Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. フォルクスワーゲン|VOLKSWAGEN
  4. アルテオン

フォルクスワーゲンが「アルテオン」の新型を発表! シューティングブレークを新たに設定

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月24日、フォルクスワーゲンは改良を受けた新型「アルテオン」を発表した。新型では、新バリエーションとして5ドアワゴンタイプの「シューティングブレーク」を設定したほか、プラグインハイブリッドパワートレイン「eHybrid」の新採用や、シリーズ最上位に位置付けられる「アルテオンR」がラインナップされた。

最上位グレード「R」には「Rパフォーマンス・トルク・ベクタリング」を搭載

 従来のファストバックに続くふたつ目のボディバリエーションとして誕生したシューティングブレークは、Bピラー以降のボディが専用開発され、独特のスポーティなフォルムを描く。荷室容量は通常時で565L確保され、後席の分割可倒式シートバックのアレンジにより、容量は最大で1632Lに広げられる(ファストバックボディの荷室容量は563〜1557L)。

 パワートレインでは、プラグインハイブリッド「eHybrid」をアルテオンとして初採用。EVモードでの走行距離が長く、ゼロエミッションで走行できる範囲が拡げられているという。

 最上位グレードとして新設定された「アルテオンR/アルテオン シューティングブレークR」には、「Rパフォーマンス・トルク・ベクタリング」が搭載され、走行状況に応じて前後アクスル間、左右輪間の駆動力を最適に配分し、高水準のドライビングダイナミクスを実現する。

 エクステリアでは、ボディ前後のデザインを一新。フロントマスクでは全幅に延びたLEDデイタイムライトが、リヤビューではユニークなデザインのLEDコンビネーションランプが新型を特徴づけている。

 インテリアではセンターパネルのエアコン調整がタッチスライダー式になったほか、タッチコントロール付きの新しいステアリングホイールを採用。夜間時にキャビンをほのかに照らすアンビエントライトは、オプションながら最大30色から選べるようになっている。

 このほか、新型パサートなど一部で採用のはじまった「トラベルアシスト」も採用。トラベルアシストは、車速0〜210km/hまでの範囲で部分的に自動運転を可能にするアダプティブ・クルーズ・コントロールで、制限速度や曲がり角、ジャンクションなど、走行シーンに対応した速度に対応。この機能には、車線内の中央を維持するレーンキーピングアシストや、歩行者検知機能付きの緊急自動ブレーキといった機能との連携されている。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ