Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. トゥインゴ

ルノー車にいつも載ってる、あの小さなバッグにはなにが入っているのだろう? <ルノー・トゥインゴ長期レポートVol.14>

このエントリーをはてなブックマークに追加
MF編集部のルノー・トゥインゴ号。助手席側のドアポケットにある、これはなんだろう?

MF編集部のルノー・トゥインゴ号に1カ月ぶりに乗った。1カ月乗らないうちにマイレージは快調に増えていて、まもなく5000kmになりそう。今日は、いつも目に入る、あれについて、です。

レポート日:2020年12月13日
オドメーター:4945km
TEXT&PHOTO◎鈴木慎一(SUZUKI Shin-ichi)

東京もすっかり冬です。

編集部のMFトゥインゴ号のオドメーターは間もなく5000kmになろうとしている。久しぶりに乗ってみたのだが、燃費計は14.2km/ℓを示している。いつ燃費計をリセットしたのか不明だからなんの参考にもならないが、なんとなく実感とは合っている。

いつものように街の遊撃手よろしく(あ、違うクルマですね)、街中をトゥインゴ号でクルクルと走るのはとても楽しい。問題は、信号で止まったときだ。トゥインゴ号は、デフォルトでアイドルストップが効く。そこからの再始動がどうにもかったるいのだ。

トゥインゴ号のトランスミッションはDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)だ。信号待ちで停まると、アイドルストップするわけだが、青信号になってブレーキペダルからアクセルペダルに足を載せ替えると、
・エンジンが始動、ブルンッ
・ギヤが1速にエンゲージされる
・奇数段のクラッチが繋がる
で前進できるわけだ。が、これが思っているタイミングより2テンポ遅いのだ。上り坂の信号待ち、あるいは右折待ちともなると、この2テンポがどうにもならない。

アイドルストップのOFFスイッチはここにある。
エンジンを切るたびにOFFスイッチを押さなければいけないのがちょっと面倒だ。

ということで、アイドルストップを切ってしまった。問題は、エンジンを切って、次に出かけるときには、またアイドルストップがONになっていること。毎回、スイッチを押してOFFにするのはちょっと面倒だ。

という話は、このあたりにして、今日のテーマは、これです。

助手席のドアポケットに入っているものです。

トゥインゴ号の助手席側のドアポケットには、なにやらかわいらしい小さなバッグが収められている。運転席からもよく見える。
そういえば、MFカジャーにも、MFメガーヌ号にもあったなぁ。
そういえば、この前試乗したルーテシアにもあった。

これは新型ルーテシア。やっぱり入っている。
これです。
これこれ。

気になったので、編集部まで持って行って中身を見てみた。

これがその小さなバッグ。
中身はこれ。つまりエマージェンシーキットですね。
これがベルトカッター付きライフハンマー

入っていたのは、
レインコート
蛍光安全ベスト
ベルトカッター付ガラスハンマー
そして、六角レンチでした。
六角は何に使うのだろう?

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ