MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. スペーシアギア

〈スズキ・スペーシア ギア〉アウトドアで使えるギア感を高めた実用派【ひと目でわかる最新軽自動車の魅力】[1/2]

  • 2019/10/09
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:ハイブリッド XZターボ(FF)

・月間販売台数14958台 スペーシア/スペーシアカスタムを含む(19年1月〜6月平均値)
・現行型発表18年12月
・JC08モード燃費28.2 ㎞/ℓ ※「ハイブリッド XZ」のFF車

REPORT●塚田勝弘(TSUKADA Masahiro)
PHOTO●宮門秀行(MIYAKADO Hideyuki) 
MODEL●森脇亜紗紀(MORIWAKI Asaki)

※本稿は2019年9月発売の「2019-2020年 軽自動車のすべて」に掲載されたものを転載したものです。

全幅 1475㎜ 全高 1800㎜ ミラー・トゥ・ミラー 1840㎜
開口高510㎜
全長 3395㎜ 最小回転半径 4.4m
2018年12月の発売と同時に人気モデルになった。専用の丸型ヘッドランプやブラックのフロントグリル、前後バンパー、サイドドアガーニッシュなどでSUVテイストを強調し、ルーフレールも全車に標準装備する。

■ハイブリッド XZターボ
全長×全幅×全高(㎜) 3395×1475×1800
室内長×室内幅×室内高(㎜) 2155×1345×1410
ホイールベース(㎜) 2460
トレッド(㎜) 前/後 1295/1300
車両重量(㎏) 890
エンジン種類 直列3気筒DOHCターボ+モーター
総排気量(㏄) 658
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) 47[64]/6000
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 98[10.0]/3000
モーター最高出力(kW[㎰]/r pm) 2. 3[3. 1]/1000
モーター最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 50[5.1]/100
燃料タンク容量(ℓ) 27(レギュラー)
トランスミッション形式 CVT
駆動方式 FF
タイヤ・サイズ 155/65R14
最小回転半径(m) 4.4
JC08モード燃費(㎞/ℓ) 25.6
車両本体価格 169万5600円

乗降性

【前席】ステップ高 345㎜ 助手席シート高 705㎜
【後席】シート高 720㎜ ステップ高 345㎜

最低地上高はスペーシアと同じ150㎜で、低床設計と大開口が美点だ。3段階で開く前ドアも大開口で、大柄な人でも無理な姿勢にならずに済む。後席の座面は少し屈んだ高さにあり、横に移動する感覚で乗降できる。

先進安全装備

衝突被害軽減ブレーキは、約5〜100㎞/h(対歩行者は約5〜60㎞/h)内で作動し、約50㎞/h未満(歩行者は約30㎞/h)なら衝突を回避できる可能性がある。誤発進抑制機能は、最長5秒間エンジン出力を抑制。

撮影車両データ

ボディカラー:アクティブイエロー ガンメタリック2トーンルーフ
オプション装備:全方位モニター用カメラパッケージ装着車(8万4240円)/特別塗装色(4万3200円)/スタンダードプラス7インチワイドナビ〈パナソニック〉(14万994円)/フロアマット〈ジュータン〉ハニカム(2万142円)/他

ボディカラー

※1は2万1600円高。 ※2は4万3200円高。

インパネ

スペーシアカスタムと同様にブラック内装を採用し、メーターやシートステッチにオレンジの加飾を施すことで、アクティブな印象を演出している。フルオートエアコン、前席両側のシートヒーターは全車に標準装備で、写真のカーナビはディーラーオプション。

前席

着座位置は高めで、視界の良さ、開放感の高さが美点だ。ベンチ式のシートはホールド性よりも乗降性や左右ウォークスルーのしやすさを優先した感がある。背もたれのサイズ、座面の前後長は十分で厚みもある。

後席

左右別々にスライド&リクライニングが可能で、最後端にすれば足が組めるほど広々した空間が広がる。座面の前後長、背もたれの天地高ともに不足はないが、格納時を考慮しバックレストはやや平板なつくり。

ラゲッジルーム

【通常時】奥行き 300㎜
【後席格納時】高さ 1100㎜ 奥行き 1350㎜ 幅 850㎜

低い位置から大きく開く開口部、自転車も余裕で飲み込む荷室高を確保する。後席側、荷室側の両方から操作できる5対5分割のダイブダウン式後席を前倒しすれば、ほとんど段差がなくフラットに拡大できる。荷室フロアは防汚仕様なので、汚れや水滴が拭き取りやすく、アウトドアに向く。

おすすめのバックナンバー

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ