MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > 日産 > GT−R > 日産GT-R 50周年記念モデル:古くささは一切感じない。それどころか、いちいち感嘆するし、ワクワクする
  • 2019/07/16
  • MotorFan編集部

日産GT-R 50周年記念モデル:古くささは一切感じない。それどころか、いちいち感嘆するし、ワクワクする

NISSAN GT-R 50th Anniversary

このエントリーをはてなブックマークに追加
NISSAN GT-R 50th Anniversary 車両本体価格◎1351万6200円 試乗車はオプション込みで1380万2088円(ベースになったプレミアムエディションは1210万5720円)
日産GT-Rの2020年モデル、それも50周年記念モデルである。鮮やかな白いストライプが映えるGT-Rにジャーナリスト、世良耕太が試乗した。この「NISSAN GT-R 50th Anniversary」は2020年3月末までの期間限定車だ。
TEXT & PHOTO◎世良耕太(SERA Kota)
全長×全幅×全高:4710mm×1895mm×1370mm ホイールベース:2780mm

シフトレバーの下にも50th Anniversary。

 NISSAN GT-Rの2020年モデルが2019年6月に発売された。同時に、Premium editionをベースにしたGT-R生誕50周年記念モデル、「NISSAN GT-R 50th Anniversary」が、2020年3月末までの期間限定車として発売された。

 今回の試乗車は、この期間限定モデルである。専用ミディアムグレー内装色に専用ステッチ付きアルカンターラルーフトリム、50周年記念バッジ(センターコンソール)に50周年ロゴ入りメーターなど、専用モノ、記念モノがふんだんに盛り込まれている。試乗車は2020年モデルに新色として設定された「ワンガンブルー」にホワイトステッカーを組み合わせたカラーバリエーションで、とにかく目立つ。引っ込み思案な身としては、なかなか勇気の要る試乗となった(実際、なかなか露骨に注目を集めた)。

 個人的には「生誕50周年か」という感慨よりも、現行のR35型GT-Rがデビューして12年経つのか、という感慨の方が大きい。13年目に突入するのは確実で、そうなると、BNR32型(1989年〜1994年)、BCNR33型(1995年〜1998年)、BNR34型(1999年〜2002年)と、3世代に渡った第2期スカイラインGT-Rをひと世代でカバーすることになる。

ここにも50th Anniversaryの文字が。

 もっと振り返ってみれば、R35型GT-Rにつながる「GT-Rコンセプト」が東京モーターショーに登場したのが、2001年のことだ。18年前である。R35型GT-Rが高性能スポーツカーのアイコンになっている証拠に、今回の試乗では、高速道路で並走する車両の後席から、小学生らしき男の子の熱い視線を受けた。さらには、スマホを向けられた(笑顔で応えました)。きっと、親から子にGT-Rの伝説が伝わっているのだろう。

 気がついたら12年経っていた、のではないところが、R35型GT-Rの驚嘆に値するところだ。エクステリアはもとより、インテリアも、動かしてみても、古くささは一切感じない。それどころか、いちいち感嘆するし、ワクワクする。よほどしっかりした土台を最初に作っておかないと、こうはいかない。コンセプトにぶれがないし、クルマづくりにもぶれがない。誰が見ても高性能スポーツカーとわかる見た目のインパクトは少しも新鮮味を失っていない。

アルカンターラのルーフに施されたダイヤ形状のステッチ(50th Anniversary専用装備。
インテリアの質感が高いのに驚いた。

 インテリアのクオリティは改良を重ねるごとに高くなっている。50th Anniversaryは前後席ともセミアニリン本革シートとナッパレザーインストパネルを装備する。手仕事によるしっかりした仕事ぶりが感じられる。高性能スポーツカーにふさわしい緊張感と、上質なムードがほどよくバランスされた空間だ。アルカンターラのルーフに施されたダイヤ形状のステッチ(50th Anniversary専用装備)は、信号待ちで止まる度に見上げてしまった。後席からずっと眺めていたいほど素晴らしい出来映えだが、残念ながら、後席には成人男性がくつろげるほどのスペースは与えられていない(のは、当たり前だが相変わらずだ)。


後席は、大人が乗るには狭いが、子ども(小学生くらいまで)なら、座れる。乗車定員は4名だ。

 4人で乗るには狭すぎるが、ひとり(または、ふたり)で乗るには適度なスペースで、スポーツ走行に集中するクルマというより、「GTなのだなぁ」とあらためて思う。背が極端に低いクルマではないので、乗り降りがしやすい。ステアリングのチルト機構と連動してメータークラスターが上下するのは、デビュー当時から受け継ぐGT-Rの美点である。どう動かしても、ステアリングのリムがメーターの視認を邪魔することがない。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る