MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/07/12
  • スタイルワゴン・ドレナビ編集部

4駆らしい野性美と、都会的なオシャレさを両立|COLIN PROJECT

PR

このエントリーをはてなブックマークに追加

MBROの最新アイテムで自分流の個性をアピール

堂々とした存在感を演出するワイルド&骨太なデザイン

まず一つ目は、カスタマイズの基本中の基本と言えるホイール、「マッドサンダー」。

極太の8本スポークで構成されたフェイスは、緩やかなコンケイブ形状を採用。

さらにセンターサークルの周囲を肉抜きするなど、ゴツさの中に軽さという要素も表現されている。

カラーはジムニー用ホイールとしては極めて珍しいサンドブロンズの他、オーソドックスなマットブラック/ポリッシュ、マットブラックの3タイプから選択が可能。

デモカーのようなMTタイヤとの相性の良さはもちろん、街乗りを重視したオンロード寄りのATタイヤにもマッチするはずだ。

マッドサンダーホイールで足元をキメたら、次はボディ周りにもワンポイントのスパイスを。

ここでチェックしたいのが、エムブロのサンダーLEDテール。

かつて爆発的ヒットを飛ばした同社のJB23用の流れをくみ、デモカーに装着されたレッドレンズの他、クローム、ブラックリムなど、全5種類のワイドなバリエーションを展開。

外周部分はクッキリとした輝きを放つファイバー仕様、ウインカー部分は高級感を醸し出すシーケンシャルタイプという構造は各モデル共通となっている。

この他、コーリンプロジェクトではエムラインシートカバーやLEDルームランプなどインテリア用アイテムもラインアップ。

今後、街中で見かける機会がグッと増えて来ることが必至のクルマだけに、エムブロの各アイテムで一歩差をつける自分流のアレンジを楽しんでみては?

MBRO MUD THUNDER

重厚かつスパルタンなルックス

リムの段差を無くし、フェイス面をアウター側に目いっぱい張り出させた独特の造形が印象的なマッドサンダー。

サンドブロンズというカラー名称の通り、あえてザラつきを持たせた質感が再現されている。


マットブラック

マットブラックポリッシュ

サンドブロンズ

エムブロ マッドサンダー
●価格:2万1000円(税別)
●サイズ:16J×5.5J+20 139−5H
●カラー:マットブラック、マットブラックポリッシュ、サンドブロンズ

MBRO THUNDER LED TAIL

横長のラインでスリムな印象に一新

フロント以上にバンパーの分厚さが気になるJB64のリアビュー。

エムブロのサンダーLEDテールはセンターに配置されたウインカー/バックランプ部分が横線基調となっている他、ブレーキ/テール部分がランプのケースを縁取るようなファイバー式とすることで、視覚的にバンパーの印象をスリムにリファイン。

メリハリの効いた発光パターンは、後続車からの視認性という点においてもメリットが高い。

憧れのシーケンシャルウインカーをG E T!

レンズのカラーは全部で5種類


ブラックリム

クロームスモーク

レッドスモーク
クローム

エムブロ サンダーLEDテール
●価格:3万4500円(税別)
●カラー:クローム、ブラックリム、レッドレンズ、レッドスモーク、クロームスモーク

 

問コーリンプロジェクト 福岡県糖屋郡須恵町佐谷1245-1
☎092-957-0811 https://www.wheel.co.jp

ハイパーレブ vol.235 スズキ・ジムニー No.5  2019年5月31日発売号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]




カスタマイズの記事、たくさんあります!
スタイルワゴン・ドレスアップナビのロゴをクリックしてね!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る