MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. リーフ

日産自動車が大津市社会福祉協議会(滋賀県)と電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結。災害による停電時は日産リーフを無償貸与

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月16日、日産自動車ならびに滋賀日産自動車は、社会福祉法人大津市社会福祉協議会(滋賀県大津市浜大津)と、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結したと発表した。

日産が締結した自治体・企業との「災害連携協定」はこれで38件目。社会福祉協議会との締結は全国初

 この協定の内容は、大津市社会福祉協議会が、『地震災害等によって大規模停電が発生した際に、大津市社会福祉協議会が指定する大津市災害ボランティアセンターおよびサテライトセンターにおいて、日産の販売会社である滋賀日産自動車が試乗車として所有する電気自動車「日産リーフ」を電力源として活用することで、ボランティアセンターでの円滑な運営を行い、市民の安全確保に努める』というもの。

 大津市社会福祉協議会は、地域福祉の推進を目的とし、社会福祉に関する理解と関心を深めるためのボランティア活動・市民活動などを行っている。また、一人ひとりを認め合い、支えあう、おおらかなまち“大津”を目指し、市民・当事者が主体の福祉のまちづくりを進めている。この取り組みの一環として「日産リーフ」を導入済みで、これを活用した防災対策強化に努めている。

 一方、日産自動車は、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を発表し、その活動を牽引するリーダーとして、全国の自治体や企業と協力して、電気自動車の普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでいる。

 日産が推進する「ブルー・スイッチ」活動と、大津市社会福祉協議会が推進する、地域に根差したボランティア活動、防災対策と、双方の取り組みに互いが賛同し、このたび同協定の締結を行う運びとなった。

 また、日産は、昨年の台風15号により大きな被害を受けた千葉県のほか、台風19号により長期停電の続いた長野県長野市のボランティアセンターへも「日産リーフ」を派遣。この長野市ボランティアセンターでの、実際の災害時における「日産リーフ」の活躍と実用性が高く評価されたことも、同協定締結の要因になっている。このたび日産自動車と大津市社会福祉協議会が締結した「災害連携協定」の概要は以下のとおり。

【協定の概要】
・大津市社会福祉協議会、日産自動車および滋賀日産自動車は、大津市で災害を起因とする停電が発生した際、大津市社会福祉協議会が指定する大津市災害ボランティアセンターおよびそのサテライトセンターに、滋賀日産自動車の店舗に配備している電気自動車「日産リーフ」を無償で貸与する。
・大津市社会福祉協議会、日産自動車および滋賀日産自動車の協力により、電気自動車からの給電を行うことで、災害時においても継続して電力が供給できる体制を整え、ボランティアセンターおよびサテライトセンターの円滑な運営を図り、市民の生命及び身体の安全を守る。
・大津市社会福祉協議会、日産自動車および滋賀日産自動車は、平常時も電気自動車の防災対策としての広報活動を推進し、『電気自動車は「走る蓄電池」』としての災害時・停電時等の有効性、活用を市民へ積極的にアピールし、電気自動車普及促進と、市民の環境意識・防災意識向上を目指す。

災害発生時の「日産リーフ」からの電力供給イメージ図

 大津市社会福祉協議会、日産自動車および滋賀日産自動車は、今後もこの協定締結を機に、電気自動車を活用した災害に強いまちづくりを推進。そして、地域防災力向上、環境活動での連携をさらに強化していく方針だ。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ