MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. N−WGN

日常生活を軸とした使いやすさを求めて ホンダN-WGNの使い勝手を徹底チェック!

  • 2019/10/19
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

〈ナビ・AV・空調〉ナビは販売店オプションで、最大8インチも用意

ナビは販売店オプション設定。撮影車両に装着されているのは8インチ画面の「プレミアムインターナビVXU-195NBi」で、専用パネルを組み合わせたN-WGN/N-BOX専用設計だからフィット感が高い。メーカーオプションとしてリヤカメラなどを含む純正ナビ装着用スペシャルパッケージが用意されている。
リヤカメラはアングルを3段階に切り替え可能。最もワイドにすると、左右ほぼ180度の状況を確認することができる。
一般的なリヤカメラに近いビュー。歪みのない画像かつ、ワイドよりは狭い範囲となるが後方周囲の状況もある程度見渡せる。
真上から見下ろすようなビューに切り替えると、見える範囲は限られるが車両後方の障害物との距離感を把握しやすい。
設定されているすべての純正ナビに通信ユニットが付属し、携帯電話の通信網を通じて情報センターから渋滞情報や気象情報をキャッチ。
Apple CarPlayにも対応。車両側での音楽再生やメッセージ読み上げなどのほか、iPhoneのナビを使ってのルート案内も行なえる。
ナビは車両と連携しているので、補助線はハンドル操作に応じて車両の進む方向を示す。またパーキングセンサーで検知した障害物も警告。
ルートは「標準」や「有料優先」のほか、通信による詳細な交通情報を用いた最速ルートなどを案内する「internaviルート」も利用可能。
通信機能を使った緊急サポートも利用できる。また、渋滞情報を表示するVICSは、進化版であり情報量が多い「VICS WIDE」に対応。
車両に組み込まれた前席のマイクで拾ったドライバーの声を、リヤスピーカーを通して後席へ伝える「後席会話機能」も内蔵している。
エアコンは全車ともフルオート式で、「L」系には空気清浄や脱臭などの効果がある「プラズマクラスター」も搭載。右下にあるボタンはシートヒーターで、4WDは全グレードとも運転席と助手席に、FFモデルは「L」系の運転席に採用。座面を温めてくれる。
インパネ中央下部(シフトレバーの下)にDC12Vアウトレットを用意。カバーを開けて使う。
2.5AのUSBアウトレットを2個標準装備。純正ナビ装着車はナビ連携用もひとつ追加。

おすすめのバックナンバー

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ