MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. CX−30

MAZDA CX-30:これがど真ん中。ガソリンエンジンやMTの軽やかさもいい!マツダ標準オーディオもいい![1/2]

  • 2019/11/09
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
MAZDA CX-30 20SPROACTIVE Touring Selection 車両本体価格:297万円 試乗車はオプション込みで305万6880円

マツダのクロスオーバー、MAZDA CX-30をようやく一般公道で試乗できた。マツダ3に続いて登場したマツダの新世代商品群第2弾、CX-30のファーストインプレッションをお送りする。試乗したのは、2.0ℓのガソリンエンジンを搭載する20SPROACTIVE Touring Selection、AWDの6速MTである。

ディーゼルかガソリンか?

ボディカラー:ポリメタルグレーメタリック

 CX-30は、マツダ3に続いて登場したマツダの新世代商品群の第2弾である。もちろん、エンジンを横置きするので、マツダの新しい言い方では、「Smallアーキテクチャー」を使うモデルである。

 エンジンは、2.0ℓのガソリン(SKYACTIV-G2.0)と1.8ℓのディーゼル(SKYACTIV-D1.8)、そして年明けに発売されるSKYACTIV-Xである。
 トランスミッションは、マツダ自製の6速ATと6速MT。
 駆動方式は、FFとAWDである。

全長×全幅×全高:4395mm×1795mm×1540mm ホイールベース:2655mm
最小回転半径:5.3m
車重:1460kg 前軸軸重:870kg 後軸軸重:590kg

 それぞれに装備の違いによるグレード違いがあるからなかなか選び甲斐のあるラインアップだ。

 今回試乗したのは、
2.0ℓガソリン/6速MT/AWD/メイングレード
 の20SPROACTIVE Touring Selectionである。

 まず、サイズがいい。
 全長×全幅×全高:4395mm×1795mm×1540mmというのは、やはり取り回しも車両感覚も自然で運転しやすい。存在感はマツダ3と同じくらいあるのに、サイズは少し小さい、というのは大きな魅力だ。

インテリアは、マツダ3とはテイストが全く違う。明るく上質な雰囲気だ
マツダ3よりもアップライトに座る印象
PROACTIVE Touring Selectionのシートはファブリック地。シートはやはりファブリックがいい

 小さくなったとはいえ、室内は上質で広々している。とくに後席は穴蔵感が強いマツダ3と違って、ごくごく(いい意味で)普通。181cmのドライバーが前後に座るとやや頭周りに窮屈感があるが、逆に言えば、180cm以下であればまったく問題ないといえる。

ボンネットを開けるとガソリンエンジンではこういう風景が広がる
エンジンカバーを外すとこうなる。エンジン 形式:2.0ℓ直列4気筒DOHC 型式:SKYACTIV-G2.0 PE-VPS 排気量:1997cc ボア×ストローク:83.5×91.2mm 圧縮比:13.0 最高出力:156ps(115kW)/6000pm 最大トルク:199Nm/4000rpm 燃料供給:筒内燃料直接噴射(DI) 燃料:無鉛レギュラー
興味がおありの方もあまりいないと思うが、これがエンジンカバー
裏側はこうなっている

 エンジンはどうだろう? 2.0ℓのガソリンエンジン(SKYACTIV-G2.0)に乗る前に少し1.8ℓのディーゼル(SKYACTIV-D1.8)にも試乗した。SKYACTIV-D1.8のディーゼルの静粛性の高さ、滑らかさはマツダ3と同じく文句なし。ただし、マツダ3でも、「ディーゼルらしく下からモリモリとトルクが湧いてくる」わけでなかったD1.8が50kgほど重いCX-30ではやはり同じくやや(期待よりも)力不足であると感じだ。

 試乗したSKYACTIV-G2.0は156ps/199Nm。D1.8が116ps/270Nmだから、トルクはだいぶ低い。しかし、ディーゼルよりも車重が70kgほど軽いこともあって、不満は感じなかった。というより、もともと2.0ℓの自然吸気のガソリンエンジンに期待していたパワー感とズレがなかったと言った方がいい。
 いくらスムーズに回ると言っても、ディーゼルはディーゼル。そこへいくと、SKYACTIV-G2.0は、本当に気持ちよく回る。6速MTのシフトフィールもクラッチの重さもエンジンのスムーズで軽い吹け上がりにうまく合っていて、爽快だ。

6MTのギヤ比は1速:3.552 2速:2.002 3速:1.347 4速:1.000 5速:0.745 6速:0.599 後退:3.052 最終減速比:4.367
MTもアクセルペダルはオルガン式だ
タイヤは215/55R18のトーヨーPROXES R56。指定空気圧は前後とも250kPa

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ