MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/06/12
  • MotorFan編集部

トヨタが東京おもちゃショー2019に“子供がクルマを運転できるブース”を出展

いつの時代もクルマはおもちゃの“代表格”。親子で楽しめるコンセプトカー「Camatte」を展示。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタは今週末6月15日〜16日に東京ビッグサイトで一般公開される東京おもちゃショー2019に、子供がクルマを運転し、人とクルマのつながりを体験できるブースを出展すると発表した。

 かっこいいスポーツカー、パトカー、消防車、バス、トラック。いつの時代もクルマは多くの子供たちを魅了してきた。トヨタは子供がクルマの運転を体験したときのキラキラした笑顔を大切に考え、今年の東京おもちゃショーにも出展する。ブースの名称は「CAMATTE CONNECTION(カマッテ コネクション)」だ。

子供の運転が可能な「Camatte ペッタ」。

 ブース内で慎重130cm以上の子供が運転することができるコンセプトカー、「Camatte ペッタ」はステアリング、アクセルやブレーキペダル、サイドブレーキ等に本物のクルマと同じ部品を使用。クルマの基本的な操作方法を学ぶことができる。車内の質感、走行中の音、軽微な振動など、まるで本物のクルマを運転しているかのようなリアルな体験が可能だ。

身長130cmに満たない小さな子供向けも乗り込める「Camatte ベリー」。

 また、身長130cmに満たない小さな子供向けには、「Camatte ベリー」という赤いボディのコンセプトカーを用意。運転席に乗り込んでハンドルを回したり、ブレーキペダルを踏むなど、車両に直接触れて操作を行なうことができる。なお、これらコンセプトカーの史上は大人気となっており、これまでのデータから平均的な待ち時間は「Camatte ペッタ」は80分、「Camatte ベリー」は60分とされている。整理券は先着順で配布される予定だが、時間に余裕を持って行動することをおすすめしたい。

 2012年より「東京おもちゃショー」に出展してきたさまざまなタイプのコンセプトカー「Camatte」シリーズの開発担当者である、トヨタ自動車株式会社 MS統括部 構造改革推進室主幹 辻賢治氏は、出展に込めた思いを以下のように語っている。

「Camatteは、クルマを走らせたりカスタマイズする楽しさを、親子が一緒に身近なものとして体験し、笑顔になっていくことを願ったクルマです。

 自分が子供だったころを振り返ってみると、クルマには現在のような利便性や快適性はありませんでしたが、クルマの中で父と一緒に地図を見て、迷いながら目的地を目指したり、母と音楽テープを作ってドライブの準備をしたことを思い出します。

 このような経験から、クルマを介して人と人が仲良くなり、笑顔になるためには、ワクワクすることを誰かと一緒におこなう要素がクルマには必要であると考え、Camatteに織り込んでいます。これまで、子供たちが家族を乗せて実際に運転する様子を見てきましたが、家族が運転の仕方を教え語り合いながら、おっかなびっくり走り出し、走ることができた時の子供たちの明るい笑顔と、安堵するご家族の微笑みは、クルマの魅力を再確認させてくれます。
今回出展するブース「CAMATTE CONNECTION」では、子供が運転を体験し、一緒に乗る人と楽しさを共有いただくことに加えて、クルマの外にいる人や街とつながることの楽しさも感じていただきたいと願っています。是非ご来場ください。会場でお待ちしています」

「東京おもちゃショー2019」の一般公開日(パブリックデー)は6月15日(土)9時〜17時、6月16日(日)9時〜16時、東京ビッグサイト(江東区有明3-11-1)西1−4ホールにて開催。入場料は無料だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る