大胆におこなえますし、細部を見てもブレンボ製のモノブロックラジアルマウントキャリパーがフロントに備わっているなど隙がありません。見た目だけでなく、制動力・タッチともに優れ、意のままにコントロールできる操作性が、雨のサーキットを苦にさせないのでした。

 スーパーバイク譲りの水冷Lツインを積む従来のモンスターは、高回転までブン回して余りあるハイパワーにドキドキしながら走る過激なマシンでしたが、空冷エンジンとオーソドックスなトラスフレームになったモンスター797/+は、意のままに動かす愉しさが味わえます。

 それとやはり、イタリアンブランドらしい精悍なスタイルに惹きつけられてなりません。少しバイクに詳しい人なら、すぐにわかるドゥカティ・モンスターの普遍的なカタチに惚れ惚れしてしまうのは筆者だけではないはずです。

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ