MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. モトチャンプチャンネル

カブで快適キャンツーレシピ|デイトナ製のアイテムの積載力や使いやすさに驚愕!?

  • 2019/12/11
  • モト・チャンプ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
テントはアウトドアの老舗、キャンパルジャパンとのW ネーム。二人でもゆったり過ごせる居住性とタ ープいらずの広い前室が自慢。総重量4kg弱で、 設営しやすいのでビギナーにもオススメ!【ツーリングテント ステイシーST-Ⅱ】4万2000円+税

キャンプツーリングはカブ乗りのロマンなり! 
ここではキャンプシーンを想定して、実際に必要な装備を準備してキャンプ場へレッツゴー!! 

PHOTO:渡辺昌彦/REPORT:モルツ

カブで行くアウトドアの楽しさ・魅力を広めたい!

 キャンプには大量の荷物が付きものだ。抜群の積載力を誇るカブをもってしても荷物を厳選せざるを得ない。そんな時に活躍するのがデイトナの「2階建てキャリア」だ。これは 純正同寸のキャリアを上下ダブルにするという、ありそうでなかったアイデア品!
 

 荷物へのアクセスがしやすい2段式。 ステーやフックを使って両サイドにポールなどを束ねて掛けられるなど、アレンジ次第で荷作りのバリエーションが広げられる! なお現行のスーパーカブ50/110にも装着可。

 開発担当の山田さんに話を伺うと「大量の荷物を積む場合はパッキング(荷作り)が重要ですが、キャンプ道具は形状や素材も様々でまとめにくい。慣れないと出発前や道中に何度も荷物を出し入れするハメになってしまいますし、走行中も落ちないか心配です。このキャリアを使えば 荷作りのハードルが一気に下がりますから、キャンプビギナーのカブオーナーにぜひ使っていただきたいですね!」とのこと。

 なお2階部分の最大積載量は10kgの設定だが、開発時は25kg以上の負荷をかけてテストしており、頑丈さは言うまでもなく高い。さらに下で紹介しているサイドバッグやバイザーなどを併用すれば立派なカ ブツアラーの完成だ!

これだけ積んでもスッキリ!

ソロキャンプに必要な道具を積んでみたところ。2段キャリアのおかげで荷解きしなくても各段の荷物がスムーズに取り出せる。

テント( 収 納 時44×21×21cm)に大きめの化 繊シュラフ、折り畳みマット、チェア、テーブル、焚火台&薪、バーナーとガス缶、クッカー類を入れてもまだ余裕! 食材や着替えなどの追加にもフレキシブルに対応できる。

デイトナ・キャンツースタイル 作り方はコチラ!

【DAYTONA】2階建てキャリア/1万1000円+税

荷物へのアクセスがしやすい2段式。 ステーやフックを使って両サイドにポ ールなどを束ねて掛けられるなど、アレンジ次第で荷作りのバリエーションが広げられる! なお現行のスーパー カブ50/110にも装着可。

【HenlyBegins】ツーリングシートバッグDH-717(容量:20~26L)/1万3500円+税

ソフトタイプかつ横幅が10cm拡大(約6L)できる容量可変式だから、道中 に荷物が増えても安心! カラビナなどが付けられる上面のモールシステ ムに加えて、サイドポケットやドリンクホルダー、Dリングなど機能も充実。

【HenlyBegins】サドルバッグMIL DHS-10(容量:15L)/7200円+税(片側)【DAYTONA】サドルバッグサポート/7000円+税(片側)

2階建てキャリアと同時購入が多いというこちらのセット。ミリタリー感溢れるサドルバッグは、積載力の向上はもちろんドレスアップにも貢献! タイヤへの巻き込みを防ぐサポートは社外サスにも対応できるようにワイドに設計されているのが嬉しいところ。

【DAYTONA】ウインドシールドRSシリーズ/1万3800円+税

風の抵抗を抑えて疲労を軽減するバイザーは長距離移動では欠かせない! こちらは3mm厚のポリカーボネート素材で優れた耐久性と透明度を保持。専用設計のため約10度の角度変更ができる。スマホ 取り付けに便利なクランプバーも付属。

【SP CONNECT】モトバンドル/1万2500円+税

スマホをナビ代わりにするのは鉄板! アルミ削り出しマウントとiPhone用シリコンケース&カバーがセットのモトバンドルは、マウントレールに乗せて90度回転するだけ。ワンタッチで脱着できるお手軽さから人気沸騰中! 他に汎用タイプもあり。

2階建てキャリアは 大容量バッグ&GIVIもOK!

たくさんの道具を持ち込むヘビーキャンパーには大きめのバッグがオススメ! 最大容量60LのLサイズを上段に載せながら、下段の空きスペースに他の荷物をスムーズに詰めることでストレスなく荷作りができる!【HenlyBegins】ツーリングシートバッグ DH-719(容量:44~60L)/ 1万9000円+税
純正と同形状だからトップケースも設置できる。普段使いではGIVI製を、ツーリングではソフトタイプと使い分けるのもありだ。B32Nモノロックはネット&レールやバックレストを標 準装備したアドベンチャー仕様。【GIVI】B32N-ADV(容量:32L)/2万3000円+税

NEWS! ツーリングシートバッグに雨仕様の“WR”が登場 ! 【HenlyBegins】ツーリングシートバッグDH-732(容量:20L)/1万8500円+税

シームレスインナー内蔵

ウェルダー加工を施し、防水効果を高めたインナーバッグを内蔵。さらに止水ファスナー採用で水漏れも対策済みだ。メインコンパートメントへのフラップカバー2枚はボタンで固定できるので開け閉 めでの煩わしさもなし!

商品の問合せはすべてデイトナ:0120-60-4955
WEBサイト:<a href="https://www.daytona.co.jp/" target="_blank" title="">https://www.daytona.co.jp/</a>

【新型クロスカブ完全解説】じっくり眺めて、乗ってみた。|2019.11.27更新

2019.11.27更新/スーパーカブをベースにアウトドアなスタイルに仕上げたクロスカブ。その発売日と価格が2018年2月5日に発表...

あわせて読みたい

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ