MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/26
  • MotorFan編集部

日本では買えないマツダ、スバルのフラッグシップSUV CX-9とアセント(ASCENT)の実力

Mazda CX-9 vs Subaru Ascent

このエントリーをはてなブックマークに追加

 とはいえ、CX-9、アセント並みのサイズのクルマは、もちろん国内でも販売されている。たとえば、レクサスLX

レクサスLX 全長×全幅×全高:5080mm×1980mm×1910mm ホイールベース:2850mm

アウディQ7 全長×全幅×全高:5085mm×1970mm×1705mm ホイールベース:2995mm

ランドローバー・レンジローバー 全長×全幅×全高:5005mm×1985mm×1865mm ホイールベース:2920mm

 がそうだ。こうしてみると、確かに大きい!
 
 とはいえ、日本でもフラッグシップSUVに乗りたい! という人も多いだろう。
 スバル・アセントの場合、生産はスバルの北米・インディアナ工場で行なわれていて、当然ながら左ハンドル仕様のみだ。日本導入ために北米で右ハンドル仕様を造る可能性は低そうだ。


 CX-9は、広島・宇品工場で生産され、北米へ輸出されている。CX-8(全長4900mm)が日本のラインアップにあるため、やはりCX-9の国内導入は難しそうだ。

 となれば、いっそ個人で逆輸入してみるか、しか手がない。あとは、アメリカ旅行の際にレンタカーで借りて乗るか、だ。

 次期CX-9は、マツダのLargeアーキテクチャー、つまりエンジン縦置きFRベースのプラットフォームが採用されるはずだ。レクサス、インフィニティ、アキュラ、アウディなどのプレミアムSUV市場への挑戦者となるはずだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る