MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. 新車情報

メルセデス・ベンツ最小SUV「GLA」がフルモデルチェンジで二代目に! 最新のメルセデス・デザインを反映|コンパクトSUV速報

  • 2019/12/14
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

12月11日、ダイムラーはフルモデルチェンジを受けた新型「メルセデス・ベンツGLA」を発表した。発売は2020年春の欧州を皮切りに、その後、アメリカや中国で展開される見通しだ。

ホイールベースが30mmプラスされ居住性が向上

 GLAはメルセデス・ベンツのSUVラインナップでは最小のモデル。そのコンパクトなサイズから、日本でも確かな支持を得ている。このたび登場した新型で、GLAは二代目を迎えたことになる。

 新型のボディサイズは全長4410×全幅1834×全高1611mmで、ホイールベースは2729mm。欧州仕様の従来型と比べると、全長は14mm短く、全幅は30mm広く、全高は104mm高くなった。ホイールベースは30mm拡大された。

 スタイリングは全高が10cm以上高められたことによって、よりSUV然としたものに。全長は少し短くなった一方でホイールベースを拡大したことで、オーバーハングはフロントで905mm、リヤで776mmと比較的短い。これによって18.3度のアプローチアングル、22.1度のディパーチャーアングルが確保された。

 デザインは現行のA/Bクラスや、CLAクーペ/シューティングブレークと同様に、新世代メルセデスのデザイン哲学「センシュアル・ピュリティ(官能的純粋)」が反映された。キャラクターラインを減らしたボディが強調されている。だが一方で、ボンネットフードの「パワードーム」にはプレスラインが入るなど、SUVとしての力強さはきちんと表現されている。

 前後のライトデザインも一新され、新型のより洗練されたルックスにひと役買っている。リヤコンビネーションランプは、テールゲートの開口部を少しでも広くとるために二分割されたデザインが採用されている。

 インテリアの基本は、現行A/Bクラスなどと基本イメージを共有する。航空機エンジンのタービンからインスピレーションを得たエアコンルーバーなどは、まさにそれを実感させるディテールだ。

 インパネには7インチと10.25インチ、あるいはふたつの10.25インチディスプレイが配置され、デジタル化をさらに促進。対話式音声認識機能を採用した「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」も採用されている。

 ホイールベースの拡大などにより、室内は広くなった。フロントのヘッドルームは最大22mm、リヤのレッグルームは116mm拡大。肘まわりのスペースはフロントで34mm、リヤで45mm広くなっており、従来以上の居住性が確保されている。

 ラゲッジルームも拡がった。通常時では従来型より14Lプラスとなる435Lを確保。さらに荷室は40対20対40の3分割可倒式リヤシートによってアレンジが可能となっている。荷室最大時の容量は未発表だが、長さで1422mm、幅で1272mmの空間が確保できるという。

 パワートレインは今のところガソリン仕様の「GLA200」を設定。163psと250Nmを発揮する1.3L直列4気筒ターボと7速DCTを搭載し、8.7秒の0-100km/h加速、210km/hの最高速、そして最高で17.9km/Lの燃費(欧州複合モード)を実現する。

 運転支援システムは最新型が採用され、コンパクトカーセグメントでは最高水準だと同社は主張している。ステアリングアシスト機能や緊急回避機能、出口警告機能、横断歩道での歩行車検知機能など、多彩な機能を盛り込む。例えばアクティブブラインドスポットアシストは、後方から来る自転車も検知し、ドライバーに知らせる。また、衝突回避を支援するアクティブレーキアシストは車速60km/h以下で作動し、静止状態の車両や、歩行者との衝突を回避する。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

東京オートサロン2020

東京オートサロン2020 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ