MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. フォルクスワーゲン|VOLKSWAGEN
  4. e−ゴルフ

RR化で小回り性能が改善、動力性能は航続距離を含めて劇的アップ <フォルクスワーゲンID.3 vs e-ゴルフ>サイズ比較「取り回しが良く高性能なのはどちら?」[1/2]

  • 2019/09/15
  • 遠藤正賢
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルクスワーゲンID.3

新開発のEV専用プラットフォーム「MEB」を採用した「ID.」ファミリー第1号車として、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショー初日の9月10日に世界初公開した「ID.3」。横置きパワートレイン用アーキテクチャー「MQB」を最初に採用した現行7代目ゴルフをベースとした、バッテリーEV「e-ゴルフ」。共にコンパクトな5ドアハッチバックボディを持つ、フォルクスワーゲンの新旧EV、両車のボディサイズ、使い勝手、動力性能などを比較してみよう。なお、いずれも欧州仕様で、ID.3は最初に販売される限定モデル「1ST」のスペックとなる。

REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu) PHOTO●フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンの小型EV「ID.3(アイディ.3)」デビュー! 3万ユーロ(355万円)を切る価格からスタート【フランクフルト・モーターショー2019】

フォルクスワーゲンの小型EV「ID.3」がフランクフルト・モーターショーで正式発表された。新開発されたMEBプラットフォームを...

あわせて読みたい

フォルクスワーゲンID.3 1ST 全長×全幅×全高:4261×1809×1552mm ホイールベース:2765mm 最小回転半径:5.1m

フォルクスワーゲンe-ゴルフ 全長×全幅×全高:4270×1799×1482mm ホイールベース:2637mm 最小回転半径:5.45m

 ID.3のデザインそのものはe-ゴルフの正常進化版と言えるもので、全幅は10mm、全高は70mm、ホイールベースは128mm拡大しているが、逆に全長は9mm、最小回転半径は0.35m短縮されている。

 MQBがあらゆる横置きパワートレインを想定して設計されたFF車用なのに対し、MEBはEV専用で、かつパワーエレクトロニクス・モーター・1速ギヤボックスを一体化したユニットをリヤに搭載するRR車用だ。

 つまり、ID.3はフロントにエンジンを搭載しない前提で設計されているため、フロントタイヤの切れ角を大きく取りやすい。そのことが、ロングホイールベースの不利を補って余りあるほどの小回り性能をID.3にもたらした可能性が高い。

 ただし、日本の道路・駐車場環境を考えると、全幅が1800mm、全幅が1550mmをわずかながらも超えているのは、決して好ましいことではない。特にこうしたコンパクトな実用タイプのEVは、例え航続距離が長くとも大都市圏ユーザーが短距離移動に使うのがメインとなるため、日本市場向けには何らかの対策が講じられることを願わずにはいられない。

フォルクスワーゲンe-ゴルフ

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ