MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ハリアー

トヨタ新型ハリアーから次期レクサスRXを予想する TNGA GA-Kプラットフォームのモデル比較 ハリアー、RAV4と比べたら?

このエントリーをはてなブックマークに追加
左が新型ハリアー、右は現行レクサスRX

トヨタの新世代技術基盤であるTNGAのエンジン横置き用でもっとも大きなプラットフォームがGA-Kプラットフォームだ。新型ハリアーは、このGA-Kプラットフォームの上に開発されている。「GA-Kプラットフォーム」を軸に、トヨタのSUVについて考えてみよう。

 トヨタは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)という技術基盤のうえにクルマの開発を進めている。そのTNGAには、
エンジン縦置き(FR向け)
GA-L:レクサスLS、LC、トヨタ・クラウン

エンジン横置き(FF向け)
GA-K
GA-C:プリウス、カローラ系、CH-R、レクサスUXなど
GA-B:ヤリス、ヤリスクロス
がある。横置き系はK→C→Bの順で小さくなる。ちなみに、GRヤリスは前がGA-B、後ろがGA-Cという変則的な造りになる。

カムリが使うGA-Kプラットフォーム
 前述の通り今回登場した新型ハリアーは、GA-Kプラットフォームを使う。GA-Kを使うのは、いまのところ
トヨタRAV4
トヨタ・ハリアー
Toyota Highlander
トヨタ・カムリ
Toyota Avalon
レクサスES
となっている。

 新型ハリアーは、GA-Kを使うSUVとしては3モデル目、ということになる。

 GA-KのSUVを並べてみよう。

上からRAV4、新型ハリアー、そして北米のHighlander
下にRXを加えるとこうなる

トヨタRAV4

トヨタRAV4
トヨタRAV4(2019年〜)
全長×全幅×全高:4610mm×1865mm×1690mm
ホイールベース:2690mm
プラットフォーム:TNGA GA-K
パワートレーン:2.0ℓ直4+CVT/2.5ℓ直4+THSⅡ

トヨタ・ハリアー

トヨタ・ハリアー
トヨタ・ハリアー(2020年~)
全長×全幅×全高:4740mm×1855mm×1660mm
ホイールベース:2690mm
プラットフォーム:TNGA GA-K
パワートレーン:2.0ℓ直4+CVT/2.5ℓ直4+THSⅡ

Toyota Highlander

Toyota Highlander
Toyota Highlander(2019年~)
全長×全幅×全高:4950mm×1930mm×1730mm
ホイールベース:2850mm
プラットフォーム:TNGA GA-K
パワートレーン:3.5ℓV6+8At/2.5ℓ直4+THSⅡ

現行レクサスRX
レクサスRX(2015年〜)
全長×全幅×全高:4890mm×1895mm×1710mm
ホイールベース:2790mm
プラットフォーム:Kプラットフォーム
パワートレーン:2.0ℓ直4ターボ+6AT/3.5ℓV6+THSⅡ

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ