MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. アウトバック

スバル・レガシィアウトバック:500マイル(約800km)走ってわかる「なぜ北米で大人気なのか」。800km走った燃費はどうだったか?

  • 2019/11/12
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
目次開く

『500 miles a day』は、そもそもレガシィじゃなかった!

気になったのは、高速より街中

気になったのは、高速より街中

タイヤは225/60R18のブリヂストン DUELLER H/P SPORT 。ダークメタル塗装の18インチアルミホイールは特別装備

 気になったのは、市街地での走り出しだ。レヴォーグでも気になったが、アクセルをちょっと踏んだだけで、クルマが期待よりもグッと前に出てしまう。アメリカ人のATの好みは、この出足の良い走り出しだとトランスミッションメーカーのエンジニアに聞いたことがあるが、日本の街中だと気を遣う。低速トルクが小さいのを、トルクコンバーターでトルク増幅をするのはATでもCVTでも同じ手法だが、ややストールトルク比を上げすぎているのはないか、と思った。「頼りになる相棒・タフな道具感」のあるルックスと、アクセル/ステアリングの軽さはやや違和感を覚えた。

 とはいえ、ロングドライブは非常に楽。運転を代わってくれた同僚からも好評価を受けた。「これなら一気に福岡あたりまでいけるねぇ」は、アウトバックにとってなかなかの褒め言葉だろう。
 復路はさらにもうひとり男性が乗って4人乗車で東京を目指す。日曜日の夕方恒例の酷い事故渋滞にも巻き込まれたが、燃費は13.3km/ℓだった。
 一人乗車で高速道路メイン、100km/h前後の巡航がほとんどなら、正直言ってもう少しいい燃費を期待したいが、4人乗車(つまり一人乗車よりも200kg以上重い)で13.3km/ℓなら合格点だろう。

 別の日に一人乗車で120kmほど走ったが、乗員の数で燃費が大きく上下しない印象を受けた。

 結局1日で500マイルとはいかなかったが、返却するまでにほぼ500マイル(トータル797.6km)走った。燃費は13.1km/ℓだった。
 燃料タンクは60ℓ。13.1km/ℓなら786km走れる計算だ。
 ”ほぼ”500 miles a dayをストレスなく走れるアウトバック。アメリカで高い人気を誇る理由が少しわかった気がする。
(あ、500 miles a dayは、アルシオーネSVXだったんだ)

セントラル・ラリーの目玉はトヨタ・ヤリスのWRカー。別格の走りだった

スバル・レガシィ アウトバック X-BREAK
全長×全幅×全高:4820mm×1840mm×1660mm
ホイールベース:2745mm
車重:1600kg
サスペンション:Fストラット式Rダブルウィッシュボーン式
駆動方式:AWD
エンジン
形式:2.5ℓ水平対向4気筒DOHC
型式:FB25
排気量:2498cc
ボア×ストローク:94.0×90.0mm
圧縮比:10.3
最高出力:175ps(129kW)/5800pm
最大トルク:235Nm/4000rpm
燃料供給:PFI(ポート噴射)
燃料:無鉛レギュラー
燃料タンク:60ℓ
燃費:JC08モード燃費 14.8km/ℓ
トランスミッション:CVT(リニアトロニック)
車両本体価格:329万4000円
試乗車はオプション込みで354万2400円

スバルのアイサイト、便利で安全だけじゃない。かゆいところまで手が届く最新アイサイトの仕組み

ぶつからないクルマ?として大きなインパクトを与え、人々のクルマの安全性能に対する意識を大きく変革させたスバルのアイサ...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ