MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

トヨタが新型コロナウイルス感染症の重症患者向け移動車両を医療機関に提供。ハイエースをベースにした「飛沫循環抑制車両」

  • 2020/04/30
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

4月30日、トヨタ自動車は、新型コロナウイルス感染症の重症患者の方の移送用車両1台を、昭和大学病院に提供したことを発表した。この車両は、医療機関からのさまざまな要望をもとに、トヨタ車体がハイエースをベースに開発・架装したもので、重症患者向けの移送用車両としての提供は今回が初めてとなる。

今後も引き続き、医療機関や自治体からの感染者移送用車両提供の要望に応えられるよう対策を検討

 トヨタでは現在、医療現場に少しでも役立てられる車両が提供できないか、現場の声を聞きながらさまざまな検討を進めており、これまでに軽症患者向けの移送用車両を、東京都内の大学病院などへの7台を皮切りに、医療機関や地方自治体などに提供してきた。

 これに加えて今回は、ハイエースをベースに、運転席・助手席のある車両前方スペースと、後部座席以降の車両後方スペースの間に隔壁を設置し、排気ファンで後方の空気を常に外部に排出することで、後方の空気が前方に循環しないようにコントロールした「飛沫循環抑制車両」を、初めて重症患者向けの移送用車両として提供。

 トヨタグループでは、今回の新型コロナウイルス感染症の診断や治療に日夜尽力している医療現場を支援する取り組みを、「ココロハコブプロジェクト」(※)の一環として位置づけ、今後も医療機関や自治体からの感染者移送用車両提供の要望に応えられるよう対策を検討し、迅速に取り組んでいく。
※「ココロハコブプロジェクト」:東日本大震災の被災地を支援するために、全国から「心を運ぶ」という気持ちを込めて、トヨタ自動車、トヨタ販売店およびその従業員が、継続的かつ長期的に実施してきた支援活動の総称。今回は、新型コロナウイルス感染症で闘病中の方、日夜奮闘されている医療従事者・政府・自治体関係者の方々に対して、何か貢献できないかとの思いから、トヨタグループが力を合わせて取り組む支援活動の総称を「ココロハコブプロジェクト」とした。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ