Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. CAR MONO図鑑

カーオーディオおすすめ15選|Bluetooth対応【2020年】

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽好きであれば、カーオーディオにもこだわりたいもの。そこでBluetoothなど、スマホとの連携機能が充実したカーオーディオのなかから、おすすめモデルを選んでみました。ドライブ中の気分を盛り上げるためにも、思う存分音楽を楽しめる環境を作っていきましょう。

※価格コム「カーオーディオ」人気売れ筋ランキングを参考

カーオーディオとは?

パイオニア カロッツェリア FH-8500DVS

カーオーディオとは、クルマに組み込むオーディオです。

ホームオーディオと同じようにカーオーディオもプレーヤー、アンプ、スピーカーに分類できます。ここでは前席コンソール部に装着するAVメインユニット・ヘッドユニットと呼ばれるプレーヤー&アンプ機能をもった製品を紹介します。

スピーカーは予めクルマに装着されたパーツを使うことになりますが、AVメインユニット・ヘッドユニットのみの交換はさほど多くの手間がかからないケースが多く、お手軽に愛車の音楽力を高めることができます。

CD、音楽ファイル、スマホの音楽ストリーミングサービスなど、さまざまな音源が鳴らせるようになるメリットがあります。

カーオーディオが人気の理由とメリット

ケンウッド カーオーディオ DDX5020S

カーオーディオが人気の理由・メリットとして、以下の4点が挙げられます。

  • カーナビと比べてリーズナブル
  • 音楽再生機能が充実
  • 音楽のクオリティが高い
  • スマホナビ画面を表示できるモデルも

スマホのカーナビアプリの機能が進化し続けている現在、組み込み式の高価なカーナビを買うのはもったいない。カーナビはスマホにまかせて、オーディオ機能をクルマのなかに持たせたいと思うドライバーがカーオーディオを選んでいるのです。

スマホのカーナビ画面を表示する機能を持った大型のAVメインユニットもあるので、クリップなどでスマホを固定したくない人でも安心です。

音楽の再生機能、再生クオリティはいずれも高く、クルマのなかが自分専用リスニングルーム・カラオケルームになる楽しさもあります。

カーオーディオの選び方【5つのチェック項目】

以下では、カーオーディオを選ぶ際の基準・ポイントについて紹介します。

  • スマホ音楽を手軽に楽しむならBluetoothが必須
  • MP3を聴きたいときはUSB・SDカードスロット重視
  • CD、DVDスロットがあれば懐かしのアルバムも聴き放題
  • 1DINか2DINか。車両に合わせてサイズを決定
  • 高音質重視で選びたい人が確認すべきポイント

スマホ音楽を手軽に楽しむならBluetoothが必須

以前までは、スマートフォンに保存した音楽をカーオーディオで聴くには、スマートフォンのイヤホン端子とカーオーディオのAUX IN端子をケーブルで接続する必要がありました。

しかし、スマートフォンからイヤホン端子がなくなりつつある現在。

スマートフォンの音楽をカーオーディオで聞きたいのであれば、Bluetooth機能が欠かせません。

ワイヤレスでカンタンに接続できるというメリットは極めて大きいもの。一度接続すれば、スマートフォンはバッグやドアポケットのなかに入れておいても問題ありません。

SpotifyやApple Music、Amazon Musicなども聴き放題ですよ。

MP3を聴きたいときはUSB・SDカードスロット重視

現在のカーオーディオは、MP3ファイル、WMAファイル、AACファイルなどの音楽ファイルを直接再生する機能をもったものが多くなりました。なかにはFLACなどのハイレゾ音楽ファイルにも対応しており、MP3ファイルなどよりもきめ細かで、響きがよく、サウンドステージも広い音楽を手軽に楽しめます。

これらの音楽ファイルをカーオーディオで聴きたいと考えるなら、USBポートやSDカードスロットをもったモデルを選びましょう。

前者はUSBメモリや、ポータブルオーディオプレーヤーと接続するためのインターフェースです。後者はデジカメなどで使うSDカードを差すところです。

好きな音楽ファイルをUSBメモリやSDカードに保存して、楽しみましょう。

CD、DVDスロットがあれば懐かしのアルバムも聴き放題

いままでコレクションしてきたCDの数々。またサービスエリアなどで売っているコンピレーションCD。音楽ソフトの市場はCDから音楽ファイル、そしてストリーミングへと主軸を移してきましたが、CDの魅力が失われたわけではありません。

もしもCDをクルマで聴きたいと願うなら、カーオーディオのCD/DVDプレーヤ機能が必要になります。近年はCD/DVDプレーヤー機能を省いたカーオーディオも出てきているので、選ぶときにはご注意を。

なお、昔のような複数枚のCDを入れて、切り替えながら再生するCDチェンジャー機能を持つカーオーディオは廃れました。長時間音楽を聞き続けられる環境を作りたいなら、音楽ファイル再生を視野にいれましょう。

1DINか2DINか。車両に合わせてサイズを決定

カーオーディオの母体となるAVメインユニット・ヘッドユニットにはサイズがあります。横幅は同じですが、奥行きはまちまちで高さは2段階。この高さの違いはDINというドイツ工業規格で表します。カーオーディオの分野において、世界的に統一された規格でもあります。

具体的に背が低い・薄いものは1DIN背が高い・厚みがあるものは2DINとなります。

ファミリーカーやミニバン、SUVなどは、2DINのAVメインユニット・ヘッドユニットが装着できる車両がほとんど。しかし、軽自動車やコンパクトなスポーツカー、トラックなどの働く自動車は、1DINまでのAVメインユニット・ヘッドユニットしか装着できない車両があります。

高音質重視で選びたい人が確認すべきポイント

走行中は風切り音や、ロードノイズが聴こえてくるクルマの車内ですが、近年はエンジンや排気音の騒音が少ないハイブリッド車やEVカーが増えてきたことで、よりよい音楽鑑賞空間が作りやすくなってきました。

もし愛車の車内を、高音質なリスニングルームとしたいのであれば、ハイレゾ音源の再生機能をもつカーオーディオを選びましょう。

ハイレゾ音源の音楽ファイルとして普及しているFLACファイルと、一般的な音楽ファイルであるMP3ファイルを比較すると、ファイルサイズは2倍以上となります。それだけFLACファイルには細かな音まで含まれているんですね。

カーオーディオ(Bluetooth対応)おすすめ人気ランキング

ドライバーから人気のBluetooth対応カーオーディオおすすめ製品をランキング形式で紹介します。

カーオーディオおすすめ1位:パイオニア カロッツェリア FH-8500DVS

パイオニア カロッツェリア FH-8500DVS
iPhone、Androidの両方のスマートフォンと連携する、最新世代のモニターつきカーオーディオです。

ハイエンドカーオーディオの分野でも活躍していたメーカーだけあって、音質へのこだわりもトップクラス。使用するパーツを厳選し、ノイズの発生を抑制。スピーカーのタイムアライメント調整も可能なため、低域から高域まで一体感のあるサウンドステージを作れます。

圧縮音源をCDクオリティにするアドバンスド・サウンドレトリバーも頼もしい存在です。

メーカーパイオニア(Pioneer)
製品名FH-8500DVS
Bluetooth バージョンBluetooth 4.1
サイズ(DIN)2DIN
アンプ出力50Wx4
CD/DVDスロット
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ6.78型ワイドモニター
スマホ連携iPhone/Android
音声操作×
価格オープン価格
公式サイトパイオニア(Pioneer)公式サイト

カーオーディオおすすめ2位:ケンウッド カーオーディオ DDX5020S

ケンウッド カーオーディオ DDX5020S
こちらもApple CarPlay、Android Autoに対応した2DINサイズのカーオーディオ。ディスプレイサイズが大きく、再生中の音楽情報が見やすいといったメリットを持ちます。またAndroidのみですが、NetFlixやYouTubeの動画をディスプレイに表示することも可能です。

24bit DACを用いており、音質もハイクオリティ。13バンドイコライザーで、好みのサウンドへの調整もしやすいモデルです。

メーカーケンウッド(KENWOOD)
製品名DDX5020S
Bluetooth バージョンBluetooth 4.1
サイズ(DIN)2DIN
アンプ出力45Wx4
CD/DVDスロット
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ6.8V型ワイドモニター
スマホ連携iPhone/Android
音声操作×
価格オープン価格
公式サイトケンウッド(KENWOOD)公式サイト

カーオーディオおすすめ3位:パイオニア カロッツェリア DMH-SZ700

パイオニア カロッツェリア DMH-SZ700
CD再生は必要ないと考える方におすすめのモデルがこちら。Bluetoothでも有線接続でも、スマホに保存した音楽や、スマホアプリの音楽を思う存分楽しめます。

AmazonのAIアシスタント、アレクサも搭載。「アレクサ、FMラジオが聞きたい」といったように、音声によるコントロールも行えます。また専用アプリでブックマークしたサイトの表示にも対応。YouTubeなどにもDMH-SZ700側からアクセスできます。

メーカーパイオニア(Pioneer)
製品名DMH-SZ700
Bluetooth バージョンBluetooth 4.2 認証済み
サイズ(DIN)1DIN
アンプ出力50Wx4
CD/DVDスロット×
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ6.8V型ワイドモニター
スマホ連携iPhone/Android
音声操作
価格オープン価格
公式サイトパイオニア(Pioneer)公式サイト

カーオーディオおすすめ4位:パイオニア カロッツェリア FH-6500DVD

パイオニア カロッツェリア FH-6500DVD
上位モデルと比較すると、スマホ連携機能はオミットされているものの、音楽再生機能・クオリティはトップクラス。純粋なカーオーディオとしてのコスパに優れる1台です。

タイムアライメント、ネットワークモード、13バンドグラフィックイコライザーなどの機能により、車内に自分専用のリスニングルームを作り出すことが可能。多スピーカーシステム搭載車両でも、その実力を引き出せます。

メーカーパイオニア(Pioneer)
製品名FH-6500DVD
Bluetooth バージョンBluetooth 4.2 認証済み
サイズ(DIN)2DIN
アンプ出力50Wx4
CD/DVDスロット
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子×
画面サイズ6.8V型
スマホ連携iPhone/Android
音声操作×
価格オープン価格
公式サイトパイオニア(Pioneer)公式サイト

カーオーディオおすすめ5位:パイオニア カロッツェリア DMH-SF700

パイオニア カロッツェリア DMH-SF700
1DINサイズなのに、2DINサイズ製品より巨大な9インチモニターがついている、エンターテインメントをトータルで楽しめるプレミアムコンパクトな存在です。オーディオの性能も重視しながら、スマホアプリによるカーナビ機能やネット動画をダイナミックに楽しみたいという方にこそ使って欲しいカーオーディオ です。

高音質機でハイレゾ再生も得意。内部回路にも、選び抜かれたパーツがいくつも使われています。

メーカーパイオニア(Pioneer)
製品名DMH-SF700
Bluetooth バージョンBluetooth 4.2 認証済み
サイズ(DIN)1DIN
アンプ出力50Wx4
CD/DVDスロット×
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ9型ワイドモニター
スマホ連携iPhone/Android
音声操作
価格オープン価格
公式サイトパイオニア(Pioneer)公式サイト

カーオーディオおすすめ6位:パイオニア カロッツェリア DEH-5600

パイオニア カロッツェリア DEH-5600
専用システムのPioneer SmartSyncを用いることでiPhone、Androidとの連携を実現した1DINタイプ。映像を表示するディスプレイは持たず、電光表示部のみを備えたトラディショナルなスタイルのヘッドユニットです。

ハンズフリー通話用マイクが付属しており、ドライブ中のでも通話が多い人でも安心。DSPのグレードも高いものを使っており、音質も満足できるものです。

メーカーパイオニア(Pioneer)
製品名DEH-5600
Bluetooth バージョンBluetooth 4.0 認証済み
サイズ(DIN)1DIN
アンプ出力50Wx4
CD/DVDスロットCDのみ
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ
スマホ連携iPhone/Android
音声操作
価格オープン価格
公式サイトパイオニア(Pioneer)公式サイト

カーオーディオおすすめ7位:パイオニア カロッツェリア MVH-7500SC

パイオニア カロッツェリア MVH-7500SC
一見するとカセットテープスロット。しかしその部分はスマホホルダーとなっており、BluetoothもしくはUSBで接続したiPhone、Androidを掴んで固定し、連携します。新機軸のカーオーディオです。

スマホ側のディスプレイをフル活用するため、MVH-7500SC本体側の電光表示部やコントローラはシンプルなものですが、それがいい。音声コントロールにも対応しており、操作に迷うことがありません。

メーカーパイオニア(Pioneer)
製品名MVH-7500SC
Bluetooth バージョンBluetooth 4.0 認証済み
サイズ(DIN)1DIN
アンプ出力50Wx4
CD/DVDスロット×
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ
スマホ連携iPhone/Android
音声操作
価格オープン価格
公式サイトパイオニア(Pioneer)公式サイト

カーオーディオおすすめ8位:ケンウッド カーオーディオ DDX6190BT

ケンウッド カーオーディオ DDX6190BT
音質重視の方は注目の1台。ソリッドなデザインの2DINタイプで、対応音源が多いのが特徴です。Bluetooth、USB、スマートフォンのほか、CDや、DVD-Rに記録した音楽ファイルも再生できます。ハイレゾ音源にも対応しています。

興味深いのがサウンドエフェクト機能です。ロードノイズを低減してクリアな車内空間とする設定が可能で、走行中でも重低音を効かせたビートを奏でられます。

メーカーケンウッド(KENWOOD)
製品名DDX6190BT
Bluetooth バージョンBluetooth 3.0 準拠
サイズ(DIN)2DIN
アンプ出力50W×4
CD/DVDスロット
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ7V型ワイド
スマホ連携iPhone/Android
音声操作×
価格オープン価格
公式サイトケンウッド(KENWOOD)公式サイト

カーオーディオおすすめ9位:ケンウッド カーオーディオ U381BT

ケンウッド カーオーディオ U381BT
1DINタイプで各種スマートフォンとの連携機能を備えています。Amazonアレクサ機能も搭載。専用ボタンを押してからアレクサを呼び出し、音声操作で音楽ストリーミングサービスのプレイリストを呼び出したり、天気予報を聞くことも可能です。

Bluetoothは高音質コーデックのAACに対応。Androidスマートフォンであれば、ワイヤレス接続でもハイクオリティな音楽が楽しめます。

メーカーケンウッド(KENWOOD)
製品名U381BT
Bluetooth バージョンBluetooth 4.2 準拠
サイズ(DIN)1DIN
アンプ出力50W×4
CD/DVDスロット×
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子×
画面サイズ
スマホ連携iPhone/Android
音声操作
価格オープン価格
公式サイトケンウッド(KENWOOD)公式サイト

カーオーディオおすすめ10位:ケンウッド カーオーディオ DDX4190BT

ケンウッド カーオーディオ DDX4190BT
メニューボタンやボリュームボタンのサイズが大きく、操作しやすいUIとなっているケンウッドのカーオーディオ 「DDX4190BT」。スマホとBluetooth接続することで、収録した曲を手軽に、高音質で楽しめるカーオーディオです。ハイレゾ音源にも対応しています。

USBポートが1.5A出力に対応しており、有線接続したiPhone、Androidも、ACアダプタに近いスピードで充電できる頼もしさもありますね。

メーカーケンウッド(KENWOOD)
製品名DDX4190BT
Bluetooth バージョンBluetooth 3.0 準拠
サイズ(DIN)2DIN
アンプ出力50W×4
CD/DVDスロット
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ6.2V型ワイド
スマホ連携iPhone/Android
音声操作×
価格オープン価格
公式サイトケンウッド(KENWOOD)公式サイト

カーオーディオおすすめ11位:パイオニア カロッツェリア MVH-5600

パイオニア カロッツェリア MVH-5600
CDドライブレスで、音源をスマートフォン・音楽ファイル・ラジオに絞ったパイオニア カロッツェリア MVH-5600。高性能DSPを駆使した、タイムアライメント・13バンドグラフィックイコライザー機能を搭載しています。

スマートフォンとの連携機能は、パイオニア独自のPioneer Smart Syncで実現。Googleマップや、Yahoo!カーナビ、Spotifyにradiko.jpなどのアプリの音声をカーオーディオ側で受け持ちます。

メーカーパイオニア(Pioneer)
製品名MVH-5600
Bluetooth バージョンBluetooth 4.0 認証済み
サイズ(DIN)1DIN
アンプ出力50W×4
CD/DVDスロット×
USBコネクタ×
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ
スマホ連携iPhone/Android
音声操作×
価格オープン価格
公式サイトパイオニア(Pioneer)公式サイト

カーオーディオおすすめ12位:パイオニア カロッツェリア FH-4600

パイオニア カロッツェリア FH-4600
2DINサイズでモニターレス。しかし、このタイプにも大きなメリットがあります。本体側のコントローラのサイズが大きく、運転中でも操作しやすいのです。

中央のロータリーキーはボリュームコントロールだけではなく、長押しすることでスマホと接続し、着信メッセージの読み上げを行うなど機能も豊富。スマホのカーナビアプリを呼び出す大型のボタンも備えています。

有料オプションですが、スマホのカメラで前方車両の接近などの危険を検知して知らせてくれる機能も装備しています。

メーカーパイオニア(Pioneer)
製品名FH-4600
Bluetooth バージョンBluetooth 4.0 認証済み
サイズ(DIN)2DIN
アンプ出力50W×4
CD/DVDスロットCDのみ
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ
スマホ連携iPhone/Android
音声操作×
価格オープン価格
公式サイトパイオニア(Pioneer)公式サイト

カーオーディオおすすめ13位:パイオニア カロッツェリア FH-9400DVS

パイオニア カロッツェリア FH-9400DVS
音質チューニング機能に長けた2DINサイズのディスプレイ付きカーオーディオです。フルカスタム高性能48bitデュアルコアDSPを搭載し、スピーカーユニットごとの駆動タイミングをコントロールするタイムアライメント、マルチウェイのスピーカーの担当音域を調整するネットワークモード、13バンドグラフィックイコライザーが使えます。

Apple CarPlayとAndroid Autoにも対応。スマートフォンとのネイティブな連携で、カーナビがわりとしても使えます。

メーカーパイオニア(Pioneer)
製品名FH-9400DVS
Bluetooth バージョンBluetooth 4.1 認証済み
サイズ(DIN)2DIN
アンプ出力50W×4
CD/DVDスロット
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ6.94型ワイドモニター
スマホ連携iPhone/Android
音声操作×
価格オープン価格
公式サイトパイオニア(Pioneer)公式サイト

カーオーディオおすすめ14位:パイオニア カロッツェリア DEH-970

パイオニア カロッツェリア DEH-970
2012年発売の古いモデルですが、黒ボディに白文字表示というモダンなデザインは、いい意味で自己主張することなく、車内インテリアにしっくりと馴染みます。そのルックスが今でも評価されている1台です。

今となっては珍しい、SDカードスロットをもつカーオーディオでもあります。USBポートも2つ備えています。

音質へのこだわりもハイレベル。オートタイムアライメントで、スピーカーユニット交換時も自動で設定してくれます。

メーカーパイオニア(Pioneer)
製品名DEH-970
Bluetooth バージョンBluetooth 3.0 認証済み
サイズ(DIN)1DIN
アンプ出力50W×4
CD/DVDスロット
USBコネクタ
SDカードスロット
プリアウト端子
画面サイズ
スマホ連携iPhone
音声操作×
価格35,000円+税
公式サイトパイオニア(Pioneer)公式サイト

カーオーディオおすすめ15位:パイオニア カロッツェリア DEH-6600

パイオニア カロッツェリア DEH-6600
1DINタイプのシンプルなカーオーディオに見えますが、プリアウト端子が充実しており、外部アンプを組み合わせて、多くのスピーカーユニットを駆動させる、本気仕様のカーオーディオを追求できるヘッドユニットです。

スマートフォンとの連携はPioneer Smart Sync。ペアリング後は、本体のボタンを押すことでカーナビアプリを起動するなど、車内で使いやすいように設計されています。

メーカーパイオニア(Pioneer)
製品名DEH-6600
Bluetooth バージョンBluetooth 4.0 認証済み
サイズ(DIN)1DIN
アンプ出力50W×4
CD/DVDスロットCDのみ
USBコネクタ
SDカードスロット×
プリアウト端子
画面サイズ
スマホ連携iPhone/Android
音声操作×
価格オープン価格
公式サイトパイオニア(Pioneer)公式サイト

カーオーディオおすすめ製品の価格比較表

カーオーディオ
価格
パイオニア カロッツェリア FH-8500DVSオープン価格
ケンウッド カーオーディオ DDX5020Sオープン価格
パイオニア カロッツェリア DMH-SZ700オープン価格
パイオニア カロッツェリア FH-6500DVDオープン価格
パイオニア カロッツェリア DMH-SF700オープン価格
パイオニア カロッツェリア DEH-5600オープン価格
パイオニア カロッツェリア MVH-7500SCオープン価格
ケンウッド カーオーディオ DDX6190BTオープン価格
ケンウッド カーオーディオ U381BTオープン価格
ケンウッド カーオーディオ DDX4190BTオープン価格
パイオニア カロッツェリア MVH-5600オープン価格
パイオニア カロッツェリア FH-4600オープン価格
パイオニア カロッツェリア FH-9400DVSオープン価格
パイオニア カロッツェリア DEH-97035,000円+税
パイオニア カロッツェリア DEH-6600オープン価格

カーオーディオの交換・取り付け方法

古いカーオーディオがついた中古車を購入した時は、カーオーディオ交換のチャンスです。

Bluetooth接続機能や、スマホ連携機能があれば、スマホの音楽がクルマで聞きやすくなるうえ、スマホのアプリの機能をクルマで使うことができるため、新車でなくても最新のテクノロジーの恩恵を受けることができるようになります。

実際のカーオーディオの交換方法は以下となります。

  • カーオーディオを取り付ける部分のコンソールパネルを外す
  • 現在装着しているカーオーディオを固定しているネジを外す
  • 現在装着しているカーオーディオ背面のハーネス(ケーブルの束)を外す
  • 新たに装着するカーオーディオにハーネスを装着する
  • 新たに装着するカーオーディオをネジで固定する
  • カーオーディオを取り付ける部分のコンソールパネルをつける

コンソールパネルを無理やり引っ張って外そうとすると、パネルが割れてしまうことがあります。またカーオーディオを外す時も無理やり引っ張ると、ハーネスのケーブルが切れることがあります。

正しい手順で作業をすれば問題なく交換できるのですが、傷をつけてしまうかもといった不安がある方は、カーオーディオを販売しているカー用品店もしくは、カーオーディオ専門店に相談しましょう。

【Q&A】カーオーディオについて多い質問

以下では、ドライバーから多いカーオーディオに関する質問内容に回答します。

Q. カーオーディオが交換できない車はどうしたらいいの?

メーカー純正のナビ・オーディオユニットしか使えない新車が増えてきました。しかしトヨタ・プリウスのような人気車種ならば、カーオーディオが取り付けできるキットが販売されています。

このキットを使えば、好きなカーオーディオを組み込むことが可能になります。取り付け作業は難しくなり、手間も多くなるので、まずはカー用品店でカーオーディオ取り付けキットがあるかどうかも含め、相談してみるといいでしょう。

Q. ゴリゴリの重低音を鳴らすことは可能なのだろうか?

ズゥン、と沈み込むような重低音を鳴らすには、サブウーファーと呼ばれるスピーカーが必要になります。様々なサイズがあり、コンパクトなものはシートレールの隙間に設置できます。

AVメインユニット・ヘッドユニット側にAUX OUT、LINE OUTという端子があれば大丈夫。サブウーファーと接続することができます。

なおサブウーファーに電源を供給する必要があるため、取り付けはカー用品店やカーオーディオ専門店にお願いするといいでしょう。

Q. 画面が大きなカーオーディオにカーナビ機能はあるの?

2DINタイプのAVメインユニット・ヘッドユニットには、6~8インチほどのディスプレイがついている製品があります。一見するとカーナビの画面のようですが、オーディオ機能を重視した製品ゆえ、単体でカーナビ画面を表示することはできません

しかしApple CarPlayやAndroid Autoなど、有線接続時のスマホ連携機能を持っている製品は別です。スマホの地図アプリ・カーナビアプリの画面を表示することが可能です。

カーオーディオは口コミ・評判も参考に購入しよう

古い時代のカーオーディオのヘッドユニットは、音楽再生&ラジオ受信機能しかもたないものばかりでした。そこからDVDの再生機能などがついたAVメインユニットが登場し、いまやスマートフォンとの連携機能も搭載したモデルが登場しています。

機能が多いと便利ですが、そのぶん操作が煩雑になるという諸刃の剣なところもあります。そのため、実際に購入する際は、すでに使っているドライバー・ユーザーの口コミや評判をよく読み込んで参考にしながら、自分の使い方に合ったカーオーディオを選びましょう。

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ