MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. MAZDA3セダン

マツダ・MAZDA3 レポート 燃費は? 長所は? 短所は? マツダ・MAZDA3 | これがオーナーの本音レビュー! 「燃費は? 長所は? 短所は? <モーターファン会員アンケート>

このエントリーをはてなブックマークに追加
MAZDA3 セダン

MAZDA3はアクセラの後継車として登場したマツダのCセグメント乗用車だ。マツダの次世代商品群の第1弾であり、研ぎ澄まされたデザインと惜しげもなく投入された数々の新技術が評価され、Motor-Fan TECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところをみてみよう。

初代 BP型 2019年~

 2019年に登場したMAZDA3はアクセラの後継車だが、じつはアクセラは海外ではすでにMAZDA3の名で販売されており、国内での呼称も海外に合わせて統合したというのが正直なところ。ゆえに国内では初代だが、海外では4代目にあたる(ややこしいが、要するに4代目アクセラが海外での呼び名に合わせて改名した)。セダンとファストバックの2種類のボディタイプが用意されている。
 2020年に『ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー』を受賞した、世界的に評価される研ぎ澄まされたデザインだけでなく、走行性能・乗り心地を向上させた新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」の全面採用や、1種類のディーゼルと2種のガソリンに加えて火花点火制御圧縮着火(SPCCI)を実用化したガソリンエンジンの「SKYACTIV-X 2.0(HF-VPH)」、「M Hybrid(エムハイブリッド)」と呼ぶマイルドハイブリッドもラインアップするなど、新技術の意欲的な投入も高く評価されている。それでいてアフォーダブルな価格設定から、世界中にファンは少なくない。

2020年 X PROACTIVE Touring Selection 「MTと電動パーキングの組み合わせが便利、とくに登坂時」

ニックネーム:ひさ 年式グレード:2020年 X PROACTIVE Touring Selection 性別:男性(30代) 居住地域:愛知県

排気量:2000cc
トランスミッション:MT
平均燃費:16.0km/ℓ(平日は渋滞含む通勤0.5時間、週末は空いてる市街地2.5時間)
長所:MTと電動パーキングの組み合わせが便利、とくに登坂時。実燃費がWLTCから想像するほど悪くない。バックドアの施錠ボタンでロックできるのが便利。
短所:A/Fリーン領域をディスプレイ表示でわかるようにして欲しい。アクセル踏み始めの応答に遅れを感じる。斜め後方視界が非常に悪く、常に緊張感がある。

評価
外観:★★★★☆ Cピラーが太すぎて斜め後方視界が悪いこと以外は満足
室内:★★★★★ シンプルで使いやすく、安っぽさを感じない
走行性能:★★★★☆ 発進時のアクセル踏み始めのトルク立ち上がりに遅れを感じる
燃費性能:★★★★☆ 動力性能の割には良い。あと20%よければ素晴らしい
装備:★★★☆☆ LKAがシビアすぎ。緊急回避時にも割り込んできて危険を感じることがあるのでOFFにしている
満足度:★★★★☆ 値段が50万円安ければ言うことなしです

このクルマの購入を検討している人にひと言
「当方は最先端エンジンが欲しく、高いと思いながらも買いました。基本ひとり乗りです。以下の点が気にならない方にはおすすめです。・燃費は、良いかも? 程度・斜め後方視界が非常に悪い・低回転高負荷時ノック音(カンカン音)が結構聞こえる・技術的アピールポイントであるはずのスーパーリーンバーン領域がわからない(SPCCI表示に埋もれている)」

X L Package 2WD 「クルマ全体としてのデキはかなりのレベルなので選んで損はないです」

ニックネーム:ひさしん3年式グレード:X L Package 2WD 性別:男性(50代) 居住地域:大阪府

排気量:2000cc
トランスミッション:AT
平均燃費:13.8km/ℓ(買い物等の日常使い8割。郊外へのドライブ2割程度)
長所:クラスを超えたインテリアの質感。いいクルマに乗っているという感覚を味わえて全体的に非常に満足度が高い。デザイン・車体・パワートレインが混然一体となった統一感のある走り味。座り心地の良いシート。ホールドがキツイわけではないが、体をしっかり支えてくれる。
短所:燃費はもうひと伸び欲しい。高速走行で伸びない燃費。直進安定性。ステアリングにビシっとした感覚が薄い。少々重量を感じさせるアクセルの味付け。

評価
外観:★★★★★ 艶感があり、クルマを降りても振り返ってみたくなるカッコいいデザイン
室内:★★★★★ デザイン・質感は、クラスレス。居心地が良い
走行性能:★★★★★ エンジン音は上手に封じ込められ・遮音性が高く静かです
燃費性能:★★★☆☆ 高速燃費が伸びない、ペースを上げると途端に悪化する。ファイナル設定の低さが影響していると思われます
装備:★★★★☆ 一通り装備されてはいるが、CTS については設定速度の制限含め制御の煮ツメ不足だと思います
満足度:★★★★★ 巷では価格面での悪評が多いですが、所有してみると非常に満足感があり価格に見合うとクルマだと思います

このクルマの購入を検討している人にひと言
「あまりあれこれ考えずに直観で選ぶクルマなのではないかと思います。色々と細部を見だすと競合車との比較で気になる点もでてくると思いますが、クルマ全体としてのデキはかなりのレベルにはありますので選んで損はないです」

2019年 XD Burgundy Selection 「デザイン性や車内の質感の高さはクラストップレベル。しかしファミリーには向かないかも」

ニックネーム:ゆうすけ 年式グレード:2019年 XD Burgundy Selection 性別:男性(30代) 居住地域:埼玉県

排気量:1800cc
トランスミッション:AT
平均燃費:17.0km/ℓ(通勤一般道片道18km)
長所:デザインや内外装の質感。燃費。
短所:走行中室内のビビリ音。動力性能の物足りなさ。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★☆ 後部座席がやや狭い
走行性能:★★★☆☆ 
燃費性能:★★★★☆ 一般道でもう少し伸びるとよかった
装備:★★★★☆ やや過敏な自動ブレーキ
満足度:★★★★☆ 

このクルマの購入を検討している人にひと言
「デザイン性や車内の質感の高さはクラストップレベル。しかしファミリーには向かないかも」

ファストバック・バーガンディセレクション 「DPF関連が気になる人はディーゼルエンジンを選ばない方が無難です」

ニックネーム:キソキソ 年式グレード:ファストバック・バーガンディセレクション 性別:男性(20代) 居住地域:愛知県

排気量:1800cc
トランスミッション:AT
平均燃費:16.1km/ℓ(片道8kmの通勤が月に22回、往復35kmのドライブが月に6〜11回(ワインディングを軽く流す程度、信号停車が非常に少ない。この使用環境でDPFの再生間隔は、およそ280km前後)。
長所:日本車離れしたスタイリング。クオリティの高い内装。素直な操縦特性故に、予期せぬ動きをしない。
短所:Cピラーが極太&リヤウインドウが小さいので、後方視界は劣悪。DPFの状態(煤の溜まり具合や、再生開始までの予想走行距離等)を確認出来ない。トルコンスリップが下手(?)。ロックアップ解除で車速に対し回転数が先行するようなシチュエーションにおいて、クルマから伝わってくるATのフィーリングが安っぽい。

評価
外観:★★★★★ 非常にかっこいい、駐車後にクルマを眺めてニヤニヤしてます
室内:★★★★☆ エアコンの横方向の風向きがパッと見でわかりにくい。レザーは夏暑い&熱い。価格に対して内装がオーバークオリティ。買いです
走行性能:★★★★☆ 加減速共に満足、とくにブレーキフィールは絶品。荒れた路面と綺麗な路面ではロードノイズの差が激しい。ドライバーの入力に対して素直に挙動が返ってくる。逆を言えばきちっと入力しないとダラっとしか動いてくれない。リヤの突き上げが強い。運転席と後部座席では乗り心地がかなり違うと思う。マツダ3は徹底したドライバーズカーだと思います

燃費性能:★★★★★ 軽油なので燃料代が安い
装備:★★★☆☆ レーンキープがしょぼい
満足度:★★★★★ 

このクルマの購入を検討している人にひと言
「DPF関連が気になる人はディーゼルエンジンを選ばない方が無難です」

2019年 Lパッケージ 「SPCCIは指名買いする人以外にはお勧めできません。割高感が強いです」

ニックネーム:鈴木孝昭 年式グレード:2019年 Lパッケージ 性別:男性(50代) 居住地域:愛知県

排気量:1800cc
トランスミッション:AT
平均燃費:21.0km/ℓ(片道15kmの通勤がメイン、自動車道が1/3)。
長所:やっぱりスタイリングの良さ。ソウルレッドの色合い。ディーゼルのトルク感の良さ。
短所:サンルーフがXグレードのみにしか選べなかった。後席用エアコン吹き出し口がない(輸出仕様にはある)。

評価
外観:★★★★★ これが気に入って買ったので
室内:★★★★★ 狭さは納得済み、質感の高さは同クラスでは断トツトップクラス
走行性能:★★★★★ ハンドリング、動力性能、乗り心地、静粛性どれも満足
燃費性能:★★★★★ さすがマツダディーゼル、期待は裏切られてない
装備:★★★★☆ サンルーフがない以外不満なし
満足度:★★★★☆ いいのだが、メーカーオプションの展開見直しを求めたい

このクルマの購入を検討している人にひと言
「街乗り中心の方は迷わずガソリンモデルを購入したほうがよい、SPCCIエンジン車も高速中心の方のほうが安定して走れると思います。でも高速中心の方は迷わずディーゼルをお勧めします。SPCCIは指名買いする人以外にはお勧め出来ません。割高感が強いです」

2019年 XD Lパッケージ 「Cクラスでもこの高い質感は得られない」

ニックネーム:冨田 年式グレード:2019年 XD Lパッケージ 性別:男性(50代) 居住地域:兵庫県

排気量:1800cc
トランスミッション:AT
平均燃費:18.0km/ℓ(市街地。高速では23km/ℓ程度)。
長所:素直な操作感とフィーリング。好燃費。デザイン。
短所:少し敏感すぎるADAS。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★★ 
走行性能:★★★★☆ 
燃費性能:★★★★★ 
装備:★★★★★ 
満足度:★★★★★ 

このクルマの購入を検討している人にひと言
「Cクラスでもこの高い質感は他では得られない」

2019年 20S ツーリングセレクション 「一目惚れした方は是非購入をオススメします。必ず満足します」

ニックネーム:zukatti 年式グレード:2019年 20S ツーリングセレクション 性別:男性(40代) 居住地域:千葉県

排気量:2000cc
トランスミッション:AT
平均燃費:10.2km/ℓ(往復約10kmの通勤が9割。その他1割)
長所:WCOTY2020のインテリア・エクステリアデザイン。乗り心地が良い。ブレーキのフィーリングが良い。
短所:低中速域でのアクセルレスポンスの制御が自分の感覚とズレている。些細なマイナートラブル(ドアガーニッシュの割れ、センサー異常等)。

評価
外観:★★★★★ 他の追随を許さない美しいデザイン
室内:★★★★★ (若干の実用性を犠牲にしても)貫いたデザインと質感の高いインテリア
走行性能:★★★★☆ 基本的には乗りやすいが、低速域でのアクセルレスポンスのみ不満
燃費性能:★★★☆☆ 可もなく不可もなく
装備:★★★★★ 現時点ではほぼフル装備だと思う
満足度:★★★★★ 「乗り込む際」と「走り始める際」いつも幸せな気持ちにさせてくれる!

このクルマの購入を検討している人にひと言
「「一目惚れ」した方は是非購入をオススメします。必ず満足します。クルマに「広さ」や「実用性」を求める方はオススメしません」

2019年 20S PROACTIVE 「程よいスペックだけれども、すべてが調律されていて走る曲がる止まるの人馬一体感が気持ち良い」

ニックネーム:ひろワン 年式グレード:2019年 20S PROACTIVE 性別:男性(40代) 居住地域:長野県

排気量:2000cc
トランスミッション:AT
平均燃費:13.2km/ℓ(郊外の通勤、子どもの送り迎えユース)。
長所:car as artを体現する美しいデザイン。趣味の洗車のたびに惚れ惚れしています。何の違和感もないのが取り柄。とにかくしっくりくるドライビングポジション。程よいスペックだけれども、すべてが調律されていて走る曲がる止まるの人馬一体感が気持ち良い。
短所:後方見切りの悪さ。とくに太いCピラーは各種センサーによる先進予防安全装備はありつつも、目視できない怖さがあります。6ATのギヤとエンジントルクピークの繋がりの悪さ。AT任せでは交差点右左折時の再加速でもたつくことが。7速もしくは8速程度でより低速寄りでクロスしたギア比になると改善されるのでは。

評価
外観:★★★★★ 塊感のあるデザイン。less is more 華美な加飾を排除し、余白に佇まいの美のあるデザイン
室内:★★★★★ シンプルすっきり運転に集中出来る。遮音性も高い。BOSEのメーカーオプションを選択したがノーマルでも充分高音質と感じた音響性能
走行性能:★★★★☆ 動力性能的には過剰でも不足でもなく平凡。脚周りはマルチリンク車から乗り換えたがトーションビームに対するネガティブさは慣らしが済んだ現在感じない
燃費性能:★★★☆☆ ダイナミックフォースエンジンよりは遅れを感じるがほぼ想定スペックどおり
装備:★★★★☆ ACCは制御が遅れ気味かつ唐突にであまり使う気に慣れない。ハンドルへの介入も善し悪しか。Apple CarPlayがあればナビsdカードは不要
満足度:★★★★★ 一見、モデルチェンジで高く感じるが、メーカーオプションを付けなくても他社に比べほぼフルオプション状態に近いので、装備を揃えればコストパフォーマンス的には高い

このクルマの購入を検討している人にひと言
「クロスオーバーのように高いアイポイントからの見晴らしやミニバンのように広い車内は望めませんが、美しいこのクルマの佇まいだけで所有欲を満たしてくれます。乗ってしっくり、走る曲がる止まるでまたしっくり。自分の手の内で操る人馬一体感覚はとても心地良いです」

2019年 Burgundy selection 「デザインに惹かれて購入するにはいい。ただ、クルマを道具と考えている人には、ほかにいいクルマは多数ありかと」

ニックネーム:もっつ 年式グレード:2019年 Burgundy selection 性別:男性(30代) 居住地域:埼玉県

排気量:2000cc
トランスミッション:AT
平均燃費:12km/ℓ
長所:デザイン国産No.1。コミコミ料金でのコスパ。
短所:燃費は普通。エンジン性能も普通。オートクルーズの制御が未熟。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★☆ ピアノブラック部分が傷つきやすい
走行性能:★★★☆☆ いたって普通
燃費性能:★★☆☆☆ 期待していなかったがそれより少し下
装備:★★★★☆ 最新装備を概ね備えている一方で、とりあえず付いて入るレベルで、そのひとつひとつは荒削りで改善必要
満足度:★★★★☆ デザイン重視で即決、それだけで乗るたび満足
このクルマの購入を検討している人にひと言
「マツダのデザインに惹かれて購入するにはいい。ただ、クルマを道具と考えている人には、他にいいクルマは多数ありかと」

2019年 20S PROACTIVE TOURING 「デザインで惹かれたら絶対に買いだと思います!」

ニックネーム:tak 年式グレード:2019年 20S PROACTIVE TOURING 性別:男性(30代) 居住地域:静岡県

排気量:2000cc
トランスミッション:AT
平均燃費:10.4km/ℓ(ほぼ街乗り)
長所:デザイン。もうすぐ購入後1年になるが、ふとカッコイイと感じる。なめらかで自然な運転フィール。ドアハンドル内側で開錠できる。
短所:購入時に1.5ℓモデルが出ていたら悩まず買っていた……。電動パーキングがエンジンオフで切れる。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★★ 
燃費性能:★★★☆☆ 
装備:★★★★☆ マツコネの音声操作が非力(認識できる文章のパターンが少ない)
満足度:★★★★☆

このクルマの購入を検討している人にひと言
「デザインで惹かれたら絶対に買いだと思います(自分もそうでした)! 安全装備系も充実しているし乗っていて大きな不満もなしです!」

15Sツーリング 「総合すると、240万円未満の価格はかなりお値打ちに感じます」

ニックネーム:きなこ 年式グレード:15Sツーリング 性別:男性(50代) 居住地域:岐阜県

排気量:1500cc
トランスミッション:MT
平均燃費:13.5km/ℓ(田舎町から田舎町への通勤8割、ドライブ2割。トルクが薄いので、4000rpm前後を常用)。
長所:ドライブの高揚感を高めてくれる硬質なエンジンフィールと精緻なシフトフィール。脚周りの固さを柔らげ、長距離走行でも疲れにくい骨盤保持シート。優れたボディ、シャシー、装備がこれだけ揃ってこの価格は安い。
短所:1.5ℓ車だけは車幅灯が豆電球で、しかも丸見えで安っぽい。最後に閉めた扉が後席の際、オートロックが働かない事が多い。前後のドアモールが徐々に変形、ほぼ隙間ゼロになってしまった。

評価
外観:★★★★☆ 数々の犠牲はあるものの、とにかく美しい。造り手の執念を感じる
室内:★★★★☆ とても240万円のクルマには見えない上質さ
走行性能:★★★★☆ 予想以上に良く走る。低速でも良く粘る。トルク値が小さいが、案外大丈夫
燃費性能:★★★☆☆ 大人しく走れば18 km/ℓ前後だが、大人しく走れない程楽しいクルマ
装備:★★★★☆ 上級グレードにしか備わらない装備の殆どに必要性を感じなかった。これで充分
満足度:★★★★☆ 初期モデルを購入して1年弱。まったく飽きがこない。すべてにおいて一定以上の満足が得られているからだと思う

このクルマの購入を検討している人にひと言
「3500rpm付近で音色が変わる、硬質なフィールのエンジンや、3〜4速間がかなりクロスしていて日常的に楽しく、操作フィールも良いトランスミッション、路面からの入力を(硬いと言えば硬いが、評論家が言う程ではない。是非お試しを)上質にいなす足捌き、それをサポートする堅いボディなど、カタログ数値には表れない良さが沢山あるクルマです。一般国道の制限速度内でも、毎日楽しく走れます。更に室内のデザインや素材の質感の高さ、先進安全装備の殆どを標準装備している事などを総合すると、240万円未満の価格はかなりお値打ちに感じます。ただし、カタログデータの通り出力値もトルク値も小さく、決して速いクルマではない為、ATでイージーに走りたい方や、常時フル乗車またはフル積載で使う方、スペースユーティリティを求める方、ライバルにラップタイムで勝ちたい方などにはお勧めできません」

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ