MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. インプレッション

マクラーレン600LT スパイダー試乗記 シートのすぐ後ろに排気管!? マクラーレン600LT スパイダーはサウンドの刺激に溢れていた

  • 2019/08/15
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
マクラーレン600LT スパイダー

現代に蘇ったLT(ロングテール)の称号を持つ600LTのスパイダーが日本に上陸した。スイッチひとつで開閉するカーボン製のルーフを備えながら、その速さとボディ剛性には一切の妥協はない。スポーツシリーズの頂点が、爽快な音と光を手に入れた。

REPORT◉吉田拓生(YOSHIDA Takuo)
PHOTO◉小林邦寿(KOBAYASHI Kunihisa)

※本記事は『GENROQ』2019年8月号の記事を再編集・再構成したものです。

リヤウイングを始め、ボディの前後左右にエアロパーツが装着される。ダウンフォースの量は100㎏で、これはクーペボディと同じだ。

 先ごろドライブしたマクラーレン600LTクーペはマクラーレンの中では親しみやすいスポーツシリーズの最高峰であり、個人的にはベスト・マクラーレンとして記憶されている。

 今回は〝ロングテール・マクラーレン〟のオープン版に試乗できるのだけれど、完全無欠ともいうべき600LTクーペを味わってしまった後では、屋根が開くからと言ってどんなメリットがあるのか、まったく見当もつかなかった。

 待ち合わせ場所にやってきた600LTスパイダーはクローズドの状態だったので、近寄ってルーフの分割線を確認するまでスパイダーとわからなかった。クーペとほぼ同じ滑らかなサイドシルエットを持ちながら、優れた対候性をも提供してくれるリトラクタブルハードトップはマクラーレンのスパイダー・モデルのメリットと言える。

 さっそくワインディングに走り出してみると「拍子抜けしてしまった」というのが正直な第一印象だった。少なくとも、記憶の中にある600LTクーペとはエンジンの淀みのなさやアシの座りが明らかに違っている。1300㎞程度しか走行していなかったこともあり、5000rpmから上のV8ターボの鋭さにも少し丸みのようなものが感じられた。

カーボン製トップの開閉は15秒で完了する。トップの収納スペースはクローズド時には52.0ℓのラゲッジスペースとして使用できる。
トップを閉じた時にスタイルも美しい。重量はクーペに比べてわずか50㎏増えているだけだ。

 タイヤを確認してみると、以前の600LTクーペが履いていたピレリPゼロトロフェオRでもPゼロコルサでもなく、MCマーク(マクラーレン専用)の入った素のPゼロが装着されていた。地面にへばりつくような600LTクーペのフィーリングを決定づけていたのは、セミレーシング・タイヤのおかげだったのだろうか。

 ともあれ、600LTクーペのシャシーはピレリPゼロトロフェオRタイヤを見事なまでに履きこなしていたので、600LTスパイダーに関しても、PゼロトロフェオRを選べば、別次元のグリップが味わえるはずだ。

 何しろマクラーレンの核となっているモノセルⅡはカーボンファイバー製のフロアモノコックである。オープン化に伴って特別な補強を施していないことからも、固定ルーフのあるなしがシャシー剛性に与える影響はほとんどないのだと思われる。

 箱根の山頂でセンターコンソールのスイッチを操作し、トップを下ろしてみる。リヤのバルクヘッド上にふたつのカウリングが備わるため、オープン化によって得られる開口部の面積は大したことがない。けれどオープンにした600LTスパイダーを色々な角度から眺めてみたのだがまったく破綻は見られなかった。それでもまだ、スパイダーの存在意義を咀嚼できないでいる。オープンエア・ドライブを楽しみたいのであればもっと大胆に空気と触れ合える選択肢はいくらでもあるし、純粋なドライバビリティを求めるのであれば600LTクーペがある。

軽量設計のキャリパーとカーボンコンポジットローターの組みわせ。100㎞/hから停止までの距離は31mだ。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ