MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ハリアー

PR 【早速CG合成!】間もなくデビューの新型ハリアーをイジったら絶対カッコイイこと確定!  ローダウンして22インチ装着のフォルムがかなり渋い! PR

  • 2020/04/23
  • スタイルワゴン・ドレナビ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての画像を見る

2020年4月13日、トヨタが4代目となる新型ハリアーを発表したのはご存じの通り。そのハリアーに向けたエアロパーツ、ホイールを代々手掛けてきたロジャムがいち早くローダウン&22インチ想定のCGを作り上げてきた。初代、2代目のようなUS感はなく、3代目、そして新型はどちらかというとユーロなオーラが色濃い1台に、ロジャムのホイールはいかにマッチするか!

6月にデビュー予定の新型ハリアー
早速ローダウンしてインチアップしてみました! 合成でね♪


ROJAM/NEW HARRIER
ロジャム/新型ハリアー


  • <トヨタ・ハリアー>間もなく4世代目へフルモデルチェンジ! スポーティさに磨きをかけた外装は見物【新型車レポート】

    全高低めのイカしたクーペフォルム 魅力度マシマシで売れる気しかしない! まずトヨタ・ハリアーとレクサス・RXの関係を説明しよう。初代と2代目は、国内ではトヨタ・ハリアー、海外市場ではレクサス・RXとして販売されていた。し […]


スタイルワゴン・ドレナビ関連記事:車種別・ハリアー記事へ


よりクーペ感を強めた流麗なラインは、欧州車のSUVに負けず劣らずの美しさを感じさせる。

ハリアーといえば、10系、30系、60系と、カスタムシーンでも代々人気得てきたクルマ。初代登場は1997年。それまでのクロカン一辺倒だったSUVにアーバンな雰囲気を取り入れた姿は衝撃的だった。

カスタムシーンでは、北米で爆発的な人気だったこともあり、大口径ホイールを履かせたUS風なアレンジも多く、ハリアー=大口径というイメージはそれ以降ずっと続いている。

ではでは、6月から発売される新型ハリアーにカスタムは似合うのか。

ハリアーに向けたエアロパーツ、ホイールを代々手掛けてきたロジャムがいち早くローダウン&22インチ想定のCGを作り上げてきた。

初代、2代目のようなUS感はなく、3代目、そして新型はどちらかというとユーロなオーラが色濃い。

そのスタイルに合わせるように、ロジャムが作り上げたCGは、スポーティさを感じさせる4つの自社ホイールをマッチング。

「【早速CG合成!】間もなくデビューの新型ハリアーをイジったら絶対カッコイイこと確定!  ローダウンして22インチ装着のフォルムがかなり渋い!」の1枚めの画像装着ホイール:ファスター/カラー:グリッターカット


立体感にこだわり続けるロジャムホイールは、新型ハリアーに絶妙な色気を与えてくれる。

ローダウンしてインチアップしただけでもこの姿、新型ハリアーは間違いなくカスタムが似合う!

ロジャムでは、すでにデモカー購入、エアロ開発を決定。今後の展開が楽しみだ。

合成したCGは、SUVらしく程よくローダウン。車高を落とすとよりクーペ感が高まって、スタイリッシュだ。

リアからのスタイリングはとくに欧州車感が強い。ポルシェやジャガーのSUVのような美しさに大口径ホイールが絶妙にマッチ。

ヘッドライト、前後バンパー、ウインドウまわりに煌びやかな加飾が施される新型ハリアーは、ホイールもまた光モノ系が似合いそうだ。

問:ロジャム 052-355-0090
https://rojam.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_霜田奈緒]

スタイルワゴン・ドレスアップナビへ




カーカスタマイズの記事、たくさんあります!
スタイルワゴン・ドレスアップナビのロゴをクリックしてね!

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ