Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事

ヒュンダイ・ヴェロスター | ニュルブルクリンクの頭文字を冠した高性能モデル「N」はVWゴルフGTI、ルノー・メガーヌR.S.、ホンダ・シビック・タイプRが直接のライバル ヒュンダイ・ヴェロスター…運転席側が1枚、助手席側が2枚! 左右非対称ボディのクーペライクなCセグメントハッチバック【これは欲しい! 日本で正規販売されていないクルマ】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒュンダイ・ヴェロスター

「なんでこんないいクルマが日本で普通に買えないんだ!?」

そのブランドのファンや関係者ならずとも、そう憤慨したくなるような日本未導入モデルは、グローバル化がこれだけ進んだ今なお、数え切れないほど存在する。

そんな、日本市場でも売れるorクルマ好きに喜ばれそうなのになぜか日本では正規販売されていないクルマの魅力を紹介し、メーカーに日本導入のラブコールを送る当企画。今回は、韓国ヒュンダイのCセグメントハッチバック「ヴェロスター」を紹介したい。

TEXT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu) PHOTO●HYUNDAI

初代ヒュンダイ・ヴェロスター
初代ヴェロスターの市販モデルが世界初公開されたのは2011年1月のデトロイトモーターショー。エンジンは1.6L直4のNAからスタートして、翌2012年にターボを追加。トランスミッションは全車に6速MTを設定するほか、NAには6速DCT、ターボの標準モデルには当初6速AT、のちに7速DCTを用意するなど、操る喜びを重視したスポーティな性格が与えられていた。

ヴェロスターNの2.0L直4直噴ターボエンジン
2020年モデルより追加された8速DCT

現行モデルの二代目が世界初公開されたのは2018年1月のデトロイトモーターショー。現在の北米仕様は、147ps/6200rpm&179Nm/4500rpmの2.0L直4アトキンソンサイクルNA+6速MTor6速ATを搭載する「2.0」「2.0プレミアム」、201ps/6000rpm&264Nm/1500-4500rpmの1.6L直4直噴ターボ+6速MTor7速DCTを搭載する「ターボRスペック」「ターボ」「ターボアルティメット」、そして275ps/6000rpmと353Nm/1450-4700rpmを叩き出す2.0L直4直噴ターボに6速MTor8速DCTを組み合わせた高性能モデル「N」をラインアップする。

ヴェロスターNの235/35R19タイヤ
なお、本国の韓国では「N」のみとなるが、デビュー直後は北米仕様にも用意されていた250psエンジン&225/40R18タイヤ仕様がスタンダードで、275psエンジン&235/35R19タイヤ仕様は「パフォーマンスパッケージ」としてオプション設定されている。

ヴェロスターの左右非対称ドア
ルーフラインが大きく傾斜した助手席側のリヤまわり

そんなヴェロスターが初代より最大の特徴としているのは、運転席側が大きなフロントドアのみ、助手席側が前後席それぞれにドアを用意する、左右非対称のクーペライクなエクステリアだろう。これが、今や5ドアのみとなってしまったフォルクスワーゲン・ゴルフGTIやルノー・メガーヌR.S.、ホンダ・シビック・タイプRなどのライバルに対し、遥かにスポーティなデザインを得る要因となっているのは間違いない。

スパルタンに仕立てられたヴェロスターNの運転席まわり
ヴェロスターNのフロントセミバケットシート
2人がけの後席は頭上周辺の閉塞感が強め

後席を倒した状態の荷室容量は1260L
なお、後席のヘッドルームは91cm、レッグルームは87cm、ショルダールームは138cm、荷室容量は564~1260Lと決して広くはないが、大人4人が乗る分には不足ないスペースを確保している。

そして、スポーティなのはパワートレーンやデザインだけではない。特に「ニュルブルクリンク」の頭文字を冠した「N」は、電子制御式のダンパーおよびLSD、大径ブレーキローターを装着し、街乗りからサーキット走行まで様々な走行ステージで速く快適に走れる懐の広さを兼ね備えている。

さらに特筆すべきは、価格の安さだろう。北米では、最も安価な「2.0」6速MT車で1万8900ドル(約200万円)、最も高価な「N」の8速DCT車でも3万3750ドル(約350万円)と、シビックRの3万7895ドル(約390万円)と比較してもお手頃だ。

Cセグメントハッチバックの中でもとりわけ強烈な個性を持つこのヴェロスター、特に「N」は、ヒュンダイ(改めヒョンデ?)が日本へ再上陸する際にぜひ設定してほしいモデルの最右翼と言える。「日本車よりも安価だか無個性」という、多くの日本人が抱く韓国車へのイメージを根底から覆すには、これくらいのインパクトがあっても決して過剰ということはないはずだ。

■ヒュンダイ・ヴェロスターN *北米仕様
全長×全幅×全高:4265×1811×1394mm
ホイールベース:2649mm
車両重量:1473kg
エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ
総排気量:1998cc
最高出力:275kW(204ps)/6000rpm
最大トルク:353Nm/1450-4700rpm
トランスミッション:8速DCT
サスペンション形式 前/後:ストラット/マルチリンク
ブレーキ 前後:ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ 前後:235/35R19
乗車定員:4名
車両価格:3万3750ドル(約350万円)

ヒュンダイ・ヴェロスター

「世界の自動車オールアルバム 2020年」好評発売中!

世界の自動車がすべてわかる! 創刊11年目を迎え、ますます内容を充実させました。 日本で売っていないモデルやブランドも完全網羅!

コロナ禍により例年よりも発売が遅れてご心配をおかけいたしましたが、6月25日(木)に発売されました。全国の書店、Amazon、三栄販売サイトなどでお買い求めください。

発売日:6月25日(木)
価格:1864円+税

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ