MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ポルシェ|PORSCHE
  4. タイカン

ポルシェジャパンが独自の充電インフラネットワーク展開を発表! 東京・名古屋・大阪にポルシェターボチャージングステーションを用意

  • 2020/06/05
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェジャパンは6月5日、ポルシェ電気自動車オーナー向けに、急速充電器をはじめとする独自の充電ネットワークを、日本全国で展開する方針を明らかにした。

急速充電器「ポルシェ ターボチャージャー」を2020年内に21拠点設置する予定

 充電器モデルは、国内最速となる最大150kW級出力のCHAdeMO(チャデモ)規格、急速充電器の「ポルシェ ターボチャージャー」と自宅での利用を目的とした8kW出力の普通充電器「ポルシェ モバイルチャージャー」の2モデル。

 ポルシェ ターボチャージャーは先駆的技術のリーダーであるABB社と共同で開発したもので、国内でもっともパワフルな150kWの出力により、例えばタイカン4Sのパフォーマンスバッテリー71.0kWhの場合、0%から80%(走行距離約300km分)までを24分で充電する。

 ポルシェ モバイルチャージャーでは、8kWの出力により約9時間で80%以上まで充電する。また、ポルシェの電気自動車は、日本国内の充電基準(急速:CHAdeMO/普通:J1772)に対応しており、高速道路のSA/PAや道の駅、駐車場等の公共施設にすでに設置されている2万基を超える充電器での利用も可能だ。

ポルシェ初のピュアEVスポーツ「タイカン」の価格発表! エントリーグレードの「4S」は税込1448万1000円

6月5日、ポルシェジャパンは2019年に発表した同社初のピュアEVスポーツモデル「タイカン」の、国内販売価格を発表した。税込...

あわせて読みたい

 なお、全国のポルシェセンターでは、さまざまなポルシェの充電器を設置しており、充電施設として利用できる。ポルシェ ターボチャージャーは今後、順次全国の販売店に設置されていく予定(2020年内に21拠点設置予定)。あわせて電気自動車を整備できる施設が整えられ、トレーニングを受けたメカニックも配備される。

 さらに同社は、都市型充電ステーションとして、東京・名古屋・大阪に「ポルシェ ターボチャージング ステーション」を用意。150kW級出力のポルシェ ターボチャージャーを1カ所につき2基ずつ設置するのと合わせて、8kW出力のポルシェモバイルチャージャー コネクト(2021年後半に設置予定)を備えることで、短時間滞在用と長時間滞在用として使い分けることができる。

●「ポルシェターボチャージングステーション」設置予定施設(2020年中)
[東京]
・4カ所準備中
[名古屋]
・ヒルトン名古屋 地下駐車場内
・ナゴヤ セントラルガーデン 第1駐車場内
[大阪]
・LINKS UMEDA(リンクス ウメダ)地下駐車場内
・あべのハルカス 地下駐車場内

●ポルシェジャパン公式ウェブサイト「e-Performance」ページ

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ