MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. カスタマイズ

700台もカブが集まると、なかにはとんでもない車両もチラホラと!|カフェカブミーティング もはやビジネスバイクではない。 豪華すぎるカブを発見!|カフェカブミーティングin青山

  • 2019/09/25
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

1958年のC100発売以来、累計1億台以上を販売しているスーパーカブは、世界中の人々に愛されているのはもちろん、日本国内にも大勢のファンを持つ。そんなスーパーカブファンのためのイベントである“カフェカブミーティング”は全国各地で開催されているが、その中でも最大規模を誇っているのが、ホンダウエルカムプラザ青山で行われるカフェカブミーティングin青山だ。今年で23回目となるカフェカブミーティングin青山は、9月14日、15日の2日間に渡って開催され、合計700台のエントリーを集めた。初日の14日に各地から集合したスーパーカブの中から、注目を集めたカスタムカブを紹介してみよう。
REPORT●栗栖国安(KURISU Kuniyasu)
PHOTO●徳永茂(TOKUNAGA Shigeru)

第23回カフェカブミーティングin青山には多くのカブが集まった。

「祭り」をテーマに神輿ルックに仕立てたミニカブ

 14日の人気投票で1位に輝いたのが、カスタムの枠を超えて、美術工芸品と呼べるほど美しく仕上げられたスーパーカブ。ベースはC70で、足まわりはCRF50のホイールを使用して10インチ化。これに伴い、フロントサスペンションをショート化、リアサスには、50ccアメリカンのJAZZのサスペンションを流用、さらにスイングアームのショート化することで、カブらしい雰囲気をキープしつつも、絶妙なデフォルメ化を実現した。また、エンジンは106ccへとボア&ストロークアップしたほか、5速クロスミッションを装備。元気でスポーティな走りを実現している。オーナーはこのカスタムカブに日常的に乗っているという。
 と、ここまでのカスタムもかなり手の込んだものだが、このカスタムカブ最大のウリは、金属パーツのあらゆる部分に細工が施してあるところだ。なんでも神輿をイメージしたとかで、とにかく細かく装飾が施してある。歯科用の細いリューターを使ってすべて手作業で模様を入れていき、その後、金や銀にメッキしているのだ。さらにサイドカバーやシリンダーにも手作業で細工がしてあり、その出来栄えはもはや美術工芸品。ほかにも、ボディの至るところに施された模様も単なるステッカーではなく、なんと金箔を使用するという徹底ぶりだ。その姿はまさに、走る神輿である。

スーパーカブC70をベースに、足まわりをショート化してミニサイズへと変更。エンジンは106ccへと排気量をアップし、5速クロスミッションを組み込んでいる。なにより、神輿をイメージした見事な装飾が圧巻
ホイールにはCRF50のものを流用して10インチ化。ドラムの彫刻も素晴らしい
フロントサスのショート化に合わせて、リアサスはホンダJAZZの短いユニットを組み合わせている
C70のエンジンは106ccへと拡大するとともに、5速のクロスミッションを組み込み、走りの性能も高めてある。さらにシリンダーフィンには削り細工も施している

金属パーツには、歯科用の細いリューターで丁寧に装飾が施され、ゴールド&クロームメッキで仕上げている

サイドカバーにはスピニングという手法による細工を行っている。すべて手作業なのでかなり苦労した部分でもある

ボディの塗装部分に施された装飾は、一見するとゴールドのステッカーのようだが、実は金箔を施しているという。こだわりは半端ない

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ