MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. フィアット|FIAT
  4. パンダ

トヨタ・ヤリスもホンダ・フィットもいいけれど、もっと小さくて存在感のあるモデルはどうだ? VW up!/ルノー・トゥインゴ/フィアット・パンダ&500

このエントリーをはてなブックマークに追加
上がトヨタ・ヤリス、下がフォルクスワーゲンup! ヤリスの全長は3940mm、up!は3610mm

Bセグメントのコンパクトカーは、トヨタ・ヤリスとホンダ・フィットというニューモデル登場で盛り上がっている。「コンパクト」って言っても、ヤリスのサイズは全長ほぼ4m、エンジンは1.5ℓだ。「もっと小さくて個性的なモデルがほしい」というニーズも少なからずある。ヤリス/フィットより小さくても存在感のあるモデルとはどんなモデルがあるだろう?

 コロナ禍の影響で販売台数を大きく減らした5月でもトップセラーはトヨタ・ヤリス(1万388台)、第3位はホンダ・フィット(7235台)だった(ちなみに2位はライズの7916台)。
 コンパクトカーの中心にはヤリスとフィットがいる。燃費、コネクティビティなど、正直この2台に勝てるクルマはないと言っていい。が、最大の弱点は、「個性」だ。これだけ人気があって販売台数を伸ばせば、どこへ行っても自分と同じクルマを見ることになる。個性を重んじる人にはちょっと耐えがたいことかもしれない。
 コンパクトなクルマがほしいからといって、軽自動車を選べば、ヤリス、フィットと同じ事態に陥る。軽を選べば税金等の維持費にメリットがあるのはわかる。とはいえ、やはり「ワタシだけのクルマ感」は薄い。

上はホンダ・フィット、下がフィアット・パンダ  フィットの全長は3995mm、パンダは3655mm

 そこで登場するのが、欧州のコンパクトカーたちだ。充分コンパクトなヤリスと比べてみよう。
 ヤリスの全長が3940mm。たとえば、VW up!の全長は3610mmだ。全長で310mmもup!が短い。小回り性の指標である最小回転半径は、ヤリスが4.8mなのに対してup!は4.6m。RRのルノー・トゥインゴに至っては4.3m(!)なのだ。

フィアットのツインエアは、唯一の2気筒ターボエンジン
 燃費ではヤリス/フィットのハイブリッド勢に敵わないが、パワートレーンの「個性」では、欧州勢も負けていない。
 フィアット・パンダと500が搭載する0.9ℓ直列2気筒ターボは、他の追随を許さない「超個性派」パワートレーンだ。

ルノー・トゥインゴは、RRレイアウトを採用。
上がフィアット500、下がホンダN-BOXカスタム。フィアット500の全長は3570mm、N-BOXは3395mm。175mmしか全長は変わらない。
上がトヨタ・ヤリス、下がフィアット・パンダ。ヤリスの全幅は5ナンバー枠いっぱいの1695mm、対するパンダは1645mm。50mmの違いは大きい。
重ね合わせると、こうなる

フィアット・パンダ コンフォート 車両価格◎234万円

フィアット・パンダ コンフォート 車両価格◎234万円

全長×全幅×全高:3655mm×1645mm×1550mm
ホイールベース:2300mm
車重:1070kg
0.9ℓ直列2気筒SOHCターボ
85ps(63kW)/145Nm
定員:5名
車両価格:234万円
最小回転半径:4.8m

生誕40周年を迎えたイタリアの至宝! フィアット パンダの偉大なる足跡と、そのDNAを受け継いだ期待の限定車「パンダ コンフォート」の魅力に迫る〈Fiat Panda Comfort〉

2020年、フィアット パンダが生誕40周年を迎えました。3代に渡ってイタリア人の生活を支え、愛され続けてきた、まさに稀代の...

あわせて読みたい

フィアット500 ツインエアポップ 車両価格◎241万円

フィアット500 ツインエアポップ 車両価格◎241万円

フィアット500 ツインエアポップ
全長×全幅×全高:3570mm×1625mm×1515mm
ホイールベース:2300mm
車重:1010kg
0.9ℓ直列2気筒SOHCターボ
85ps(63kW)/145Nm
定員:4名
車両価格:241万円
最小回転半径:4.7m

ルノー・トゥインゴ EDC 車両価格◎201万5000円

ルノー・トゥインゴ EDC 車両価格◎201万5000円

ルノー・トゥインゴ EDC
全長×全幅×全高:3645mm×1650mm×1545mm
ホイールベース:2490mm
車重:1020kg
0.9ℓ直列3気筒DOHCターボ
92ps(68kW)/135Nm
定員:4名
車両価格:201万5000円
最小回転半径::4.3m

VW up!ハイアップ 車両価格◎203万2000円

VW up!ハイアップ 車両価格◎203万2000円

VW up!ハイアップ
全長×全幅×全高:3610mm×1650mm×1495mm
ホイールベース:2420mm
車重:950kg
1.0ℓ直列3気筒DOHC
75ps(55kW)/95Nm
定員:4名
車両価格:203万2000円
最小回転半径:4.6m

生誕40周年を迎えたイタリアの至宝! フィアット パンダの偉大なる足跡と、そのDNAを受け継いだ期待の限定車「パンダ コンフォート」の魅力に迫る〈Fiat Panda Comfort〉

2020年、フィアット パンダが生誕40周年を迎えました。3代に渡ってイタリア人の生活を支え、愛され続けてきた、まさに稀代の...

あわせて読みたい

フィアット・パンダ デザインを読み解く「たたみ4畳のコンパクトな大物」

フィアット・パンダの全長はわずか3.6mちょっと。トヨタ・ヤリスが4mにやや及ばない程度だが、それよりも30cmも短い。できる...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ