Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. スペーシア

パッケージングを全面改良 スズキ・スペーシアのメカニズムを徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気のスーパーハイトワゴンのカテゴリーにおける巨人N-BOXに対抗するために居住性や積載性を高めたほか、最新のプラットフォームHEARTECTの採用などで安定した走行性能や静粛性を確保。さらにはサスペンションやパワートレーンのブラッシュアップなど、全面的に機能と性能を磨き上げた。先進安全機能も充実し、安全性と魅力の高まった新型のメカニズムを詳解しよう。

図版解説●編集部

より広く使いやすくなったドア開口

スライドドア開口は幅と高さともに広げられ、後席乗員がより楽に乗降できるのはもちろん、後席部を荷室として使う際の使い勝手も向上。ラゲッジについては、スーパーハイトワゴンのセールスポイントである自転車の積載を、さらに楽に行なえるようにするために荷室高と開口部を拡大。開口の地上高も低くすることで、自転車の積み下ろしが一層やりやすくなった。

室内高が高くなり居住性が向上

新プラットフォーム「HEARTECT」の採用で前後乗員間距離を拡大し、足元空間が広がった。また、室内幅も広げられ前席乗員間の距離、ショルダールームも拡大されたために、よりリラックスできる空間が確保された。後席はヘッドクリアランスが拡大されている。

荷室側からも操作可能

ラゲッジをより使いやすくするために、背もたれ外側上部にリクライニングレバーを設置。荷室側、スライドドア側のどちらからでも操作可能とした。リヤシートのスライドは荷室側のストラップを引くことでも可能。荷物に合わせて荷室の広さを調整できる。

ポジション調整幅を拡大

シートリフターの調整量を上下それぞれ10㎜増やし60㎜としたほか、ステアリングのチルト量も5㎜増やし35㎜に拡大。さまざまな体格のドライバーにとって、より正確な運転操作ができる適正なポジションが取れるようになった。このことは、疲労軽減や安全運転にも貢献する。

27インチ自転車も楽々積載

自転車の積載に関しては、スペースの拡大だけに留まらない。ラゲッジの入り口にはタイヤの横滑りを抑止するガイド(溝)が設置されている。また、純正アクセサリーには積載した自転車の前輪を固定する「自転車積載ボード」も用意されている。

機能的なエアコンルーバー

前席中央部に設置されたエアコンルーバーは、ノブを回すことで風量を調整するとともにエアコンの風を拡散させて、好みに応じて風当たりをソフトにできる。エアコンの風が苦手な人には特にうれしい機能だ。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ