MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/07/12
  • MotorFan編集部

大自然をまったりと。カワサキW800 STREET動画&インプレッション

このエントリーをはてなブックマークに追加
1971年式のW1SAオーナーでもあるモータージャーナリストの青木タカオさんが、新型W800の魅力を解説。

REPORT●青木タカオ(AOKI Takao)
取材協力●カワサキモータースジャパン、川崎重工業

カワサキ W800 STREET(ストリート)…993,600円

■■■ライダーインプレッション■■■

 レトロとモダンが融合した“ネオクラシック”といえるデザインとなった新型W800ですが、トラディショナルな路線で進化を遂げているのが「W800ストリート」です。上半身がゆったりと起きた姿勢となるアップハンドルやタックロール調のシートで、“昔ながら”のフォルムを継承しています。

 見た目だけにとどまらず、ライドフィールも“Wらしさ”に満ちあふれています。等間隔爆発をもたらす360度クランクのバーチカルツインは心地よい鼓動感を生み出し、サウンドチューニングにて徹底追求した排気音は歯切れの良い豪快な音色を奏で、オールドファンらも唸らせるでしょう。
 急かされることなく、ノンビリと走っているだけでただ楽しい。低中速トルクが太く力強いので、高いギヤを使ってのクルージングは味わい深いものです。

 高いグリップ位置から操るハンドリングは軽快で、人車一体感を味わえるもの。旋回時には、入力を意識せずともカーブの出口に視線を向けるだけで車体がスムーズに傾き、自然な操舵によってコーナーを駆け抜けていくことができます。

 先代ではフロント19インチ、リヤ18インチとしていた足まわりは前後18インチとなり、コーナーアプローチでの寝かし込みが少しだけクイックになり、走りがスポーティになりました。柔だった印象のメインフレームもシャキッと剛性が高まっていて、前後サスペンションもハードなライディングに対応するコシのある味付けになりました。

 伝統を受け継ぎながらも、スタイルと走りに現代的なエッセンスが盛り込まれ、正常進化版といっていいでしょう。

カワサキW800大自然インプレッション

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る