MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > マツダ > MAZDA3ファストバック > 「3か30か、それが問題だ」マツダ3の最大のライバルは輸入ブランドか、それともマツダCX-30? 価格から考える
  • 2019/05/26
  • MotorFan編集部

「3か30か、それが問題だ」マツダ3の最大のライバルは輸入ブランドか、それともマツダCX-30? 価格から考える

Mazda 3 vs Mazda CX-30

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダ3の次は、このCX-30。年内には登場するはずだ。
大ヒットの予感がする新型マツダ3。大注目も2.0ℓSKYACTIV-Xエンジン搭載モデルの発売は10月。夏のボーナスでマツダ3を狙おうと思っている人は、この「10月」というのが、ちょっと気に掛かるところ。魅力的なライバルもたくさんいるし……と考えている人も多いだろう。さて、いまのマツダ3の最大のライバルは何になるのだろうか? じつは、マツダCX-30、なのではないか? CX-30の価格を予想しつつ、ライバル関係を考えてみる。

マツダ3が正式デビュー! 価格、スペック、カラーバリエーション一挙紹介〈SKYACTIV-Xは7月に受注開始!〉

キーはSKYACTIV-Xか ブランド構築への重要な第一歩。マツダ3の発表会に見るその戦略
いよいよ国内デビューを果たしたマツダ3

 マツダの新世代商品群の第一弾としてデビューしたマツダ3。Cセグど真ん中で、ファストバック(ハッチバック)とセダンという定番の車型のマツダ3は、グローバルでのヒットが宿命づけられている。

 日本では、おそらくファストバック8割、セダン2割といった販売比率になるのではないだろうか。欧州ではファストバックが主流、中国と北米ではセダン比率はもう少し上がるだろう。

 ファストバックで言えば、VWゴルフ、トヨタ・カローラスポーツ、フォード・フォーカス、ルノー・メガーヌ、プジョー308などがライバルになる。国内でも、マツダ3とスバル・インプレッサ、ホンダ・シビック、トヨタ・カローラスポーツ、VWゴルフ、アウディA3、メルセデス・ベンツAクラスなどが競合することになる。

 では、マツダ3の最大のライバルは何になるか?
 じつは、年内に発売が予告されているマツダCX-30と比べる人が多いのではないだろうか?
 新世代商品群の第2弾にして、いまもっとも人気の高いコンパクトSUV(クロスオーバー・ビークルと言った方がしっくりくる)としてデビューするCX-30は、サイズといいデザインといい、より人気の出そうなモデルである。

 まずは、サイズから考えてみよう

マツダ3 全長×全幅×全高:4460×1795×1440mm ホイールベース:2725mm

エンジンラインアップ
SKYACTIV-G1.5(MT/AT)
SKYACTIV-G2.0(AT)
SKYACTIV-D1.8(AT)
SKYACTIV-X+M-Hybrid(MT/AT)

マツダCX-30 全長×全幅×全高:4395×1795×1540mm ホイールベース:2655mm

エンジンラインアップ
SKYACTIV-G2.0+M-Hybrid?(AT)
SKYACTIV-D1.8(AT)
SKYACTIV-X(MT/AT)

 となる。CX-30の方が全長が短いのだ。いまや、SUVのパッケージが「スタンダード」で、ハッチバックやセダンが「背がちょっと低くて不便なパッケージ」と考える人もいる。マツダ3(ハッチバック)からCX-30(SUV)への変身を、「より走破性が高く、大人数でアウトドアへ出かけるクルマ」への変身と思う人はいない。よりコンパクトでよりパーソナルなCX-30は、ひと昔前だったら2ドアクーペ、少し前なら4ドアクーペを好むような感覚の持ち主に選ばれるモデルになりそうだ。

 その意味でも、「CX-30の登場を待ってどちらを買うか決めよう。SKYACITV-Xエンジンの試乗もできるだろうし、評判もわかるし」と考える人が出てきそうな予感する。

 その際、ポイントになるのは、CX-30の価格だ。通常、ベースとなるハッチバックよりもSUVモデルの方が価格が高い。

 マツダで言えば、同じ1.5ℓディーゼルエンジン搭載モデルの価格は
デミオ 1.5ℓディーゼルXD LパッケージFF 6AT:207万3600円
CX-3 1.5ℓディーゼルXD LパッケージブFF 6AT:280万8000円
 だった。CXシリーズの方がずいぶんと高価だ。

 現行のCX-3のエントリーモデルは、1.8 ℓディーゼルのSKYACTIV-D1.8を搭載するXD FF 6ATの243万6480円。同じSKYACITIV-D1.8を積むもっとも廉価なマツダ3は、XD PROACTIVEのFF 6ATで274万円だ。

 他のブランドも見てみよう。

スバル・インプレッサ2.0i-Sアイサイト4WD:261万3600円
スバルXV 2.0I-Sアイサイト4WD:270万円

アウディA3 スポーツバック30TFSI FF:296万円
アウディQ3 1.4TFSI FF:369万円

 フォルクスワーゲンでいえば、

VWゴルフTSIハイライン:331万9000円

全長×全幅×全高:4265mm×1800mm×1480mm
ホイールベース:2635mm
1.4ℓ直4DOHC直噴ターボ
140ps(103kW)/4500-6000rpm
250Nm/1500-3500rpm

VWティグアン コンフォートライン:369万9000円

全長×全幅×全高:4500mm×1840mm×1675mm
ホイールベース:2675mm
1.4ℓ直4DOHC直噴ターボ
150ps(110kW)/5000-6000rpm
250Nm/1500-3500rpm

 こちらも、SUVの方が10%程度高価だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る