MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > フィアット > 500X > マイナーチェンジで印象の変わったフィアット500Xは中身も充実で納得の1台になっていた!
  • 2019/07/16
  • GENROQ編集部

マイナーチェンジで印象の変わったフィアット500Xは中身も充実で納得の1台になっていた!

FIAT 500X試乗記

このエントリーをはてなブックマークに追加
フィアット初のスモールSUV、500Xのマイナーチェンジモデルが上陸した。待望の新世代オールアルミ型1.3ℓFireFlyターボエンジンを搭載し、燃費や静粛性、エンジン出力を高めているのが特徴だ。

REPORT◉塩見 智(SHIOMI Satoshi)
PHOTO◉神村 聖(KAMIMURA Satoshi)

※本記事は『GENROQ』2019年7月号の記事を再編集・再構成したものです。

  2015年秋に日本発売となったフィアット500Xも早4年目。今回マイナーチェンジされ、ルックスと心臓部がテコ入れされた。見た目は前後バンパーの形状が少し変わったほか、ヘッドランプのデザインも新しくなって表情が変わった。真正面から見ると犬のパグのよう。ヘッドランプの上半分の周囲がデイタイムランニングライト、下半分の周囲がポジションランプとして機能する。ヘッドランプとリヤコンビランプはLEDとなった。

 新世代の、フィアットの技術オタクっぷありが炸裂した新エンジンが採用された。例えばマルチエア。これは排気バルブは従来通りカムシャフトによって作動するが、吸気バルブはカムシャフトではなく電子制御の油圧ピストンによって作動するシステムだ。緻密なバルブの動きが可能となり、シャフトが少ない分抵抗が減るほか、ポンピングロスも減る。

 その結果、1.3ℓと従来より100㏄排気量が減ったにもかかわらず、最高出力は11㎰増しの151㎰、最大トルクは20Nm増しの270Nmとなった。燃費も約10%向上したとフィアットは胸を張る。

従来の1.4ℓから新世代のオールアルミ製1.3ℓ直列4気筒FireFlyターボエンジンに変更となった。マルチエアの進化により最高出力が11ps/最大トルクが20Nm向上している。

 走行距離100㎞台のド新車だったが、エンジンは高回転までスムーズに回り、振動も少なかった。静粛性も合格。組み合わせられる6速デュアルクラッチトランスミッションはダイレクト感よりもスムーズさを優先したセッティングで、スポーティではないが、終始なめらかだ。

 エンジンの特性なのかトランスミッションの特性なのか、あるいはその組み合わせによるものなのか、アクセル操作に対しほんの一瞬反応が遅れるような挙動が見られるが、その一瞬を過ぎると活発に加速する。

 どういう路面をどういう速度で走行してもボディは堅牢で、ダンピングのよく効いた足まわりと相まって、質の高い乗り心地を味わうことができる。もう少しソフトなほうが好みだが、この点はもっと走行距離を重ねた上で評価すべきだろう。

上級グレードの「クロス」に新デザインのLEDヘッドライトが採用される。

 新型はレザーステアリング、前席シートヒーター、アップルカープレイおよびアンドロイドオート対応のオーディオ、左右独立フルオートエアコンなど、装備が充実した。298万円のベースグレードと334万円のクロス(上級グレード)があり、クロスにはレザーシート、パドルシフト、ブラインドスポットモニター、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)も備わる。ACCは30㎞/h未満でキャンセルとなるタイプなのは残念だが、それでもないよりはずっといい。

 マイナーチェンジで4WDが廃止されて全車FWDとなったため、一部の人の候補からは落ちたかもしれないが、充実した装備によって都市部を中心に、より多くの人の候補となり得るクルマとなったはずだ。

ホイールはノーマルグレードが16インチ、「クロス」が19インチとなる。ちなみに試乗車はブリヂストン製のTURANZAを装着していた。
前席シートヒーターやデュアルゾーン式フルオートエアコン、Apple CarPlay、Android Autoに対応したインフォテインメントシステムのほか、衝突軽減ブレーキ付き前面衝突警報などの安全装備も全車標準採用となった。

SPECIFICATIONS フィアット500X クロス
■ボディサイズ:全長4280×全幅1795×全高1610㎜ ホイールベース:2570㎜
■車両重量:1440㎏
■エンジン:直列4気筒マルチエアターボ ボア×ストローク:70×86.5㎜ 総排気量:1331㏄ 最高出力:111kW(151㎰)/5500rpm 最大トルク:270Nm(27.5㎏m)/1850rpm
■トランスミッション:6速DCT
■駆動方式:FWD
■サスペンション形式:Ⓕ&Ⓡマクファーソンストラット
■ブレーキ:Ⓕベンチレーテッドディスク Ⓡディスク
■タイヤサイズ:Ⓕ&Ⓡ215/55R17
■環境性能(WLTCモード) 燃料消費率:13.5㎞/ℓ
■車両本体価格:334万円 

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る