MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/13
  • MotorFan編集部

新型レンジローバー・イヴォークの日本上陸は2019年初夏!すでに公式HPにも価格込みで登場していた! Euro NCAPでは最高評価の5つ星を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本への導入予定は2019年初夏。公式サイトではモデルラインナップ&価格がすでに公開中

 高い安全性が与えられた新型レンジローバー・イヴォーク。日本への導入はどうやら目前のようで、ジャガー・ランドローバー・ジャパンの運営する公式ウェブサイトで、新型レンジローバー・イヴォークの情報がすでに掲載されているのをご存知だろうか。

 新型のモデルバリーエションは、標準の「イヴォーク」では「S」と「SE」を、スポーティな内外装を追求した「Rダイナミック」では「S」、「SE」、「HSE」を設定。エンジンは180sp/430Nmを発する2.0リッター・ディーゼルターボの「D180」のほか、3タイプの2.0リッター・ガソリンターボを設定。「P200」は200ps/320Nmを、「P250」は249ps/365Nmを、「P300」は300ps/400Nmの「P300」である。いまのところ、消費税8%込みの車両価格は461万円〜801万円と紹介されている。

 さらに導入時の特別仕様車となる「ファーストエディション」も設定。こちらは「D180」仕様が821万円、「P200」仕様が799万円だ。

 なお、ジャガー・ランドローバー・ジャパンでは、新型レンジローバー・イヴォークの日本導入を2019年の初夏に予定している。



自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る