MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. トゥインゴ

ルノー・トゥインゴをフォルクスワーゲンup!、フィアット・パンダ、フィアット500と徹底比較!〈コクピット/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉

  • 2019/09/07
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加
目次開く

ルノー・トゥインゴ

フォルクスワーゲン up!

フィアット・パンダ

フィアット500

フィアット・パンダ

全長:3655mm
全幅:1645mm
全高:1550 mm

各種操作パネルと収納をデザインの中に取り込んでしまう巧みさはさすが。加飾はサンドベージュかメタリックグレーの2色がボディカラーに応じて設定されている。空調はマニュアルエアコンを標準装備。

通称「マルチエア」と呼ばれる0.9ℓの直列2気筒ターボエンジンを搭載。排気量の少なさを感じさせないトルクフルな走りが持ち味だ。
残念ながら日本の燃費基準と排出ガス基準には、いずれも適合していない。

センターキャップに車名を入れた15インチアルミホイールを標準装備。グッドイヤーのエフィシェントグリップを組み合わせる。

ポップなデザインのファブリックシートはダークグレー/サンドベージュとレッド/ダークグレーの2種類を用意。後席ニースペースは約40㎜と前後には狭いが、頭上は拳2個弱と広く、全高の高さが利いている。

開口部が高く、荷室も天地方向の広さにアドバンテージを有する。後席背もたれの裏側が鉄板剥き出しというのも、むしろ愛嬌と捉えるべきだろう。

フィアット500

全長:3570mm
全幅:1625mm
全高:1505 mm

レトロフューチャーなデザインが楽しい。撮影車は内装、シート、ソフトトップがすべてアイボリーで、インパネ加飾はボディカラーに準じる。「ツインエアラウンジ」はフルオートエアコンを装備。

「ツインエア ラウンジ」はパンダと同じ0.9ℓ直2ターボと5速ロボタイズドMTとの組み合わせ。変速フィールには少々慣れを要する。
平成27年度燃費基準+5%を達成している一方、排出ガス基準は達成していない。

「ツインエア ラウンジ」はデザイン性に優れる16インチアルミホイールを標準装備。装着タイヤの銘柄はパンダと同じ。

ヨーロピアンテイストを感じさせるおしゃれなシートトリムは、グレードに応じて2色用意。後席ニースペースは約40㎜で、頭上スペースは手の平一枚分。Cピラーが近く若干窮屈に感じるが、大人でも実用に適う。

500Cは開口部が極端に狭く、荷物の出し入れに苦労する時もある。ただしフロア自体は平均的なサイズが確保されており、収納力は悪くない。

モーターファン別冊インポートシリーズ「ルノー・トゥインゴのすべて」

RENAULT TWINGO in Paris
パリが鍛えた本格コンパクト
導き出されたRRという最適解
クラスを超える多彩な味
Designer Interview

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ