MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ワゴンR

〈スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー〉全方位で使いやすいパッケージが光る【ひと目でわかる最新軽自動車の魅力】

  • 2019/10/12
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

うれしい装備

後席は左右分割のスライド機構を備え、人が座れる状態のまま荷室の奥行きを拡大することができる。後部座席に乗せた子どもにも手が届きやすくて便利。
後席ドア内側にアンブレラホルダーを装備。常に傘を置いておけるので、急な天気の変化にも対応できる。雨水は自然と車外に排出される仕組みとなっている。
車両周辺の映像をナビ画面に表示する全方位モニターをメーカーオプションとして設定。視点切り替え機能も装備。
運転席前のインパネにアッパートレーを装備。一時的にスマホを置いておくのにちょうど良い傾きと大きさだ。
一部グレードに速度やシフト表示に対応するヘッドアップディスプレイを採用。対応ナビ装着時は交差点案内も行なう。
助手席の下にはアンダーボックスを装備。運転用の靴や洗車道具などを収納でき、ボックスごと持ち運ぶことも可能。
助手席前にはボックスティッシュを置ける大きめのオープントレーを装備。左側にはドリンクホルダーも備わる。
荷室の床下にはラゲッジアンダーボックスを装備。サイズによっては折り畳んだベビーカーを立てて収納できる。

シートアレンジ

2名乗車+最大ラゲッジスペース
1名乗車+長尺ラゲッジスペース

左の写真は後席を倒してラゲッジルームを最大化した状態。斜めにすれば自転車を積むことも可能だ。そして、右の写真のように助手席の背もたれ前倒し機能も併用すれば、カーペットのような長尺物も積載することができる。

専用加飾を施した25周年記念車

SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグに加え、インパネカラーやシート表皮などを専用装備とした「HYBRID Xリミテッド」(152万6040円〜)。スティングレーの25周年記念特別仕様車だ。

バイヤーズガイド

FA
ハイブリッドFZ
スティングレーハイブリッドT

標準車かスティングレーかは「顔」の好みだが、選ぶべきはターボを含むマイルドハイブリッド車。そして室内の広さ感ならベージュ系インテリアの標準車、精悍かつ高級感ある室内空間を望むならブラック系のスティングレーだ。もちろん、先進安全支援装備のセーフティパッケージ付きをマストと考えたい。

ワゴンRに3グレード、ワゴンRスティングレーに2グレードを設定。ワゴンRスティングレーの「ハイブリッドT」のみターボエンジンを搭載。基本はCVTだが、ワゴンRの「FA」にのみ5速MTも設定される。

モーターファン別冊 統括シリーズ vol.119 2019-2020年 軽自動車のすべて

新型デイズ/eKシリーズの実力をチェック

運転支援機能「プロパイロット」搭載などで話題の新型デイズ/eKシリーズをチェック。高速道路〜ワインディングを走った試乗インプレッションから見てきた実力を解説。走りの性能からインテリアまで幅広く掘り下げる。エンジンパワーやハンドリングなどの運動性能の解説のほか、室内の居住性、便利な収納など気になる部分も徹底解説。

注目装備テンコ盛り! 新型タント

すべてを刷新して登場した新型タントの走りはどうなのか?室内の使い勝手は?スーパーハイトクラスのライバルたちと比較して解説。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ