MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/15
  • MotorFan編集部

〈アウディQ5〉待望のディーゼル追加で魅力度アップ【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加

うれしい装備

全グレードに電動テールゲートを標準装備。足の動きを検知してゲートが作動する機構も組み込むので、両手が塞がっていても開け閉めが簡単にできる。
リヤシートの背もたれは一般的な二分割ではなく、三分割できるようにつくられている。中央部分だけを倒せるのは想像以上に便利だ。
「アウディバーチャルコックピット」と呼ぶ、12.3インチの全面液晶メーターを採用。画面いっぱいに地図を表示できる先進性が自慢だ。
ナビやインフォテイメント系は、MMIコントローラーと呼ぶタッチパッドを使いブラインドタッチで操作。スイッチがシンプルで扱いやすい。
「トラフィックジャムアシスト」は渋滞時にアクセル/ブレーキ操作や車線の中央を走るようにハンドルを制御し、ドライバーの負担を軽減。
急な坂道を下る際に、ドライバーが減速操作をしなくても速度を一定に保つヒルディセントコントロールも装備。
通信ユニットはクルマに内蔵されていて、緊急時は天井のボタンを押してコールセンターへ緊急通報を送信できる。
オートやコンフォート、ダイナミックなど5種類の走行モードを選択できる。ディスプレイには車両の状況も表示可能だ。オートやコンフォート、ダイナミックなど5種類の走行モードを選択できる。ディスプレイには車両の状況も表示可能だ。

待望のディーゼルエンジンを追加

Q5に追加されたディーゼル車は、遂に日本仕様アウディとして初めてのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル。尿素水を使った後処理などで、最新のディーゼル規制に適合するクリーンな排出ガスを実現している。優れた燃費と燃料代の安さで、ランニングコストが低いのも魅力だ。

ディーゼル車に250台限定モデルが登場

2019年2月のディーゼル搭載車に加え、250台限定の「TDI 1st edition black styling」(746万円)を追加。「40 TDI quattro sport」をベースに、安全装備のアシスタンスパッケージ、外装のマトリクスLEDヘッドライトやブラックスタイリング、専用20インチホイールを装着するお買い得モデルだ。

バイヤーズガイド

40 TDI quattro sport
45 TFSI quattro sport
SQ5

「SQ5」は特殊、それも中途ハンパな印象なので、「40TDI」か「45TFSI」を選ぶことに。TDIは野蛮ではない。ターボラグこそあるけれど全体的に控えめなパワーフィールをみせ、決して遅くない。タイムを計れば良い線。けれどもそう感じさせない。じゃ、ガソリンでもいいじゃないか。でも、リセールバリューと長距離ドライブ(燃費と安楽)で「40TDI」かな。

ディーゼルエンジンと直4ガソリンエンジン車のグレード名は、2桁の数字が出力の位置づけを意味する。「sport」はシートや前後バンパーなど内外装をスポーティに仕立てた仕様で、「SQ5」はV6のハイパワーエンジン搭載の高性能モデルだ。

モーターファン別冊 統括シリーズ vol.116 2019-2020年 国産&輸入SUVのすべて
最新42車種徹底ガイド!
新型 RAV4見参!
本格四駆の出来栄えを速攻試乗でチェック!!
RAV4イチオシ「Adventure」グレードに初のトルクベクタリングAWDを採用!!

直噴ターボ追加で快進撃止まらず
ヴェゼルに「Touring」が新登場

ラテンならではの色香が薫るステルヴィオ&DS7
レクサスのプレミアムSUV、UX発進!!

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る