MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. プジョー|PEUGEOT
  4. 208

これは必見! 六本木で新型プジョー208とリフターをナマで体感! PEUGEOT SHOW 2019開催

  • 2019/10/18
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

10月18日(金)、東京都内にある六本木ヒルズで、新型208とリフターのジャパンプレミアが行われた。2台とも正規導入は2020年の予定だが、ひとあし早く日本のファンにお披露目することで購入を待ち望むファンの声に応えたということだ。そして19日(土)から26日(土)までの一週間は「PEUGEOT SHOW(プジョー ショー)2019」と命名されたイベントとして一般公開される。関東近郊のお住まいの方、期間中に東京を訪れる予定のある方にとって、発売前の最新モデルを目の当たりにする貴重な機会となりそうだ。

PHOTO:平野 陽(HIRANO Akio)

【新型プジョー・リフター】見て、触って、座ってみた! 王者ルノー・カングーと比べてどうなのか?

10月19日(土)から26日(土)まで、東京は六本木ヒルズで開催される「PEUGEOT SHOW(プジョー ショー)2019」にて一般公開さ...

あわせて読みたい

プジョーのアグレッシブな商品戦略が止まらない

六本木ヒルズの大屋根プラザに姿を現した新型208とピュアEVのe-208。

 思いのほか早かった───日本で新型208が初披露されたと聞いて、多くの人がそう感じたのではないだろうか? 2019年3月のジュネーブ・モーターショーでワールドプレミアされ、ようやく欧州でのデリバリーも始まりつつある新型208が、10月18日(金)、東京の六本木ヒルズにてジャパンプレミアされたのだ。

 壇上に飾られたのは1.2Lターボの208と、ピュアEVのe-208だ。この2台は、2020年の第3四半期の国内発売を予定しているという。

「CMPとEMP2という我々の新世代のプラットフォームは、内燃機関とEVの双方に対応しています。つまり、プジョーのお客様は内燃機関もEVも同じ土俵で比較し、何かを諦めることなく好みのパワーユニットを選べるようになったのです」と語るのは、プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長だ。

プジョー・シトロエン・ジャポン社長のクリストフ・プレヴォ氏。
プジョー・シトロエン・ジャポン マーケティング部長のトマ・ビルコ氏。

 プレヴォ社長によれば。プジョーの国内販売は15年に5898台、16年に7394台、17年に8237台、18年に9975台と順調に伸びており、当然ながら19年には1万台越えを見込んでいる。そしてさらなる飛躍を目指すには、EVの導入も含めた攻めの姿勢をより一層明確にしていく必要があるのだという。

「我々の新しいスローガンは『UNBORING THE FUTURE』……つまり、退屈な未来などいらない、ということです。クルマは単なる移動ツールではありません。クルマは情熱を注ぐべきものであり、プレジャーを与えてくれるものなのです」と語気を強めるのは、このほどマーケティング部長に就任したトマ・ビルコ氏だ。

「e-208のドライビングプレジャーには、きっとみなさん驚きますよ。それとリフターですね。ユーティリティの高さばかりが注目されそうですが、最新ディーゼルと8速ATの組み合わせは走りにうるさいみなさんも納得させるでしょう(笑)」本サイト記者を含む何人かの親しいメディア関係者に囲まれたビルコ氏は、不敵な笑みを浮かべながら自信を見せた。

 さらにプジョーのブランドマネジャーを務める志水弘樹氏も「近年、クルマがつまらなくなってしまうのではと危惧する方も多いかと思いますが、欧州の約70%の人が今なおクルマにプレジャーを求めているという調査結果があります」と、クルマはまだまだ楽しいものであるべきというプジョーの姿勢を説明する。

 新型208が日本に導入されるのは当然かも知れないが、e-208の同時発売や、リフターの新規導入といったアグレッシブな商品展開は、こうしたプジョーの明確な販売戦略の表れということらしい。

プジョー ブランドマネジャーの志水弘樹氏。
プジョー プロダクトマネジャーの上村学氏。

 今回のジャパンプレミア会場に並べられたのは、新型208、e-208、そして新規導入のリフターの3台だ。

 まず208について、プロダクトマネジャーの上村学氏が説明する。

「1.2Lターボの208とEVのe-208の二本立てで、前者は最高出力100psと最大トルク205Nm、後者は136psと260Nmを発生します。e-208の航続距離はWLTPモードで340kmです。パワートレイン以外は、双方の間に目立った違いはありません。導入は2020年の第3四半期です。ガソリン仕様とEV仕様を日本で同時に導入するのは208が初めてではないでしょうか?」

 一方のリフターについては「MPVといってもキャビンが広くて荷物がたくさん積めるだけのクルマではありません。停まっているより、走っている姿が似合うクルマです。MPVだからといってデザインにも妥協はありませんし、コクピットの環境もほかのプジョー車と同様のクオリティとスポーティさが備わっています」と、ミニバンや既存のユーティリティ系モデルとは一線を画していることを強調した。

 こちらも正規導入は2020年第3四半期の予定だが、先行導入モデルの「Debut Edition」が19日(土)よりオンライン予約を開始する。

208

e-208

リフター

10月19日(土)から26日(土)まで一般公開! 体験試乗会もアリ!

 18日(金)のジャパンプレミアはメディア向け発表会という形だったが、19日(土)からは「PEUGEOT SHOW 2019」として一般公開される。期間中、注目の3台の展示はもちろん、308、508、3008といった現行プジョー各モデルも並べられ、さらには308SW、508SW、そして3008の体験試乗会も開催される。事前要約は不要なので、当日会場にてお申し込みいただきたい。

【プジョーショー2019 アンボーリング・ザ・フューチャー】開催概要
・開催期間:2019年10月19日(土)〜10月26日(土)
・開場時刻:11:00〜20:00(体験試乗は11:00〜18:00)
・会場:東京・六本木ヒルズ 大屋根プラザおよびヒルズカフェ/スペース(東京都港区六本木6-10-1)

巨大なライオンのオブジェが目印。見失うことはないはずだ。
併設されるカフェでは、こんなに素敵なカフェやスイーツが!

ルノー・カングーに挑戦状! プジョー・リフターついに上陸!〈ディーゼルと8速ATがもたらす最先端の走り〉

長きに渡ってルノー・カングーが圧倒的な強さを誇っていたカテゴリーに、ついにプジョーが殴り込みをかけてくる! フランスで...

あわせて読みたい

お待ちかね! シトロエン・ベルランゴ日本上陸! プジョー・リフターとともにカングーを追撃

プジョー・リフターの日本上陸とともに舞い込んできたビッグニュース! なんとシトロエン・ベルランゴも同時に日本に導入される...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ